無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

管理職比率について

当社は、管理職比率が20%に達しようとしています。この管理職比率はどのくらいが適性なのでしょうか。他社事例があればご教授願います。

投稿日:2008/04/23 14:09 ID:QA-0012205

*****さん
東京都/機械

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

田添 忠彦
田添 忠彦
ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

管理職比率20%は多い

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

貴社はメーカーとのことですが、一般にメーカーでは、比較的経営体質のよい1000名~数千名程度の企業では、管理職比率(※スタッフ管理職も含めて)が1割以下の企業が多く見られます。
一方、これが数百名規模になると、2割程度の企業が目立ちます。
その主な要因は、数百名規模企業でも、大手と同じような組織体制を敷いていることにあります。
技術部門は、研究開発、生産技術、メンテナンス等に分かれ、マネジメント部門もやはり経営企画、人事、経理財務、総務といった部構成がとられています。
要するに、企業規模に比して、社内組織が多すぎるのです。

中堅メーカーで、個々のポジションの必要性を厳密に検証した経験からは、組織マネジメント上は、管理職比率は、ほとんどの企業で1割以下に抑えることができます。
また、スタッフ管理職を管理監督者として扱わなければならない事情も多くの場合存在しません。
問題は、だからと言って、一旦任用した管理職をすぐに解任できないことですが、適正比率を見極めた後に、中長期的な目的意識を持って時間を掛けて削減していくしかないでしょう。

ご参考まで。

投稿日:2008/04/23 14:41 ID:QA-0012206

相談者より

 

投稿日:2008/04/23 14:41 ID:QA-0034886大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
休日労働申請書

休日労働申請書の例です。法令上の「休日労働」の基準に沿って、休日労働を管理し、割増賃金を適正に払うための補助ツールとしてご利用ください。

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード