企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15075件   回答数32395

健康診断について

集団健康診断を行いましたが、再検査が必要と診察された社員へは、個人負担で各自2次検査を受けるように指示しています。
この場合、検査結果を会社に報告させることは義務付けることができるでしょうか。

  • あーさん
  • 愛知県
  • 機械
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2010/07/15 15:28
  • ID:QA-0021744

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/07/15 19:55
  • ID:QA-0021749

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

一般の健康診断で再検査となった場合の対応に関しましては、法令で定めはございません。従いまして、規定の有無に関わらず個別事情によっても対応は異なってくるものといえます。

就業規則において報告を義務付けること規定を置くこと自体は可能でしょうが、本人が拒否した場合に制裁措置を行えるかに関しては、再検査に法的義務が無い事からも一般的には難しいものと考えられます。

特に個人負担で再検査を受けてもらう場合ですと、指示する事の妥当性が弱まることは明らかですので、業務に支障が見られるといったケースでなければ任意での報告要請に留めるべきというのが私共の見解になります。

但し、従業員が健康状態を保つことは雇用契約を遵守する上でも重要な事柄ですし、会社としましても安全配慮義務がございます。そうした検査の重要性を伝え、極力受診及び報告してもらうよう伝えることが大切ですし、そうすれば大抵の従業員には理解して頂けるものといえるでしょう。

  • 投稿日:2010/07/15 19:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/07/15 21:18
  • ID:QA-0021753

この回答者の情報は非公開になりました

義務ではなく

「再検査」の内容にもよりますが、就業に支障のある内容であれば、安全配慮義務と合わせ、再検査を「要請」とすべきではないでしょうか。
それを断るのは会社員としてかなりの決断であり、意味を持つことになるでしょう。多忙を理由とするものであれば、きちんと管理者が安全配慮義務に基づき説得をする必要があります。
こういった意思統一を経営サイドが出来ていれば、「義務」としなくとも目的達成は出来るかと存じます。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/07/15 23:31
  • ID:QA-0021759

社会保険労務士法人SRグループ 代表

再検査結果の提出について

定期健康診断の結果が、「要再検査」というものであれば、法律上会社は、それを労働者に通知するだけで義務の履行は終了ですが、労働者が再検査を受けず、会社が従来どおりの労務提供を受領し続け、労働者がその病気が原因で死亡したような場合には、安全配慮義務違反を理由に、民事損害賠償を請求される可能性もあります。
そのため、労働者の、健康確保と事後措置の観点からも事業者に送付されます。
1 法定の健康診断については、労働安全衛生法第66条以下により、事業者に、労働者の健康診断を実施するよう義務を課しています。
2 そして、事業者は、実施した健康診断の結果に基づき、労働者の健康を保持するための必要な措置について、医師または歯科医師の意見を聴くことになっています(労働安全衛生法第66条の4)。
3 さらに、事業者は、上記2の医師または歯科医師の意見を勘案し、必要があると認めるときは、その労働者の実情を考慮して、就業場所の変更、作業の転換、労働時間の短縮等々の措置を講じなければならないことになっています(労働安全衛生法第66条の5第1項)。
4 これらのことをより具体化するために、労働安全衛生法第66条の5第2項の規定に基づき、厚生労働大臣の指針が公表されています。
5 この指針の中に、要旨、「事業者は、就業上の措置を決定するに当たって、できる限り詳しい情報に基づいて行うことが適当であることから、再検査または精密検査を行う必要のある労働者に対して、当該再検査または精密検査の受診を勧奨するとともに、意見を聴く医師等に当該検査の結果を提出するよう働きかけることが適当である。」となっています。
6プライバシーの保護関係
労働安全衛生法第104条において、「健康診断の実施の事務に従事した者は、その実施に関して知りえた労働者の心身の欠陥その他の秘密を漏らしてはならない。」 と秘密保持義務を規定されています。
さらに、上記指針の中で、「事業者は、個々の労働者の健康に関する情報が、個人のプライバシーに属するものであることから、その保護に特に留意する必要がある。特に就業上の措置の実施に当たって、関係者へ提供する情報の範囲は必要最小限とする必要がある。」となっております。
特に6により、労働者のプライバシー保護は法律上、事業者に規定されていますので取扱・管理に、十分注意して下さい。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/07/27 22:43
  • ID:QA-0021953

株式会社カレンコンサルティング 取締役

業務への影響具合によって判断

二次検査の結果を会社に報告することを義務付けることができるかどうかは、業務への影響具合に応じて判断するのがいかと思います。

だたし、既に回答にありますように、会社は従業員の健康状態を管理する必要もあります。
したがって、二次検査を自己負担で受診してもらったとしても、その後の報告を求める、義務付けることは有り得る話しだと思います。

また、報告をしてもらい、従業員の健康状態を把握していることで、勤怠の見直しや労働状況などの改善などに早く着手することができるかと思います。

ご参考にしていただければ、幸いです。

  • 投稿日:2010/07/27 22:43
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
定期健康診断再検査の費用と時間
定期健康診断の結果で「要再検査」と診断を受けた社員に対し、再検査に掛かる費用負担と就業中としての扱いは必要でしょうか?
健康診断
入社時に健康診断は必ず実施しなくてはならないのでしょうか。 弊社では年に1度健康診断を行っていますが、雇い入れ時にはしていません。 社員から質問がありました。
健康診断再検査結果の扱いについて
いつもお世話になっております。 健康診断の再検査結果の扱いについてご教示願います。 一般健康診断において再検査となった社員に、再検査結果を提出することを義務付ける 事は出来ますか。 個人情報等を盾に、拒否する社員がいる場合はどのように対応すべきでしょうか。 基本的な事で申し訳ございませんが、ご...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

コラボヘルス
「コラボヘルス」とは、健康保険組合などの保険者と企業が積極的に協力し合い、労働者やその家族の健康増進を効果的および効率的に行うことを言います。現在国が進めている健康に関するデータを活用し、健康増進を図る「データヘルス計画」では、個人の健康診断の結果などを疾病予防や健康増進に有効に安全に活用する、保険...
ハイリスクアプローチとポピュレーションアプローチ
「ハイリスクアプローチ」と「ポピュレーションアプローチ」は、健康管理の領域で用いられる手法です。ハイリスクアプローチは、健康リスクを抱えた人をスクリーニングし、該当者に行動変容をうながすこと。ポピュレーションアプローチは、リスクの有無にかかわらず、集団に対して同一の環境整備などを指導することをいいま...
健康経営
「健康経営」とは、米国の経営心理学者のロバート・ローゼンが提唱した概念で、企業の持続的成長を図る観点から従業員の健康に配慮した経営手法のことです。従業員の健康が企業および社会に不可欠な資本であることを認識し、従業員への健康情報の提供や健康投資を促すしくみを構築することで、生産性の低下を防ぎ、医療費を...

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...


「処遇」から「目標達成」へ<br />
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

「処遇」から「目標達成」へ
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく...