企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

法定時間外労働に対する割増賃金の計算について

 当社において、時給800円(労働時間の定めなし)で雇用しているパートタイマーの者を、月曜日から土曜日まで(6日間)、毎日10時間労働させたため、その賃金として、60時間分:48.000円を支給したところ、これでは足りない。
 法定労働時間である1日8時間と週40時間を超えた時間分については、別に25%を加算した割増賃金を支払うべきであるとして、1日8時間を超えて労働した時間分12.000円(2時間×6日×800円×1.25倍)と週40時間を超えて労働した時間分8.000円(8時間×800円×1.25倍)合計20.000円を要求されました。
 この要求は、正しいのでしょうか。ご教示下さい。正しければ支払わねばならないと思っています。

投稿日:2011/12/10 10:45 ID:QA-0047352

*****さん
熊本県/人事BPOサービス

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答7
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

パートタイマーであっても、1日8時間または週40時間を超える労働時間分につきましては労働基準法第37条の規定に基き時間外割増賃金(×1.25倍)を支払わなければなりません。

但し、文面のケースですと時間外労働20時間分の基本賃金部分(×1.0倍)については既に支給されていますので、割増部分となる800円×20時間×0.25=4000円を追加支給することで足ります。

投稿日:2011/12/10 11:18 ID:QA-0047353

相談者より

早速の回答ありがとうございました。大変参考になりました。本件に関し、もう一点疑問がありますのでよろしかったら、ご教示下さい。「1日10時間労働、日給制の労働契約で、10時間労働させ、10時間分の賃金を支払った場合でも、法定労働時間である8時間を超えた2時間分については、労働時間として見なされないため、別途、時間外労働賃金(1.25倍の賃金)を支払わなければならない。週40時間を超える時間についても同じである。」とお聞きしましたが、そのようなことはないのでしょうか。

投稿日:2011/12/10 23:11 ID:QA-0047357大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

1日8時間を超えて労働した時間分の支払が妥当

労働時間の定めをしなくても、労基法32条1項 ( 週40時間 )、同2項 ( 1日8時間 ) の規制は強制適用されます。この2つの規制は、就業規則等に別段の定めのない限り、重複して適用されない 「 OR条件 」 という解釈が一般的ですが、実務的には、1日8時間を超えた分を先に 「 時間外労働の発生 」 として把握し、後から 「 それ以外に週40時間を超えた分 」 があれば、追加で割増を支払うという処理方法を採るのが一般的なようです。今回のご相談に就いては、1日8時間を超えて労働した時間分12千円のみの支払が妥当だと思います。

投稿日:2011/12/10 12:53 ID:QA-0047354

相談者より

いつも回答していただきありがとうございます。参考になりました。

投稿日:2011/12/10 23:13 ID:QA-0047358参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

1日8時間を超えて労働した時間分の支払が妥当(追記)

追加支払額は、2.4千円 ( 2 * 6 * 800 * 0.25 ) になります。

投稿日:2011/12/10 13:21 ID:QA-0047355

相談者より

早速の回答ありがとうございました。大変参考になりました。

投稿日:2011/12/10 23:19 ID:QA-0047359参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

時間外精算について

考え方としては、まず1日8超分であれば1.25、次に週40h超であれば1.25倍。
1.月~金までの5日分は、
(8h×800)+(2h×1000)
ここまでで、所定労働時間は8h×5=40hですので、
2.土曜日は、
10h×1000円
3.合計は
(40h×800円)+(20h×1000円)
▲既に
60h×800は支払っていますので、
すなわち、時間外分の
20h×800円は支払い済み
よって、
20h×200円=4,000円が不足しています。
以上

投稿日:2011/12/10 22:44 ID:QA-0047356

相談者より

御回答ありがとうございました。今後の業務の参考にさせていただきます。

投稿日:2011/12/10 23:20 ID:QA-0047360参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

割り増し賃金

一日8時間を超えた分は割り増し賃金を払わないといけないです。それは割り増し部分だけになります。この場合は4000円になります。

投稿日:2011/12/11 10:11 ID:QA-0047362

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご返事頂き有難うございます。

御質問の件ですが「法定労働時間である8時間を超えた2時間分については、労働時間として見なされないため、別途、時間外労働賃金(1.25倍の賃金)を支払わなければならない。」といった解釈につきましては存じ上げません。根拠が不明の上、そもそも実際に労働させていたにも関わらず「労働時間として見なされない」等というのは明らかに不合理といえます。

従いまして、私共の方でこのような解釈の真意は分かりかねますので詳しくはお話しされた方に直接尋ねられるべきでしょうが、いずれにしましても先に申し上げました回答内容に変わりはございません。

投稿日:2011/12/11 14:36 ID:QA-0047363

相談者より

ありがとうございました。大変参考になりました。

投稿日:2011/12/11 21:47 ID:QA-0047367大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

上記回答の補足

上記回答の件で追加説明いたしますと、「1日10時間労働、日給制の労働契約で、10時間労働させ、10時間分の賃金を支払った場合」という設定状況であれば、明らかに契約内容が労働基準法違反となりますので、日給で定められた賃金に加えてプラス2時間(×1.25)の割増賃金支払が当然に必要となります。但し、これは「労働時間として見なされない」からではなく、「日給相当分の労働契約に含まれる労働時間数としては認められない」からです。

勿論、御社の御相談の件の場合ですと、こうした契約内容には該当しませんので、回答内容自体に変更はございません。

投稿日:2011/12/11 14:56 ID:QA-0047364

相談者より

何度も御回答いただき誠にありがとうございました。8時間を超える時間が「日給相当分の労働契約に含まれる労働時間数としては認められない。」ことが分かり、疑問点が解消しました。今後業務を行う上において、注意しなければならない点であることを痛感しました。重ねてお礼申し上げます。

投稿日:2011/12/11 21:46 ID:QA-0047366大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
36協定
36協定は、時間外労働と休日労働を分けて協定するようになっていますが、休日労働の時間数は、時間外労働の時間数に算入しなくて良いのでしょうか?
徹夜労働について
休前日から翌日(休日)にかけて徹夜労働をさせた場合の質問です。 ①例えば翌日の朝9:00まで労働させた場合、夜中0:00から朝9:00までの間は、前日の労働時間とみなされると思うのですが、その時間分の時間単価は、休日労働の135%になるのでしょうか?それとも前の日からの労働時間として125%でよい...
法定外休日の労働時間について
いつも参考にさせていただいております。 法定外休日の労働時間ですが、法定休日と同じ割増賃金を支給すれば 時間外労働に含めなくても大丈夫でしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
介護基盤人材確保助成金
新しく介護分野で創業したり、異業種から介護分野に進出したりした事業主に対して、その事業の核となる従業員および一般の従業員を雇用した場合に支給される助成金です。少子高齢社会が進む中で、ますますニーズが高まり、注目を集めています。
現物支給
「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約などで特にその旨が定められていれば、例外的に賃金の現...
未活用労働指標
「未活用労働指標」とは、労働力人口と潜在労働力人口のうち、未活用を示す失業者、追加就労希望就業者、潜在労働力人口の割合を示す数値です。総務省は2018年1~3月期から新たに、労働力調査において「未活用労働指標」の公表を始めました。これまで労働市場を表す一つの指標として示されていた「完全失業率」に加え...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...