企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15209件   回答数32760

医療系企業の賃金体系

弊社は、医療系のベンチャー企業です。今後、会社のさまざまなシステムを構築する中でも同業種の賃金体系を参考にしたいと思っております。当社は、40名程度で皮膚製造販売を計画している企業です。

  • *****さん
  • 東京都
  • バイオ
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2008/04/15 18:34
  • ID:QA-0012112
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2008/04/15 21:21
  • ID:QA-0012113

本部 代表者

特に拘る理由ありますか

いきなりですが、比較的普及している類書に『業種別の賃金制度などない』という見出しがありますが、私にはそのインプリケーションが抵抗無く理解できます。
医療現場でしたら職種別の賃金制度があって然るべきと考えますが、御社のように医療機器製造販売の企業には特に同業種の事例に拘る必要がないと考えます。
優れた賃金制度は業種とは無関係です。
コンサルタントの世界にはそういう業種の賃金制度に明るい人がおりましょうが、それは理論的枠組みとは何の関係もない選択基準となりかねません。
こんな所感はお呼びでなかったかも知れませんが。
以上よろしくお願いします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2008/04/15 23:14
  • ID:QA-0012117

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件につきましては各専門家によっても様々な見解があるものと思われますので、一通り参考にされた上で御社にとってベストと判断される方法を採られるべきと考えます。

賃金制度の策定で最も重要な点はその目的ですし、更に言えばどういった基準に重きを置いて賃金決定を行なう仕組みとするかといった点になるといえます。

同業他社を参考にされたいということですが、せっかく企業独自のポリシー・考え方が打ち出せる機会ですので、むしろ他社とは異なるオリジナリティに溢れた賃金制度を構想すべきではというのが私共の見解になります。

直接コンサル対象となる大きなテーマですので、詳細について触れることは困難ですが、仮に御社で販売のみならず、医療機器の研究開発等他の業務も幅広く行なわれているようでしたら、職種毎にその特徴をふまえた評価基準を設け賃金決定に反映させるという方法もあるでしょう。

その際、大手企業で導入されているような複雑なシステムを導入することは返って制度自体を分かりにくくし、結果として運用上の困難から従業員の不満へと繋がる可能性が高くなりますので、誰もが理解・納得しうるようなシンプルかつ透明性の高い制度とすることも重要です。

  • 投稿日:2008/04/15 23:14
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
医療費適正化計画に係る企業負担について
「医療費適正化計画」が08年4月より施行というような事を聞きました。 そのうち、生活習慣病対策の取組みという事で、医療保険者に対しそれに着目した健診を義務付けるとありますが、企業負担や実施しなかった場合の罰則などは決まっているのでしょうか?
賃金体系の変更
現在、月額固定給の賃金体系を一部業績連動性の賃金体系に変えられないかという要望を役員より受けています。 具体的には、毎月の会社全体の売上金額に連動させて、賃金の一部の金額を増減させるものです。役員は賃金のできるだけ多くの部分を連動させたい意向です。 また増減としていますが、現在の会社状況では減となる...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
100年企業
「100年企業」とは、創業以来100年を超えて事業を継承する企業を指し、いわゆる“老舗企業”“長寿企業”の意味で使われる言葉です。日本は世界有数の長寿企業大国といわれ、東京商工リサーチの調査によると、創業100年以上の企業は2012年時点で2万7,441社あることがわかっています。そのうち東証など国...
職能資格制度
企業の期待する職務遂行能力をどの程度有しているかによって従業員の序列づけを行い、職能給として賃金に反映させる制度です。最近では、年功的な運用がもたらす「賃金と能力のミスマッチ」など、さまざまな問題が指摘されるようになっています。
企業内弁護士
「企業内弁護士」とは、企業が雇用する専任の弁護士のことで「社内弁護士」とも呼ばれます。弁護士資格を有しながら、企業に従業員や役員として在籍し、自社の法務問題の処理などに従事する専門人材です。グローバル化やコンプライアンス(法令順守)重視などの経営環境の変化に伴い、拡大・多様化する法務リスクに対応する...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...