企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14583件   回答数30983

海外子会社から日本へ受け入れる駐在員への労働基準法の適用

海外子会社から日本へ社員を受け入れる場合に、労働基準法(特に時間外労働手当)や会社の就業規則が適用されるか教えてください。

①海外子会社から日本へ出張し、指揮命令は海外子会社が行う場合
②海外子会社から日本へ出向(異動)し、指揮命令は日本の会社が行う場合

以下の理解で宜しいでしょうか?
①の場合
 日本の労働基準法: 適用なし
 日本会社の就業規則: 適用なし
 海外子会社が属する国の労働法: 適用
 海外子会社の就業規則: 適用
②の場合
 日本の労働基準法: 適用
 日本会社の就業規則: 適用
 海外子会社が属する国の労働法: 適用なし
 海外子会社の就業規則: 適用なし

お手数ですが、ご回答のほど宜しくお願い致します。

  • Xさん
  • 東京都
  • コンサルタント・シンクタンク
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2012/02/27 17:55
  • ID:QA-0048479

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2012/02/27 19:25
  • ID:QA-0048480

代表者

基本的理解は正しいが、実態上、必要な留意点も・・

( 長期 ) 出張と ( 在籍 ) 出向 の違いに基づく、「 指揮命令者 」、「 適用される就業規則 」、「 適用を受ける労働法 」 に関する ご理解は、それぞれ、正しいと思います。但し、親子間の経費負担と税務問題、出向時の身分保障、懲戒等の基本的事項の扱いなど、形式上の割切りだけでは済まないポイントへの留意が重要です。

  • 投稿日:2012/02/28 11:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々にご回答頂き有難うございます。
参考になりました。

ご回答内容について、追加でご質問させて下さい。
「親子間の経費負担と税務問題、出向時の身分保障、町会等の基本的事項の扱いなど」は状況が異なるとのことですが、お手数ですがもう少し細かく教えて頂けますでしょうか?
またそれらの判断は、社労士や法律家など専門家にご判断頂かないと難しい事項でしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2012/02/27 21:34
  • ID:QA-0048482

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

労働基準法等日本の労働法令につきましては、原則としまして属地主義が採られていますので、外国人等海外からの出向を受け入れる場合でも適用されます。但し、出張のように指揮命令を海外法人が行う場合には国内事業に関わる労働者とは認められませんので適用はなされません。

従いまして、①②に関しましてはご認識の通りとなります。

また、逆に国内労働者が海外へ出向されて指揮命令も海外法人で受けるような場合ですと、当該労働者に対しては海外法人の属する国の労働法令が適用されます。

  • 投稿日:2012/02/28 11:11
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々にご回答頂き有難うございます。
海外からの受入の場合、及び海外への派遣の両ケースについて、参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2012/02/28 14:12
  • ID:QA-0048502

代表者

基本的理解は正しいが、実態上、必要な留意点も・・P2

|※| 「 親子間の経費負担と税務問題 」 ⇒ 出張が長期に及び、実態的に、出張先企業のための業務を行っている事例は数多く見受けられます。この場合、労務費用の負担者と受益者が異なってきます。ご相談のケースに当てはめますと、費用負担者が海外子会社、労務提供の受益者が日本本社という関係になり、受益部分が、移転利益と看做され、課税対象となる可能性があるという意味です。 .
|※| 「 出向時の身分保障、懲戒等の基本的事項の扱い 」 ⇒ 在籍出向では、出向元・出向先双方の労働者として勤務するという 「 二重の労働契約関係 」 が成立しますが、出向先の出向労働者に対する人事権は、就業規則の適用、日常勤務に関する労働条件の変更などであり、労働契約の基幹に係るような事項、例えば、昇降格、解雇を含む懲戒、退職、等についての人事事項は、本来の労働契約の当事者である出向元に留保されていると通説解釈されているということです。

  • 投稿日:2012/02/29 12:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答頂き有難うございます。
ご回答頂いた内容について理解致しました。有難うございます。

お手数ですが本件について、時間外労働への対応についてお教えください。

【時間外労働手当について】
①日本本社社員が海外子会社へ出張。本人との雇用関係は日本本社のみであり、また業務の指示命令は日本から行う。
②海外子会社社員が日本本社へ出張。本人との雇用関係は海外子会社のみであり、また業務の指示命令は海外子会社から行う。


①において、
本人が海外で残業(所定時間外労働、深夜労働、および休日労働)を行った際の時間外労働への支払
 ・日本本社の就業規則: 適用
 ・日本の労働基準法(時間外労働について): 適用
 ・海外子会社の就業規則: 適用なし
 ・海外子会社が属する国の労働法(時間外労働について): 適用なし

 ※指示命令系統に関係なく、海外に出張した場合は出張先国(海外)と日本の労働法を比較し、時間外労働への割増率が多い方を支払う、などの対応が必要な場合はありますでしょうか?
 労基署からそのような判断が下ったケースがあると伺っております。

②において、
本人が日本で残業(所定時間外労働、深夜労働、および休日労働)を行った際の時間外労働への支払
 ・日本本社の就業規則: 適用なし
 ・日本の労働基準法(時間外労働について): 適用なし
 ・海外子会社の就業規則: 適用
 ・海外子会社が属する国の労働法(時間外労働について): 適用

 ※上記「※」同様に、時間外労働手当の割増率が高い方を支払う、などの対応が必要となるケースはありますでしょうか?

お手数ですが、宜しくお願い致します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2012/02/29 14:23
  • ID:QA-0048530

代表者

基本的理解は正しいが、実態上、必要な留意点も・・P3

原則としては、ご理解は正しいと思います。 「 時間外労働への割増賃金 」 についての労基署判断に関しては、具体的前提、条件、争点等、何も分りませんので、コメントは致しかねます。

  • 投稿日:2012/03/02 16:34
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答頂き有難うございます。
細かい点を何度も恐縮ですが、ご確認させて頂き参考になりました。
有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
就業規則・パート就業規則、嘱託就業規則について
就業規則ですが、無期雇用対策のために正社員用、パート・アルバイト用、嘱託用と 分けて運用をしようと考えています。そこで就業規則の適用条文に この就業規則は正社員に適用し、パートや嘱託には適用しないと規定した場合、 パート就業規則、嘱託就業規則を作成する際に、正社員就業規則を準用するという 文言を入れ...
就業規則と法令の関係について
数年ぶりに就業規則を修正しています。 就業規則の内容が労働基準法以下であれば、法令が優先されますが、 このことを就業規則に記載した方がよいでしょうか。 ご教示の程、よろしくお願い申し上げます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
エクスパッツ
エクスパッツ(Expats)とは、Expatriate(国外居住者)の略称。海外の本社や親会社、関係会社などに所属し、転勤などの理由で日本に派遣されている駐在員のことです。日本で就労する外国人のうち、国内で現地採用された従業員(一般にローカルと呼ばれる)については、労務関係の各種法令が日本人従業員と...
グローバル人材
用語としての明確な定義はありませんが、一般的には「市場やビジネスのグローバル化に対応できる人材」といった意味合いで用いられます。求められる資質や要件からすれば、「文化的・歴史的バックグラウンドの異なる多様な人材をマネジメントできる」「外国語を駆使して高度なビジネスが展開できる」「海外のマーケットや...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web 働くパパママ育休取得応援奨励金
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/14
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。



「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...