企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

自転車通勤

都内の企業です。自転車通勤を許可する際の、駐輪場代を会社が支給するかどうかを検討しています。他社の例を教えて頂けませんでしょうか?

投稿日:2010/02/01 13:09 ID:QA-0019119

人事担当さん
東京都/情報サービス・インターネット関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

駐輪場代を会社が支給するか否かですが、
・実際上自転車通勤の必要性の有無
・他の交通機関利用の場合との支給バランス
について検討された上で導入可否を決めるべきものといえます。

従業員の通勤手段として必要最小限な内容であれば、認める方向で考えるのが妥当といえるでしょう。その際は通勤経路も明確に示してもらうべきです。

ちなみに、駐輪場代を支給する場合、通行距離が片道2キロ未満ですと全額給与扱いで課税対象となりますのでご注意下さい。

また自転車通勤に関する考え方や取り扱いは立地条件や業務事情により各社様々ですので、あくまで御社自身の現状を調査し会社方針を明確にされた上で制度整備をされる事をお勧めいたします。

投稿日:2010/02/01 14:44 ID:QA-0019120

相談者より

 

投稿日:2010/02/01 14:44 ID:QA-0037470大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

事故リスク

残念ながら自転車通勤で必要手当てを支給している例は見つかりませんでした。
これには2つ理由があります。

1つは、まず手続きが煩雑なこと。自動車通勤がメインの地方と違い、人事総務がいちいち駐輪料金を確認したり、個別事例を設定するのがめんどうという本音があります。

もう1つは、自転車通勤の事故リスクです。実は小職は5年ほど自転車通勤をしておりました。(現在は場所が遠くなり自転車通勤不可となりました)実際にやってみますと、車道をぬって走る自転車は、自身が事故に会う、あるいは歩行者をはねるなどの事故を起こす危険性が満ち溢れていることがわかります。

小職のような自分が経営する立場であれば、仮に遅刻などがあっても、そうそう全速力で危険走行をする必要はなく、幸い5年間無事故でした。しかし一般社員の場合、遅刻などで本人の意に反し危険な状況に至る恐れは十分あるのではないでしょうか。

経営者、評論家や自由業等、時間の縛りの少ない立場以外の会社員にとって、実は自転車通勤はかなり慎重にならざるを得ないものと拝察いたします。

投稿日:2010/02/01 22:01 ID:QA-0019130

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

3つのポイントからチェック

■ 自転車通勤を許可する際のチェックポイントは、次の3点かと思います。
① 必要性と安全性
② 経費支弁の基準
③ 事故リスクへの対応
■ 以下、個別コメントです。
① については、都内の企業とのことなので、交通網の発達と自転車通勤の阻害環境を勘案して決めて下さい。環境エコや健康の観点から、徐々に増えてきていると感じています。
② 自転車通勤手当は、片道2キロ以上なら、4,100円(同10キロ未満)を限度に非課税になりますが、この条件を満たさない支給でも、給与課税でも構わなければ、税法上、支給は自由です。
③ 会社として認めるならば、マイカー通勤の場合と同様、最低の自転車総合保険の加入は義務付けるべきでしょう。
■ なお、公表されている他社事例は少ないのですが、自転車総合保険を販売している損保会社に直接問い合わされるのが早道と思います。

投稿日:2010/02/02 10:31 ID:QA-0019134

相談者より

 

投稿日:2010/02/02 10:31 ID:QA-0037478大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
自転車通勤
自転車通勤に対する見直しを考えています。 これまでは自転車通勤は黙認しており、 自転車通勤者にも公共交通機関の定期代を渡していました。 今後は自転車通勤者には申請制をさせ 交通費としては駐輪場代だけを払うことを考えております。 (雨で電車を使った等の場合には交通費は支給いたしません) こうした変更は...
通勤路の申請と自転車通勤
マイカー通勤時に会社へ通勤経路の提出をしていますが通勤経路についてご教授ください。 ① 経路は一つだけしか登録できないのでしょうか?(当社は往路と復路の提出で異なっていてもかまいません)※たとえば高速道路を使う経路と高速道路を使わない経路の登録は可能でしょうか? 通勤途上の労働災害時にどこまで会社に...
マイカー通勤者の通勤交通費について
ほとんどがマイカー通勤者ですが、通勤交通費としてバス・電車で通勤した場合の定期代を支給しています。これでは非課税限度額を超過していることになるようですが、マイカー通勤者は非課税限度額までの通勤手当に変更しないとまずいでしょうか。脱税になりますか?
定番のQ&Aをチェック
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
自転車通勤推進企業
2020年4月、国土交通省は「『自転車通勤推進企業』宣言プロジェクト」を創設しました。本プロジェクトは、自転車通勤を導入する企業や団体を自転車活用推進本部長(国土交通大臣)が認定するもので、企業活動における自転車通勤や業務利用の拡大を図ることを狙いとしています。
エコ通勤
CO2(二酸化炭素)の排出量を抑えるために、自動車を使わず、徒歩、自転車、公共交通機関などで通勤することを言います。
災害見舞金
震災や火災などの災害に遭った被災者に対して、個人や企業、地方自治体から贈られる見舞金を、「災害見舞金」といいます。企業が、被災した自社の従業員などに対して支給する災害見舞金は、一般に慶弔・災害給付の一環として制度化され、就業規則で定められた給付額などの規定にしたがって支給されます。福利厚生費のため...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ミスなく!手間なく!リスクなく!<br />
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

ミスなく!手間なく!リスクなく!
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

マイナンバーの個人への通知開始まで、半年を切った。企業のマイナンバー対...