企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アサカツ 朝活

出勤前の朝の時間を活用して、仕事や勉強、趣味、体力づくり、交流などの自己研さんに充てることを、「就活」や「婚活」に倣って「朝活」と呼びます。
(2010/6/7掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝活のケーススタディ

不況で若手社員に“朝活族”急増中!
うち2割近くは「勉強」に励んでいる

早起きして朝の時間を活用する取り組み自体は、とくに目新しいものではありません。ビジネスパーソンが出勤前にジム通いをしたり、語学の勉強に励んだりする姿は以前からよく見られました。にもかかわらず「朝活」という新語が登場し、認知され、現在は朝活ブームに。そのきっかけの一つは、2002年にアサヒ飲料から“朝専用の缶コーヒー”として発売された「ワンダ モーニングショット」のプロモーションだったといわれます。

そのアサヒ飲料が、2010年2〜3月に実施した第3回「現代ビジネスマン(+新社会人予備軍学生)朝の生活実態調査」で、7大都市に勤務する20代、30代のビジネスマンに対して、出勤日に始業時間前の朝の時間を活用できていると思うか聞いています。「活用できていると思う」と答えた人=“朝活族”は、「とても活用できている」「まあまあ活用できている」を併せて全体の約4割(39.0%)に達しました。また始業時間前の朝の時間を活用したいと思うかを聞いたところ、全体の8割弱(78.8%)が「活用したいと思う」と答えています。

ブームの背景にあるのは、成果主義の広がりによる競争激化や雇用環境の悪化への若手社員の強い不安感でしょう。先の調査の数字は、リーマンショックの影響が明らかになる直前の08年夏に行われた前回(第2回)調査の結果と比べると、いずれも増加傾向にあります。「会社にはもう頼れない」という心理から、不況下を何とか生き抜こうとして“自分磨き”の朝活に走るビジネスマンの姿を、データは浮き彫りにしているようです。

では実際に、朝活族は出勤前の時間をどんな風に活用しているのでしょうか。先述の実態調査で「朝の時間を活用できている」と答えた人に実際の活用方法を聞いたところ、「ニュースや新聞をじっくり見たり、読んだりする」が55.3%でトップ。次いで「朝食をとる」(46.8%)や「インターネットで情報収集」(46.4%)などが上位を占めました。資格取得のための勉強や社会人講座の受講、カフェなどで行われる交流会への参加など「学習系全般」については、4割弱(38.1%)が朝の時間の活用方法として関心を持っており、また実践している人も2割近く(16.9%)にのぼるなど、朝から学ぼうとする若いビジネスパーソンの意欲や関心が見てとれます。

早朝営業の語学教室やカフェ、フィットネスクラブが増えるなど、自分磨きのニーズに対応する環境も充実してきました。09年4月からは東京・丸の内で、出勤前の時間に受講できる市民講座「丸の内朝大学」がスタート。大変な盛況ぶりで、「マネー講座」「地域活性学」「ヴォイストレーニング」など今春開講した14講座も、ほとんどが新学期早々に定員に達し、締め切られたといいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

未活用労働指標
「未活用労働指標」とは、労働力人口と潜在労働力人口のうち、未活用を示す失業者、追加就労希望就業者、潜在労働力人口の割合を示す数値です。総務省は2018年1~3月期から新たに、労働力調査において「未活用労働指標」の公表を始めました。これまで労働市場を表す一つの指標として示されていた「完全失業率」に加え...
テキストマイニング
「テキストマイニング」とは、文章や言葉などの大量のテキストデータから、有益な情報を取り出すことの総称です。統計学や人工知能などのデータ分析技術を使って大量のデータを分析し、規則性を見つけ出す技術をデータマイニングといいますが、その中でも文字列データに特化したものがテキストマイニング。自然言語解析の手...
モバイルラーニング
「モバイルラーニング」はeラーニングの一種で、携帯電話などのモバイル機器を活用し、いつでもどこでも知識習得が可能な学習システムのことです。従来のeラーニングと区別して、「mラーニング」とも呼ばれます。近年はスマートフォンやタブレット端末など、高性能・多機能化した携帯端末が飛躍的に普及していることから...

関連する記事

「HRテクノロジーを活用しようという意識」がある割合は、経営層39.0%、人事部門59.5%、現場26.9%
HRテクノロジーを活用しようという意識が経営層にあるのかを聞いたところ、「当てはまる」(9.1%)、「どちらかといえば当てはまる」(29.9%)を合わせた割合は39.0%にとどまっている。人事部門は、「当てはまる」(16.0%)、「どちらかといえば当てはまる」...
2018/08/07掲載人事白書 調査レポート
従業員の評価の結果を「人材開発・育成」に活用している企業は31.0%、「キャリア開発」に活用している企業は17.0%にとどまる
従業員に対する評価結果を何に活用しているのかを複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのが「昇進・昇格」(84.0%)で、2番目は、「基本給」(80.4%)、3番目は「賞与」(78.4%)だった。一方、「人材開発・育成」(31.0%)、「キャリア開発」(17....
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント
新卒採用の成否を握る重要ポイントになりつつあるインターンシップについて、効果的な実施方法をまとめました。メリットを確認するとともに、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントなどをご紹介します。
2019/06/12掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「処遇」から「目標達成」へ<br />
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

「処遇」から「目標達成」へ
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく...


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...