無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

日本進出直後の海外企業のコア人材採用
クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。

日本には多くの海外企業が進出しており、人材紹介を利用して中途採用を行っている企業も多い。日本進出からまだ日が浅い企業の場合、少ないスタッフであらゆる業務を回していることがほとんどで、専任の人事がいないために拠点のトップが採用担当を兼任するケースも珍しくない。そういう場合、人材紹介会社も万全のサポートを行うようにしているが、時には予想を超えた事態が発生することもある。

重要な「ナンバー2」の募集

「決して簡単なポジションではありませんが、具体的にキャンディデイト(候補者)はいるのですか」

とある求人サイトに小さく出ていた募集情報を見て電話を入れてみたところ、相手は興味を持ってくれたようだった。C社は欧州を本拠地とする大企業だが、日本拠点はまだできたばかり。実は、私はそういう会社を探していたのだった。

「はい。アメリカの大学院で機械工学を学んだ人で、現在はX社(日本の大手企業)でセールスエンジニアをされています。ちょうどその方が、御社のような会社を探しているんです」

「そうですか。その人のレジュメを見せてもらうことはできますか」

人材採用“ウラ”“オモテ”

翌日、私はさっそくC社の東京オフィスを訪問した。海の見える高層ビルの一室だ。対応してくれたのは、イギリス人の日本拠点代表者・B氏。もっとも、オフィス内にはB氏のほかに女性スタッフが一名しかいない。

候補者Aさんが英文で用意してくれた職務経歴書を見せると、B氏は流ちょうな日本語で言った。

「この人は良いですね。会えますか」

「もちろんです。Aさんには御社のことを伝えてあります。ぜひお会いする機会をいただきたい、と言っていました」

C社が探しているのは日本での技術部門の責任者、いわば日本拠点のナンバー2となる人材だ。B氏自身がエンジニアではないので、海外拠点と連携しながら技術的な対応ができる人を求めているという。そのため、ネイティブレベルの英語力は必須となる。これは、世界を舞台に働いてみたいというAさんの希望にぴったりの求人だった。海外出張が多いことも、Aさんにとってはポジティブな要素となるだろう。

後日行われたB氏とAさんの面接は、順調に進んだ。ここまでは、「日本進出直後の海外企業」を紹介する案件としては非常にいい流れだった。

しかし、終盤にきて問題が発生する。優秀なAさんにオファーを出していた企業がもう1社あったのだ。こちらもアメリカを本拠地とする世界的な有名企業で、どうやらC社を上回る高給を提示しているようだ。私はそのことをB氏に伝えた。

「仕事内容そのものは、海外出張の多い御社の方に興味があるそうです。年収を合わせれば、十分獲得できると思います」

「わかりました。少し調整させてください」

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
ハローワーク特区
求職者支援制度