企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

退職金に代わるもの

当社は社員350名の企業です。以前、中小企業退職金共済制度を利用しておりましたが社員数が加入条件を超えたため脱会しました。その後、約3年間にわたり退職金に代わるものは何もありません。今後社員の定着率などの向上施策として何か手をうたなくてはと考えているのですが、どのような制度がありますでしょうか。社員数は微増の傾向にあります。

投稿日:2005/10/25 14:50 ID:QA-0002406

*****さん
愛知県/フードサービス

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

新島 哲
新島 哲
新島労務管理事務所 所長

定着率などの向上施策

まず退職金制度の位置づけについて考える必要があります。今後も退職時に一時金として支払いたいのであれば生命保険など別の積立手段を考えるべきでしょう。老後保障として401Kの導入を考えるのも一つの手です。また、退職金規程が存在するのであれば中退共を解約しても支払義務は残りますので、やはり別の積立手段を考える必要があります。

また、退職金制度を定着率向上策として考えているのであれば再考を勧めます。無理とは申しませんが、雇用が流動化している情勢を考えると、退職金制度を立派にして定着率を向上させることは難しいのではないでしょうか。納得できる金額もないですし、退職金の為に頑張るという話はあまり聞きません。むしろ賃金制度や評価制度などを充実させ従業員のヤル気を引き出す策を考えるほうが効果は大きいと思います。

積立をせずに退職金制度に近い制度を残すのであれば前払い制度を検討するのも良いでしょう。但し、会社、従業員ともに社会保険料の負担が増えますので注意が必要です。

投稿日:2005/10/25 15:12 ID:QA-0002408

相談者より

 

投稿日:2005/10/25 15:12 ID:QA-0030960大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

退職金に代わるもの

■年金危機の大合唱の前に退職金制度の存在価値まで否定する流れがあります。高利回りを保証した確定給付型制度は長期に亘る資金運用難の下でひどい目に遭っています。厚生年金代行部分の返上や新規加入率の低迷には、限界的な財政負担や年金自体に対する不信感が存在していることはご承知の通りです。
■問題は、高齢化進行の渦中にあって、本当に退職金制度は優秀な人材の調達、定着率の向上に、あまり役に立たなくなってしまったのか? という点です。ニートと呼ばれる労働集団も好き好んで、そのような環境に安住しているのではないと思いますし、平均年齢もジワジワと上昇するのは避けられません。つまり、求職側、労働側の退職金ないし企業年金への関心は、間違いなく従来以上にが高まってくると考えています。
■長期、大不況のおかげで、退職金制度の欠陥は白日の下に曝されました。二の轍を踏まないためにポイントを抑えつつ、確定拠出型あるいはキャッシュバランス方式と呼ばれる方式をご検討されれば如何でしょうか。現在のところ、非課税措置も十分とは言えませんが、財政健全化措置と綱引きしつつ徐々にメリットが大きくなってくるもの確信しています。
■その内に、採用条件の一部として、年金制度の有無、充実度が競われることになるでしょう。
参考ですが、米国の社会年金も、今後何もしなければ12年後に支払が収入を上回り、2041年度には1ドルの支払に充当できる原資は75セントしかなくなると試算されています。税制優遇で確定拠出型年金を一層加速させていくことでしょう。

投稿日:2005/10/27 16:24 ID:QA-0002445

相談者より

 

投稿日:2005/10/27 16:24 ID:QA-0030978大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
退職金制度について
当社は平成9年設立の外資系企業です。これまで当社では退職金制度がなかったのですが、今年は他の日本の企業に倣い退職金制度を導入する予定です。 最近の退職金制度でよいと言われているものや、それらのメリット、デメリットや注意点等を教えていただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。
退職日前の退職金一部(または全部)支払について
3月末付で退職予定の従業員に対し、通常は翌4月中に退職一時金の支払いをしておりますが、3月中の支払いができないかとの問い合わせがありました。退職所得として課税するにあたり、支払日は退職後であることは必須でしょうか?
退職日
当社は退職の申し出があった者に対し、退職届(退職願)を提出させています。 この際、退職日を確定するのですが、退職日は当社の営業日としています。 1.これは合法でしょうか。 たまに、退職日は●月末日と申告してくる社員がいます。 2.これは正式な届出としては認めなくてよいでしょうか。何日ときちんと日付...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...
退職金前払い制度
退職金を月例賃金や賞与に上乗せして前払いする制度。従業員から見れば退職金を在職中に受け取る制度です。企業にとっては人材引き止め効果は減少するものの、将来の退職給付債務を圧縮できるメリットがあります。
配偶者同行制度
配偶者が転勤になった場合、その随伴のための転勤を認める制度。夫の転勤に妻も「同行」することで、妻が退職せずに済む、というメリットがあります。妻の転勤に夫が同行するパターンは、今のところ、ほとんど見られません。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。