企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

社内不倫(環境セクハラ)

現在、社内不倫をしているカップルがおり、対応を検討しております。

男性の方に不倫癖があり、入社8年目にして4人目とのことです。いずれも私の入社前の出来事ですが、これまでは女性が退職する形で終結してきたようです。
あからさまに交際しているため、社内には知らない人はいません。また女性が退職して終わりか、と人事措置への不信感も感じます。

まずは、社内規則にのっとり、勤務時間を使ったデートと社用物の乱用について懲罰を課したいと思っております。具体的には、男性が遠方への出張の際、女性が有休を取ることが度々あるようです。女性の部署チームが調べたところによると、男性は午前中に顧客訪問した形跡はあるものの、午後の行動が不明ということがあります。会社支給携帯電話にて頻繁にメールしあっているのがわかっているのですが、男性が出張で女性が有休の日にはまったく連絡をとりあっている形跡がありません。また、女性が体調不良で欠勤した日、男性が社用車で彼女のアパートに行き、その場で仕事をしていたこともあります(女性より申告あり)。

これらの他に、社内の人間に対する環境セクハラでも注意をし、改善がなければ解雇につなげたいと考えています。社内でも交際を見せ付けるため、特に交際女性と同部署の女性スタッフのフラストレーションが大きく、業務妨げとなっています。男性は社用物と勤務時間の乱用+環境セクハラ、女性は環境セクハラ、で解雇することは適当でしょうか?

なお、両名とも仕事面でのパフォーマンスはよく、所属長の評価は高いです。しかしながら、不倫という概念に対する考えが甘く、注意をしてなおるというものではないようです。すでに所属長や同僚が指導や話し合いを持っていますが、改善がないそうです。よって、人事の介入をするにあたり、手順や認識などについてアドバイスをいただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日:2008/08/11 15:41 ID:QA-0013381

*****さん
東京都/精密機器

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

社内不倫行為に対する措置

■ご説明の範囲では、いくらご両名の仕事面での評価が高いくても、労働者としてのいくつかの法的義務の内、「職場秩序を守る義務」「職務専念義務」「信頼関係を損なわない忠実義務」「職場の人間関係配慮義務」等、更に役職、行動によっては「会社の名誉・信用を守る義務」の不誠実な履行ということに至るのではありませんか。恋愛の自由といってもこれらの義務に影響するようでは会社として、相応の処分を必要とするでしょう。
■通常、これらは、就業規則に、遵守すべき義務として記載されており、その違反が重大な場合には処罰の対象とする旨も定められているはずですので、再度確認して下さい。次に、重大な処分を行う場合の手順まで決まっていれば良いのですが、なければ、あらためて社員(労働者)代表を含めた処罰委員会を設置し、本人たちの弁明機会を保証した上で、就業規則に基づいて、配置転換、降格、止むを得ない場合には、解雇などの措置を決められるのが妥当でしょう。

投稿日:2008/08/12 15:30 ID:QA-0013386

相談者より

 

投稿日:2008/08/12 15:30 ID:QA-0035336大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
女性採用の推進のための具体策
女性活躍推進法に則り、弊社では3割の女性を次期採用目標に設定しましたが、 現状は女性率1~2割弱で厳しい状況です。 応募者の割合も同等です。 効果的な対策を教えていただけないでしょうか。 ちなみに女性管理職はいません。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 首藤若菜さん 「男性の職場」に進出した「女性」の働き方 
    現業職場を中心に、体当たりで労働の現場を調査してきた首藤さんに、男女の職場を統合していく難しさについてうかがいました。
  • 辛淑玉さん 女性を活用できない企業は潰れる
    男女均等処遇の取り組みが始まって久しいのに、それが必ずしも現場に深く浸透していかないのは、どうしてなのか。女性が働きやすい職場環境をつくっていくために、企業がしなければならないことは何か。人権や男女差別の問題に詳しい人材育成コンサルタントの辛淑玉さんにうかがいました。
  • 香山リカさん 均等法世代の働く女性の結婚問題
    仕事で自己実現を図っても、結婚していない女性は「負け犬」という厳しい見方をされてしまう風潮も出てきていますが、均等法から現在までの間に、働く女性の結婚観はどう変わってきたのでしょうか。『就職がこわい』『結婚がこわい』(ともに講談社)などの著書もある精神科医、香山リカさんにうかがいます。
あわせて読みたいキーワード
ポジティブ・アクション
Positive Action。積極的格差是正措置。男女間の差別を解消して、働く意欲と能力のある女性が活躍できるように、企業が自主的に行う取り組みのことです。
オールド・ボーイズ・ネットワーク
伝統的に男性中心社会であった企業コミュニティーには、それぞれの組織内で培われてきた独特の文化や雰囲気、しきたりがありますが、それらは決して明文化されることなく、マジョリティーである男性メンバーの間で暗黙のうちに築かれ、共有、伝承されているのが普通です。この排他的で非公式な人間関係や組織構造を指して...
4R
「4R」とは、従来、企業組織の中で女性の比率が高い、あるいは女性が配属されやすいといわれてきた四つの部署・職種――人事(HR)、経理(IR)、広報・宣伝(PR)、カスタマーリレーション(CR/お客様相談室)の総称です。すべて部署名の英語表記にRがつくことから俗に「4R」といわれ、これに秘書(Secr...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:08/01~08/11
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...