企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15245件   回答数32865

ボランティア活動の際の事故・・・

よろしくお願いいたします。
会社が参加を勧めているボランティア活動に、従業員が公休日を使い、参加。
その際に、行き返り移動時、あるいはボランティア活動中の怪我や事故については、会社としてはどのような対応が必要でしょうか。
基本ボランティア活動のため、業務ではなくあくまでも休みを使っての参加です。
しかし、ほぼ強制参加であったりもします。よろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2008/11/13 16:58
  • ID:QA-0014261
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2008/11/13 23:06
  • ID:QA-0014263

オフィス代表

お答えいたします

御利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、一番の問題は当ボランティア活動の位置付けが明確になっていないことにあるといえますね‥

ボランティア活動であれば、公休日での個人の意思による全くの自由参加というのが通常のあり方といえます。

そうであれば、労災保険が適用されないのは勿論、通常会社としましても何らかの責任が発生することはございませんが、「ほぼ強制参加であったりもします」ということであれば、話は別になります。

会社による強制参加というのはあくまで実態で判断されますので、形式的には任意参加でも事実上不参加が困難な状況であれば会社の指揮命令下にあるものとしまして、活動時間=労働時間と取り扱うことが必要になってくるケースも考えられます。

その場合は、作業中は労災保険上の業務災害、行き帰りですと通勤災害の適用となりますが、労災認定はあくまで労基署が当該活動の実態や事故当時の状況を精査した上で判断しますので、一概に必ず適用されるとも言い切れません。

そうなりますと、事情によっては労災適用が無くとも会社に対し被災労働者から全額損害賠償請求がなされるといったこともありえます。

その一方で、労働時間となれば、法定休日の場合休日労働の割増賃金も含めた賃金支給が必要になりますので、強制的な意味合いを持ったまま活動を続けていれば従業員の不満や、ひいては従業員から賃金支払請求の声が上がってくる等労使間でトラブルが発生するかもしれません。

いずれにしましても、ボランティア活動への参加につきましては、会社の業績向上に直接影響するものでもないですので、会社の様々な負担やリスクを避ける為にも、あくまでその名の通り各自の自由な判断に任せるべきというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2008/11/14 08:21
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。確かに、〝位置づけ〟が大きな問題と感じております。いただきましたご回答をベースに今後に役立てていきたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2008/11/15 12:53
  • ID:QA-0014272

この回答者の情報は非公開になりました

業務外の活動について

本件服部先生が既にご指摘のように「会社が参加を勧めているボランティア活動」という矛盾が問題かと思います。「紹介」はかまわないと思いますが、そこに会社、組織、上司が絡んできた場合、「参加しないことに起因する不利益」を従業員が勘案し、参加せざるを得ないという実態だと主張された場合、企業をプロテクトするにが難しくなります。

「ほぼ強制参加」という以上は、完全に業務の一環として判断されるというお立場で、すべての管理をなさるべきと存じます。
小職は研修で企業様と接する機会が多数ありますが、研修、セミナーも、「本人のため」「業務(営業)に直結しない」という理由で、休日出勤や残業を支払わないところも現実としてはあると思います。
法的には圧倒的に個人が保護されておりますので、管理部門として、トップの啓蒙をより図って行かれるのがよろしいかと存じます。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
ボランティア活動
社員のボランティア活動に対し、会社が交通費を支給することは可能でしょうか。
ボランティアというものの業務でしょうか?
就業時間後に業務に関係のある訓練が行われました。ボランティア参加と言うことで募られました。しかし参加しないと「出てください」と言われます。当然のことながらボランティアなので残業手当は支給されません。もし怪我がおきた場合は労災扱いにするそうです。これは業務なのではないでしょうか。
CI活動
企業のCI活動を取り組んでいくにあたり、どのようなことがCIとして認識され、どのように取り組んでいくのか基本がわかっておりません。各企業ごと違うと思うのですが、基本となる活動事例やそのような資料URLがありましたら、教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 人事マネジメント「解体新書」第57回 社員の「ボランティア活動」と企業の支援(前編)
    企業の社会的責任(CSR)が注目されているが、2011年の「東日本大震災」以降は、社員の「ボランティア活動」を推進する企業が増えているという。 それでは、実際に社員はどのようにボランティアに取り組み、企業はそれをどうサポートしているのか――。 『前編』では、「ボランティア活動」の最新動向を紹介する。...
  • 人事マネジメント「解体新書」第58回 社員の「ボランティア活動」と企業の支援(後編)
    『前編』では、企業におけるボランティア活動の新たな動きを見てきた。『後編』では、社会貢献を第一の目的にしていると同時に、新たに、東日本大震災による被災地での社員のボランティア活動への参加を「人材育成の場」(事例1)、あるいは「気づきの場」(事例2)として取り組んでいるケースを紹介していく。 『前編』...
  • ダレのための解禁日なのか?
    毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結果から、企業と学生の本音に迫ります。
あわせて読みたいキーワード
マッチングギフト
「マッチングギフト」とは、企業や団体などが社会貢献を目的として寄附や義援金を募る際、寄せられた金額に対して企業側が一定比率の額を上乗せし、寄附金額を増やした上で寄附する上乗せ贈与制度のことです。近年、企業が従業員の募金活動を金銭的にサポートするしくみとして導入するケースが増えており、会社が従業員か...
プロボノ
「プロボノ」とは、ラテン語の“pro bono publico”(公共善のために)の略で、社会人が仕事を通じて培った知識やスキル、経験を活用して社会貢献するボランティア活動全般を指す言葉です。米国や英国の弁護士が始めた無料の法律相談が発端となって、他分野へ波及。近年は、企業が社員のプロボノ活動を組...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/27
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...