企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15741件   回答数34220

ローパフォーマ社員の育成(意識付け)について

従業員1500名の製造会社で、リストラなどを実行し管理職の平均年齢は40才中になりました。そこで、スリム化&筋肉質化した体制の中で、如何に総合的な組織力を発揮するかが課題となっています。特に管理職は高負荷の中でリーダーシップを期待しているのですが、高負荷と共に、中堅(コア人材)への指導&育成がうまく回っていない実情に加えて、ローパフォーマー「中堅(27歳)社員から管理職(45)になっていない(なれない))年長社員」が重荷になっているのが現状であります。
幸い、経営者の人材開発への理解から、階層別教育や職能・技術を実施いていま。但し、昇進昇格者はその節目時に、他の社員は上長の推薦者が優先的に受講しています(何年も研修を受講しない&できない人が生まれている・・・つまり評価の低いローパフォーマー達です)。
総合力の発揮という視点でとらえるとこのローパフォーマを如何に考動させるかが大きな課題となります。
(せめて自分の立場役割を理解できれば。そして、年少社員の相談相手になってくれたらの思いです)

本件ついては管理者(上司)側の問題ととらえて研修を実施している企業様が有る様に感じますが、今回はローパフォーマ達の意識改革を底上げ的に実施したいと思っています。
この人達は、能力的に劣っているというよりは上司を含む人間関係や対人関係による影響や、職場(仕事)と能力(意欲&興味)のアンマッチ等で、時間の経過とともにそれなりに昇進昇格して現在の立場に居るという認識です。
この可能性を秘めたローパフォーマ達のモチベーションを、研修を通し高める手段についてアドバイスを
頂けないでしょうか。5月連休明けの研修に向けて妙案が無く困っています。以上宜しくお願い致します。

但し、管理職には事前に「部下指導・育成の心得」「上司自身が反省すべきこと」などをについて半日ほどの研修を実施する予定です。
以上宜しくお願い致します。

  • BIGMOROさん
  • 埼玉県
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2011/03/24 15:44
  • ID:QA-0043161
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/03/24 17:25
  • ID:QA-0043163

この回答者の情報は非公開になりました

「ローパフォーマンスの原因は、一様ではない」ことに注目しては、いかがでしょうか。

 「可能性を秘めたローパフォーマ達」という表現は、素晴らしいと思いました。経営者の人材開発への理解から来るものかもしれませんが、2:8:2の後ろの2割が必ず生まれ、そして彼らに手を施すことは効率が悪い、と乱暴に考える会社が多い中、そこに期待され、何か施策をと腐心されているのは あるべき人事の姿だと共感します。

 当然ですが、ローパフォーマンスの原因は、一様ではありません。能力的に厳しい人もいるのでしょうし、適性とキャリア開発がうまくいかなかった場合もあるでしょう。担当業務や上司や顧客に恵まれなかったかもしれませんし、私的な理由あるいはメンタル面で力が出せていない人もいると思います。会社の戦略や組織運営に納得できないのかもしれませんし、今のポジションが気楽でよいと考えているのかもしれませんし、周囲や経営から期待されていないと思っているかもしれませんし、自分は十分によくやっていると考えているかもしれません。

 ですから、この原因を解消する方法(ローパフォーマンス者問題の解決策)は、一様ではないと思います。また、様々な原因によって発生したローパフォーマンス者の問題を一気に全て解決することも難しいと考えるのが普通です。研修だけでなく、配置や処遇システムなどを総動員して、時間をかけて、個別の対応も含めて実行していかねばなりません。

 そういう前提で考えますと、5月実施予定の研修は、「時間をかけて実施する、今後の底上げ施策のスタートの場」として相応しい内容のものが良いのではないかと思います。具体的には、ローパフォーマンスという結果になっている原因を、客観的に(他者の視点を踏まえて)発見・認識できる、そしてこれを人事部や上司と共有する仕掛けのある研修です。あるいは、担当業務とその結果を、未来の(理想の)視点から、家族など大切な人の視点から、過去の自分が抱いていた希望的視点から見つめなおし、思わしくない現状を生んでいる原因に自ら気づき、これを人事部や上司と共有するという方法もあると思います。

 文中に、モチベーションという言葉がありますが、やる気になった状態に到達する道や、その道を歩き始めようとする動機はそれぞれ異なっており、今回でそれを求めるのは、やや急な感じもいたします。まずは、これまでの時間の経過とその結果をしっかりと見つめていただくことが、大切であると思います。

 得てしてこのような研修を行いますと、単に結果を責めているような、その人達の能力不足や意欲不足を糾弾しているような雰囲気になってしまいがちですが、「可能性を秘めた人達」「経営者の人材開発への理解」というものを前提にしているわけですから、人事部としても逃げることなく、彼らと一緒に“ローパフォーマンス”という現状に向かい合い、その原因を突き詰めようとされればよいのではないかと思います。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/03/24 23:26
  • ID:QA-0043169

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

文面の「ローパフォーマー」に関してですが、能力の欠如以外の要因によってそうなっているとしますと、能力を引き出す為の方策を考え実施することが必要といえます。

その為には、「ローパフォーマー」を一括りで考えるのではなく、評価が低い従業員の現状を個別に分析し、何故パフォーマンスが低いのかを明らかにし、そうした個別事情に即した改善策を採られることが求められます。

仮に集合型の研修では、何を行なうとしましても一部の従業員にしか効果を持ち得ないものといえるでしょう。

従いまして、モチベーション・アップが目的ですと、個々の業務に対する思いや現状の問題点等を事前アンケート等で調査し、出来てきた事柄に関しまして必要な指導や、場合によっては配慮措置等を考えるといったことが求められます。このように事態の改善には個々の人材の実態把握に基く現実的な対応が重要であり、特定の研修形式にこだわるべきではないというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2011/03/25 12:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

 早速のアドバイスに感謝申し上げます。現状起こっている事を正しく把握することが真因を掴むことのスタートであると再認識できました。その手段として、アンケートは現状把握に効果的と思います(内容と運用は難しいか!?)ので検討させて頂きます。それから、研修形式ですが、対象者全体の底上げ(立場役割の再認識、出来る・やりたい・期待に対する共通認識、対人対応スキル、等々)として集合教育を考えております。この底上げ実施後(共通認識を得た上)に、個別対応と云うシナリオは如何でしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/03/25 00:13
  • ID:QA-0043170

人事・経営コンサルタント

研修と評価システムの両輪

モチベーション向上というテーマは講演やセミナーでもよくあるもので、小職も最も多く依頼を受けるテーマ群の一つです。しかし残念ながら、言葉による「気づき」は、一瞬有効な気がするものですが、長続きしません。ゆえに、本当に効果を上げたいのであれば、人事評価システムそのものに手をつけなければ現状改革は難しいと言えます。
大組織(1000人超えれば十分に大組織です)の場合は、「何となく居られる」という層が、正に今回ご指摘のローパフォーマーではと拝察いたしますので、こうした存在が居辛くする環境作りがシステムとして求められます。またその運用と維持には管理者の役割も大きく影響しますので、正に会社全体の(ローパフォーマーだけでなく)改革運動という位置付けになります。このような想定で、経営方針をお立てになってはいかがでしょうか。

  • 投稿日:2011/03/25 12:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

 早速のアドバイスに感謝申し上げます。まさに会社の制度仕組みとこの運用を司る管理者の課題と改めて認識させられました。現在能力・成果主義を導入し7年程になり、目標の設定や個々人の立場役割に関する意識は維持されつつも形骸化していることも否めません。それでも期待に応える行動と結果を出している社員も7割(?)程居ると信じております。残りの3割について管理者(含む制度・仕組み)の課題としてきましたが笛吹きども踊らず(当事者はまさに居心地の良さに安住)の感から脱却でいておりません。やはり当事者に認識意識させないと事は始まらないとの思いです。もはや管理者の負荷は見ていても可愛そうなほどです。根本的な解決策(改革運動)に取り組むことと並行&先行した意識改革も進めたいとの思いでおります。ワークショップやケーススタディー等々も駆使した意識改革の実施と云う視点からアドバイスを頂けますと助かります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/03/25 22:06
  • ID:QA-0043199

オフィス代表

ご返事有難うございます。

こちらこそご返事頂き感謝しております。

文面の件ですが、集合研修と個別フォローのミックスということであれば差し支えないものといえます。その際、具体的な実施内容・テーマ等につきましてはこの場で回答出来かねますが、業務事情を踏まえ共通認識が持てるものを十分に吟味される事が必要でしょう。

  • 投稿日:2011/03/26 09:50
  • 相談者の評価:大変参考になった

有難うございました。あまり時間が有りませんが実施内容を検討したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 今、求められるマネジメント・管理職研修とは
    管理職に対する研修ニーズが高まっている一方で、管理職の多くがプレイングマネジャーであり、研修・育成の時間が持てないという矛盾した問題を抱えている。ここでは「あるべき姿」と「現状」のギャップを埋める管理職育成の取り組みを紹介する。
  • 3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)
    「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や若手社員の早期離職は、大きな社会問題だ。企業としては当然対策を講じるべきだが、若手社員の実情を把握しないまま策定した一方的なものでは、本人たちになかなか受け入れられないだろう。
  • マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
    現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
あわせて読みたいキーワード
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
ぶら下がり社員
「ぶら下がり社員」とは、いわゆる問題社員の類型の一つで、仕事や組織へのコミットが弱く、指示された用件や与えられた仕事はこなす反面、求められる以上の役割はけっして果たそうとしないタイプの社員を指します。目的意識や成長への意欲に欠け、現状維持に安住したがる傾向が強いため、会社や上司には従順ですが、自らが...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

事業戦略を支える人事の挑戦 あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/03
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...


「働き方改革」実現を目指した “知の交流”<br />
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

「働き方改革」実現を目指した “知の交流”
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

今や「働き方改革」は、企業にとって最も重要な課題の一つとなっている。多...