企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ



人材採用ウラオモテ バックナンバー一覧

企業と求職者の仲介役である人材紹介会社のキャリアコンサルタントが、人材採用に関するさまざまなエピソードをご紹介します。


155件中 141155件を表示

社長面接が遅れて優秀な人材を採り損ねそうになった企業
ジョブローテーションの企業に愛想を尽かした優秀な人材
転職活動というと、普通は1カ月、あるいは2カ月といった月単位で活動するものだろう。書類選考、1次面接、2次面接…と続いていくから、1社を受験して結果が出るまでには、短くても2~3週間はかかる。ところが、この転職活動が、急にあわただしく「時間単位」にな... [2006/07/10]
入社日の前に社内会議への出席を内定者に要求する企業
ビジネスクラスの航空費支給を面接企業に要求する人材
急な欠員を補うための募集や早急に立ち上げたいプロジェクトがあるときなど、いったん決めた入社日まで待っていられないという企業も往々にしてあるものだ。採用した人がすでに退職済みで無職の場合などは入社日を繰り上げればいいが、在職中の場合は引き継ぎや有給消化... [2006/06/05]
同じ企業から2度も内定をもらった幸運な人材
同じ人材の募集を2度も繰り返した不運な企業
じっくり考えて、「よし、ここで頑張っていこう!」と決めた会社。しかし、実際に入社してみたら仕事内容や配属部署、給与や勤務条件などが聞いていた話と違っている…などという話も時折あるようだ。そんな時、入社前に他の企業からも内定をもらっていた人の場合、「あ... [2006/05/08]
応募者の話を聞きながら眠ってしまった面接官
気に入らない応募者を次々に落とす経営トップ
面接は、企業と応募者が直接触れ合う最初の場。企業が応募者を選考するのと同時に、企業側も応募者から見られ、判断される場でもある。したがって面接担当者の役割は重要だ。きちんと選考を行うことは当然だが、企業の代表として応募者に良い印象を与えることもまた必要... [2006/03/27]
「個人情報」を隠したまま転職活動したい人
「転職回数」を少なくして経歴を書きたい人
転職活動に欠かせない履歴書や職務経歴書。考えてみれば、これほど「個人情報」のかたまりのような書類もないだろう。個人情報保護法などの施行にともなって、企業も人も、また人材紹介会社も、これら個人情報の取り扱いには細心の注意を払うようになっている。しかし、... [2006/02/27]
高い「年収」をオファーする会社が魅力的に見える、というわけでもない
安い「年収」をオファーする会社が内定者に冷たい、というわけでもない
プロスポーツのFA(フリーエージェント)などの影響だろうか。「自分を一番高く評価してくれたところで働きたい」という人が増えている。この場合の「高い評価」とは、すなわち年収を指していることがほとんど。「給料がたくさん欲しい」というと、何となく嫌らしいと... [2006/01/30]
ネットを駆使すれば転職先の正しい情報が得られる、というわけでもない
年収にこだわればキャリアアップの正しい選択ができる、というわけでもない
人生の大きな岐路の一つである転職。応募企業についての情報をできるだけ調べて会社選びをしたいと思うのは、誰しも同じだろう。現在では、その情報集めのためのツールとしてインターネットは欠かせない。面接前には、会社案内のパンフレットではなく各社のウェブサイト... [2005/12/12]
インターネットを使えば海外から転職できる、というわけでもない
成果主義にすればやる気のある人材が集まる、というわけでもない
海外への社会人留学、あるいは転勤による海外赴任。外国での生活自体は、もはや珍しいことではなくなったが、同時にこれは、海外で暮らしつつ日本へ帰国してからの仕事を探す人の数が飛躍的に増えたことも意味している。以前に比べると、インターネットという便利なツー... [2005/11/14]
若者に人気の成長分野の企業は人材確保もたやすい、というわけにはいかない
第1志望の転職希望先が第2希望よりも先に内定する、というわけにもいかない
ソフトの時代、コンテンツの時代が叫ばれている。日本製のアニメやゲームは世界的にも人気が高く、資源のない日本の中核ビジネスの一つになるかもしれないと言われるほどだ。しかし、自動車産業やエレクトロニクス産業など、これまでの日本のお家芸と言われた歴史ある産... [2005/10/07]
「官」の世界でのキャリアが「民」の世界で生きる、というわけでもない
企業は「名」を捨てて「実」を取ることなどたやすい、というわけでもない
「官」から「民」へ――郵政民営化の論争に象徴されるように、組織や制度を官主導から民主導のものへとつくりかえていく。今、この国の大きなテーマの一つだ。むろん組織や制度が変われば、そこで働く「人」も変化を求められることになるが、しかし公の機関や団体で働い... [2005/09/12]
採用面接を突破するために希望年収を遠慮して言えばいい?
採用面接といえば人事部が一手に引き受けてやればいい?
以前は、面接といえば「人事部」が行うものと決まっていた。しかし、最近の面接は、考えてみるとほとんどの場合、「採用する部門のマネジャー」が会っているようだ。もともとは外資系企業から始まった「採用する部門に人事権がある」という図式が、日本企業にも確実に浸... [2005/08/08]
自分でなければできない仕事をしている人は転職も簡単、というわけにはいかない
採用方法に工夫を凝らせばいい人材の獲得は間違いなし、というわけにもいかない
希望の企業に転職が内定しても、入社前には、もう一つの大仕事が待っている。それが「退職の手続きと引き継ぎ」だ。しかし、実際の引き継ぎにどれくらいの期間が必要なのか。初めての転職の場合は意外と読めないことも多い。また、重要な役職を任されているようなケース... [2005/07/15]
紹介会社の勧める企業はコンプライアンスも大丈夫、というわけにはいかない
転職理由を正直に話してくれる優秀な人材は即採用、というわけにもいかない
入社前にじっくり情報収集をし、代表者をはじめ何人もの社員たちと話し合って、十分な手応えを感じて選んだ転職先の企業。ところが、実際に入社してみると、やはりいろいろな違和感やカルチャーショックがあるものだ。細かい社内の習慣や制度なら、少しずつ慣れていくし... [2005/06/27]
仕事さえできたら年齢は問わない、というわけにはいかない
前向きな転職なら繰り返しても大丈夫、というわけにもいかない
欧米では職務経歴書(Resume)に写真も貼らなければ、生年月日など年齢がわかる項目も書かない。業務を遂行する能力に、年齢や性別は関係ないという考え方が浸透しているためだ。日本でもこの流れを受けて、募集要項から対象年齢の表示などを外す企業が増えてきて... [2005/06/06]
企業・人材・紹介会社の「転職」三角関係
ミスマッチを生む「スピード対応」と「スカウト自慢」
企業と個人の面接を、よく結婚のお見合いになぞらえる。間をとりもつ人材紹介会社は、いわば仲人ということになるが、結婚相手を決めるお見合いと、企業が人材を採るそれとでは、似て非なるところもある。たとえば結婚のお見合いで、たった1回会っただけなのに「答えを... [2005/05/23]


会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア Indeedオンラインセミナー

注目コンテンツ


管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。



2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...