企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15382件   回答数33230

フレックスタイム制のフレキシブルタイムの設定について

フレックスタイム制のフレキシブルタイムの変更を検討しています。現在は、フレキシブルタイムの開始時間が朝の5時、終了時間が夜の10時となっております。開始時間および終了時間それぞれ、最も一般的な時刻は何時でしょうか。

  • 人事担当さん
  • 東京都
  • 情報サービス・インターネット関連
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2010/11/29 12:29
  • ID:QA-0024041
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/11/29 12:56
  • ID:QA-0024043

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

フレキシブルタイムの開始時間・終了時間がにつきましては、特に法的定めはございませんし、あくまで会社の業務実情に合わせて決められるべき内容ですので、他社の設定例は殆ど参考にならないものといえます。

一般的には午前9時前後~午後9時前後で設定されることが多いでしょうが、早朝や夜に業務従事が可能か否かや業務自体が発生する時間帯及び長時間職場を開ける事によるコストの考慮等、個別事情を踏まえた上で御社にとって最適な時間帯となるよう設定されることが重要です。

  • 投稿日:2010/11/29 12:56
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/11/29 13:10
  • ID:QA-0024044

この回答者の情報は非公開になりました

一般的な時間

9時から21時でしょうが、貴社の場合、早朝の5時が少し早いように思えます。
朝7時くらいにならないでしょうか。
そうしないと、事故が起こったりした場合、対応に困ると思います。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/11/29 14:46
  • ID:QA-0024049

代表者

7~8時が、最も、利用効果が高いのでは・・

.
■ 一度、フレックスタイム制を導入しながら、廃止したという事例は、大手企業を中心に多く見られますが、昨今は、本来の目的に加え、痴漢冤罪被害への対処、カープールの利用促進など、ラッシュ時間帯の通勤回避するために、フレックスタイム制の利用を積極的推進する傾向も見受けらます。

■ アーリーバードを言われる、生来の早朝活動を好む人たちは変わりませんが、W&LB を観点と、他方、保安・経済要素も考えると、夕刻は別として、始業時刻は、7~8時が、最も、利用効果が高いのではないかと推測します。尚、ご質問の、一般的時刻に関する調査統計類は入手できませんでした。

  • 投稿日:2010/11/29 14:46
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/11/29 22:51
  • ID:QA-0024057

この回答者の情報は非公開になりました

一般論より御社事情

何のためにフレックスにするかという理由が大切と思います。
一般的には通常の勤務時間プラスαというのが多数でしょう。
8時くらいから20時21時あたりでしょうか。

ただし御社業務が例えばクリエイティブ業務が中心なので夜間が中心であったり、保守管理的なもの、何らかのピークタイムのある業務等、独自の時間特性があるのではないでしょうか。その事情や可能であれば社員の希望、経営陣の意向など総合的な判断が必要と存じます。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/11/30 17:59
  • ID:QA-0024067

社会保険労務士法人SRグループ 代表

ご質問拝見し回答いたします。

何を以て一般的かというところはありますが、弊社のコンサルタント・社労士が取り扱ったところでの
見解としては、通常勤務が9:00~18:00とすれば7:00~21:00ぐらいではないでしょうか。
(ちなみに、フレックスの時間帯に関する統計資料は見当たりませんでした。)

これに比較すれば、朝の5時は早いように感じます。
フレキシブルタイムは業務特性等を考慮して決めるものですので、5時から勤務する必要があるのであれば
特に問題ございません。

ただし、朝の5時に勤務を開始するのであれば、解錠は誰がするのか?という点は問題ないのでしょうか。
また、他の回答者の方も書かれているように、光熱費等のコストの問題があります。
5時に来て部屋の灯りをつけ、プリンタの電源を入れ・・・、とその社員のためだけに費用が発生します。
加えて、長時間勤務につながる可能性も高くなるのではないでしょうか。

そもそも一般的な時刻がお聞きになりたい背景・経緯や、通常の勤務時間、コアタイム等が分かりませんので
お求めの回答が出来ていない可能性があります。
現在見直しをされているのであれば、社員の意見も聞きながら望ましい働き方・労働環境を明確にした上で
時間の設定をされてはいかがでしょうか。

以上、参考にしていただければ幸いです。

  • 投稿日:2010/11/30 17:59
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
フレックスタイム制における半日休暇(有給)について
フレックスタイム制においてコアタイムが10:00~15:00の 場合の半休はどの様に扱えば良いのでしょうか。ちなみに所定労働時間は9:00~18:00の8Hとなっております。
フレックスタイム制のコアタイムを1日のみなしにできますか?
現在、フレックスタイム制ですが、コアタイムを設定しています。 たとえば、火曜日だけをコアタイムなしのフレックスタイム制(月、水、木、金はコアタイムあり)にすることはできるのでしょうか? ご回答をいただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。
フレックスタイム制のコアタイムの設定について
フレックスタイム制の導入を検討しています。 弊社の勤務時間は9時-18時ですが、コアタイムの時間設定をどうすべきか思案しております。 ①コアタイムなし(完全フレックスタイム) ②コアタイム1時間 ③コアタイム2-3時間 ④コアタイム4-5時間 ⑤コアタイム6-7時間 上記のような、フレックスタイム制...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
フレックスタイム制
働き方改革への意識が高まるなか、労働者が柔軟に勤務時間を決められるフレックスタイムに注目が集まっています。法改正が進み、人事制度の充実に向けて導入の検討を進めている企業もあるでしょう。社員の最適な働き方を目指したこの制度は、労働者および企業にどのようなメリット・デメリットを与えるのでしょうか。また、...
変形労働時間制
変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働...
短時間勤務
短時間勤務(時短勤務)とは、一日の労働時間を短縮して勤務することをいいます。育児・介護休業法の改正により、短時間勤務制度の導入が各事業主に義務づけられたのは、2009年のこと。以来、仕事と子育てや介護などの理由から、通常の勤務時間で働くことが難しい人たちを支える制度として、多くの人に利用されてきまし...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Web採用説明会でエントリー30%UP 最短1営業日で従業員代表を選出しませんか
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/30
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...