企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

正社員登用制度

現在パートタイム労働者の正社員への登用制度導入を検討しています。
このような社内制度において年齢制限(例えば「40歳以下に限る」など)を設定することには法的な問題点はあるのでしょうか。
あるいは指針のようなものがあれば教えていただきたいと思います。

何卒よろしくお願いいたします。

投稿日:2008/02/07 09:14 ID:QA-0011282

スワンさん
東京都/機械

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

年齢制限は出来ません

昨年の法改正により、年齢制限は原則禁止されました。
上記の制限をつけるためには正当な理由が必要となります。詳しくは厚生労働省の「募集採用における年齢制限禁止について」をご参照下さい(ここではリンクをつけることができません。または拙著「戦略的採用実践マニュアル」にも記述があります)

そこで一律に年齢で条件設定するより、年齢には触れず、「登用にあたっては上長推薦及び審査を要する」としておけばいかがでしょう。
年齢を理由ではなく、能力を理由に採否を決めるのが、もっとも企業側がフリーハンドを握る方法だと考えます。

個人的には仮に45歳だとしても、能力・人物が優れているようであれば、積極的な登用が御社には有益ではと考えておりますが、経営判断の部分でございますので、社内の意向によります。

投稿日:2008/02/07 10:44 ID:QA-0011287

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

社内制度といえども、正社員への採用に関する事項になりますので改正雇用対策法に基き年齢制限は出来ないものといえます。

法規制に関わらず、特段の合理的理由も無く年齢によって制限を設けるというのは多様な人材の活用という点でも問題があるでしょう。

人材は業務に応じた適材適所の配置が何よりも重要ですので、本件に限らず、募集時点での制限は極力無くして幅広い求人が出来るような手段を採るべきというのが私共の見解です。

投稿日:2008/02/07 11:25 ID:QA-0011291

相談者より

 

投稿日:2008/02/07 11:25 ID:QA-0034539大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
正社員の解雇について
営業系正社員を解雇できる要件を教えていただけますでしょうか
正社員への退職金制度適用について
現在、弊社では正社員に対しての 退職金制度の見直しを考えています。 そこで質問なのですが 例えば同じ正社員の中でも ・退職金制度 ・確定拠出年金制度 ・支給なし 上記のように適用ルールを変えることは可能でしょうか? お手数ですがご教示ください。 よろしくお願いします。
アルバイトの正社員登用規定
当社ではすでにパートの正社員登用を行っておりますが、その規定をあらためて就業規則に明示することは義務付けられているのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
  • 雇用契約書(正社員用)
    雇用契約書(正社員用)
    雇用契約書(正社員用)の記入例つきテンプレートです。
    ダウンロード
  • 内部通報制度の規程例
    内部通報制度の規程例
    内部通報制度の規程例です。Word形式のものをダウンロード可能です。
    ダウンロード
  • 人事制度のアンケート
    人事制度のアンケート
    従業員に対して自社の人事制度のアンケートを行うときに使えるテンプレートです。
    ダウンロード
  • 人事評価制度導入フロー
    人事評価制度導入フロー
    システムを導入することで、人事評価制度が円滑に運用されるわけではありません。人事評価システムは、単純にパソコンレベルで、評価を行うだけのシステムではありません。人事評価制度が制度レベル、運用レベル(ユーザ利用レベルと管理者利用レベル)でしっかりと確立(イメージ)されていて、初めてシステム導入のメリットが具現化されます。 システムを導入する前に、人事評価制度の運用イメージをご確認ください。
    ダウンロード
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
短時間正社員制度
正社員でありながら、一週間の所定労働時間がフルタイム勤務より短い雇用形態を短時間正社員といいます。これを制度化することで、従来は育児や介護などさまざまな事情から仕事を続けられなかった人や就業の機会を得られなかった人でも、個々のライフスタイルに応じた多様な働き方が実現できると期待されています。
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

メンタル対応可能な産業医を紹介します POSITIVEの導入事例はこちら
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/24
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...