企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15382件   回答数33230

4週4日を取得できない場合の対応

休日については労基法で4週4日が定められていますが、例えば4週で2日しか休日を取得できなかった場合、残りの2日は休日勤務として割増賃金(35%)を支払うというのは問題ないのでしょうか?

それとも何が何でも4週4日を取得しないといけないのでしょうか?
初歩的な質問ですみません。

  • *****さん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2011/03/14 15:35
  • ID:QA-0042935
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/03/15 11:59
  • ID:QA-0042951

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事頂き感謝しております。

再度ご質問の件ですが、法的に整理しながらご説明させて頂きますね‥

まず労基法第35条におきまして法定休日を与えることは確かに義務づけられていますので、何も措置を取らなければ当然ながら法違反が問われる事になります。

しかしながら、その一方で労基法第36条におきまして、労使協定を締結した場合には第35条の規定に関わらず休日労働を行わせる事が可能であると定められています。ただその場合ですと、休日労働の代償としまして労基法第37条に基き3割5分増の休日労働割増賃金を支払う事が必要となります。この際、代わりに休日を与えなければならないといった法的定めはございません。

従いまして、労基法第35条~37条の一連の規定内容からも、休日労働を行った際にこうした割増賃金を支払えば労基法上定められた最低限の義務は果たした事になり、その事自体で直接労基法違反を問われることはございません。

但し、繰り返しになりますが、そうした休日を採れない状況が頻発した結果過重労働による健康障害等が発生しますと、労働者に関わる安全配慮義務違反が問われる等の問題が生じますので、法定休日労働は極力回避するか、回避出来ない場合には代休を付与する等の措置を採られるべきというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2011/03/15 13:11
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご丁寧な回答ありがとうございます。
よく理解できました。

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/03/14 22:01
  • ID:QA-0042942

代表者

毎週1回、又は、4週4休は、必須の法定条件

※.労基法35条に定められている法定休日は、いくら払おうと、お金と刺し違えることはできません。ご引用の、3割5分割増付き休日勤務は、いわゆる、《 代休 》 ( 就業規則等に具体的記載が必要 ) のことだと思いますが、これも、法定休日が保証できた上での話になります。ご質問に対しては、「 毎週1回、又は、4週間を通じて4日以上の休日を与えることは、必須の法定条件 」 ということになります。
※.因みに、《 振替休日 》 の場合は、振替日は4週の範囲内で与えなければならないとされていますので、法定条件の遵守に役立つことになります。

  • 投稿日:2011/03/15 09:20
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答ありがとうございます。
別の回答では週1日・4週4日を守れなくても違法とまではならないと読めるのですが、いかがでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/03/14 22:32
  • ID:QA-0042943

オフィス代表

お答えいたします

(※震災発生後初の投稿になりますので、失礼ですがこの場を借りまして、会員の皆様がご無事である事を祈らせて頂きます。)

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、まず4週4休制につきましては、あくまで例外として定められているに過ぎず、基本的には週1日の休日を要する件に注意が必要です。ご周知とは存じ上げますが、4週4休制を適用するためには、就業規則において起算日の定めを置いておくことが求められます。

その上で、週1日・4週4休のいずれにしましても、休日勤務した場合の休日割増賃金を支払すれば、別途改めて休日を付与する義務まではございません。

但し、違法とならなくとも、休日付与が極端に少なくなれば当然ながら過重労働による健康面への悪影響も考えられますし、加えてワークライフバランス推進の観点からも最低限法で定められた休日日数は与えるべきというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2011/03/15 09:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答ありがとうございます。
回答を読ませていただくと、週1日・4週4日を守れない場合、違法とまではならないと読めますが、この後の回答では「法定条件」であり違法になると読めるのですが、いかがでしょうか?
もちろん違法になるならないに拘わらず、従教員の健康管理の面から休日をしっかり取らせることは重々承知しております。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/03/15 10:02
  • ID:QA-0042948

代表者

毎週1回、又は、4週4休は、必須の法定条件 P2

※.労基119条において、第35条違反に対し、「 6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する 」 とされていますので、法違反は明らかだと思います ( 実際に強制適用されるかどうかは分かりませんが・・・ )。

  • 投稿日:2011/04/06 08:42
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日出勤を行う月の法定休日について
お世話になります。 毎週日曜日を法定休日と定めている会社にて、休日出勤をさせた際に、 割増賃金を支払って代休を取得させないとすると、 4週の休日が3日となり、4週に4日以上休日を取得することができなくなりますが、 割増賃金を支払っている場合には労基法違反とはならないのでしょうか。 よろしくお願い...
代休の取得時間について
当社では、休日労働だけでなく、時間外労働が50H/月を超えた場合でも、代休を取得することができます。 そこで、もし社員が代休を取得した場合、三六協定上の時間外労働としてカウントする時間から代休取得分の時間をマイナスすることはできるのでしょうか。 ご教示の程宜しくお願い致します。
有給一斉取得時の給与に付いて
今年度有給一斉取得を4日実施しています。 途中入社の方は、有給が無く一斉取得日にあたった場合、その分の給与は支給しないといけないのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
時季指定権
「時季指定権」とは、労働者が年次有給休暇をいつ取得するか、その時季を指定できる権利のことです。日本では労働基準法に基づき、従業員に時季指定権が付与されています。したがって従業員が本権利を行使して年次有給休暇を請求する場合、使用者は原則として従業員の指定する時季に有給休暇を与えなければなりません。ただ...
アニバーサリー休暇
アニバーサリー(anniversary)とは、英語で「記念日」の意味。企業が社員の休暇取得を促すために、本人や家族の誕生日、結婚記念日などの記念日およびその前後の日を休暇とする制度を「アニバーサリー休暇」と呼びます。(2011/6/27掲載)
定番のQ&Aをチェック
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY Web採用説明会でエントリー30%UP
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/30
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...