企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15102件   回答数32484

土曜に行う継続研修について

いつも参考にさせて頂いております。

内容は、社内講習を休日(土曜日)に実施した場合の取り扱いとその方法についてです。

【前提条件】
 ① 役職関係なく(一般社員含む)自由参加
 ② 継続研修につき、参加を決めたらずっと出ていただく
  (例えば、月1回土曜開催を3か月間)

告知の際、給与・日当・交通費を支給しない旨をあらかじめうたう予定です。(自主参加のため)
研修内容は、コミュニケーション系であり、知らないと業務に支障がでるようなものではありません。

上記の場合、法に触れる部分があるでしょうか?
また、土曜実施・支払なしを満たす方法がありましたら、ご教授頂けないでしょうか?

何卒よろしくお願い致します。

  • nyakoさん
  • 東京都
  • 鉄鋼・金属製品・非鉄金属
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2012/04/27 16:09
  • ID:QA-0049313

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/04/27 17:25
  • ID:QA-0049315

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、文面内容を拝見する限り御社の継続研修につきましては労働時間に該当しませんので、賃金を支払う義務も無いですし、法令上こうした取り扱いに問題はないものといえるでしょう。

但し、参加を上司等が強く求めたり、或いは参加しないことにより人事評価でマイナスとする等何らかのペナルティを科したりものであれば事実上の強制参加といえますので、形式のみならず運用上も自由参加を徹底させることが重要です。  

  • 投稿日:2012/05/01 08:14
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます
参考にさせて頂きます

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/04/27 22:05
  • ID:QA-0049317

代表者

害多く、リスクなし??

文言としての法文に直接抵触することではありませんが、法の精神の観点からは、好ましくない催事だと思います。 自主参加、手弁当、一旦出れば継続出席を義務化、漠としたテーマ、不参加者に対する舞台裏での評価疑念、等々、私見としては、( 失礼な表現と思いますが ) 百害あって一利なしと言った印象を持ちました。 ご再考をお勧めしたいとところです。

  • 投稿日:2012/05/01 08:14
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます
参考にさせて頂きます

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/04/27 22:34
  • ID:QA-0049318

人事・経営コンサルタント

一切の圧力排除

建前ではなく、現実として一切の参加強制が無い環境作りがもっとも大切だと思います。「一度出たら二度と休めない」理由が理解しにくく、危険な可能性があります。「自分が申し出たからどんな義務も負う」というのは通りませんので、誰もが納得できる理由を明示し、またそうした参加圧力を確実に排除することが重要と思います。

  • 投稿日:2012/05/01 08:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます
参考にさせて頂きます

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/04/28 12:00
  • ID:QA-0049323

この回答者の情報は非公開になりました

自主的な参加意欲を高めるための工夫を。

学習風土の醸成という観点から、あるいは、従来型の福利厚生とは違う、新たなフリンジベネフィットの提供という観点から、非常によい試みであると思います。
「法的にどうか」「リスクはないか」という観点でしかモノを考えられなくなっている 人事マンが増えている中、経営的視点から 中期的な目的をもって、このような前向きな企画を進めていただきたいと思います。

その上で、②の「継続的に出ることを義務付ける」というのは、やや首をかしげてしまうところもあります。企画側として、だんだん受講者が減ってくるような先細りを避けたい、研修効果をより高めるために単発で終わらないようにしたい、とお考えであるのは理解できますが、私は、「参加自由(途中でやめるのも、途中参加もOK)」を徹底した上で、継続して受けたくなる、だんだん受講者が増えてくるような工夫をされてはどうかと、思います。

・活発な研修の様子の写真や、受講者の感想を、社内報やイントラネットで告知する。
・受講カードや修了証を作成する。
・終了後、簡単な懇親会をやる。
・参加したくなるような、楽しく興味深い 告知内容、告知方法にする。
・社員の同居家族も受講できるようにする。
・「本日のMVP」「頑張った賞」を選ぶなど、ゲーム性を持たせる。
などです。

自主的に学ぶ仕組みが定着すれば、素晴らしいことだと思います。
リスク面よりも、ここは人事部の企画力や発信力が問われるところだと捉えて、是非、頑張っていただきたいと思います。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
新任監督職(主任)研修実施について
いつもありがとうございます。 今回、新任監督職(主任)研修を企画しております。 対象人数は7名で、所要時間は5時間程度と考えております。 弊社では今までにこのような研修を実施したことがありませんが、 今年度より企画して社内で行うこととなりました。 研修を行うにあたり、研修内容と進行方法についてご教示...
社内研修について
現在、当社では、入社年代ごとに1年~3年目まで社内研修を実施しているのですが、 留学生2名、日本人1名の代があります。 新入社員研修は一緒に実施しましたが、 業務内容は同じでも、留学生2人については 立ち上げの部分もあり、少しやはりことなります。 社内研修の内容は業務、というよりかは振り返り(自分...
派遣スタッフの社内研修参加について
①派遣スタッフが派遣されている会社で行なわれる研修へ参加することは、何か問題がありますか?(研修内容は、契約上の業務を行なう上でプラスアルファの知識を得るための研修です) ②それは、その派遣スタッフが希望しているいないに関わりますか? ③また研修ではなく、(例えば新システムの)説明会に参加することは...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
新入社員研修
「新入社員研修」は、特に新卒入社者を対象とした研修を指す場合が多く、学生から社会人となった新入社員に、仕事を遂行する上で求められる知識・スキルや礼儀・ビジネスマナーなど、ビジネスパーソンとしての基礎を身に付けてもらうために実施されます。近年、企業間の競争が激化する中で、新入社員には早期戦力化が期待さ...
シェア研修
「シェア研修」とは、複数の企業のコラボレーションにより、新入社員研修などを合同で企画・実施する研修スタイルのことです。研修プログラムや講師、会議場など各社の育成リソースを共有し、所属の異なる参加者が企業の枠を超えて同じ研修を受けるのが特徴。自社内に閉じていた従来の新人研修と違い、“社外同期”ともいう...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター 電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/29
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...