企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ハローワークトック ハローワーク特区

「ハローワーク特区」とは、特定の地域に規制の特別措置を導入する特区制度を活用して、国が所管する公共職業安定所「ハローワーク」の業務を試験的に都道府県へ移管する取り組みを指します。同特区は国の出先機関廃止に向けた改革の一環で、現在国と都道府県が別々に実施している就労支援を一本化し、相談から就労まで一貫したサービスを都道府県がワンストップで提供することにより、国と地方の二重行政の解消をはじめ支援策の充実や利用者の利便性向上を図るのがねらいです。
(2012/11/12掲載)

ハローワーク特区のケーススタディ

佐賀と埼玉でハローワーク移管を試行
就職から生活、育児まで求職者に一体支援

国の公共職業安定所の業務と都道府県の就労支援を一本化する「ハローワーク」特区が、2012年10月からスタートしました。特区の設置が認められたのは佐賀県と埼玉県。同月1日に佐賀で先行して試験運用が始まり、埼玉でも29日から運用を開始しました。

現在、就職に関するサービスはハローワークと都道府県の就職支援施設(ジョブカフェなど)、職業訓練施設などがそれぞれ実施しており、求職者は就職が決まるまで、求める内容によって各機関をわたり歩かなければなりません。特区に選ばれた都道府県は国と協定を結び、ハローワークを指揮・監督する労働局長に対し、首長が直接業務の指示を出せるようになります。ハローワークを地方に移管すれば、仕事の紹介や職業訓練はもちろん、求職者の能力・適性に応じた就労カウンセリングから生活資金や介護・育児に関する相談まで、求職者が抱えるさまざまな問題に対し、旧来のタテ割り組織の壁を超えて対応することができます。一貫したきめ細かいサービスによって、着実な就労に結びつける効果が期待できるのです。例えば埼玉版・ハローワーク特区の拠点として設置された「ハローワーク浦和・就業支援サテライト」では、相談の内容が多岐にわたる可能性を想定して、埼玉労働局から次長クラス1人、県から5人、さいたま市から1人の職員を派遣して常駐させ、委託業者も含めて20人規模で運営する方針です。

現在は、ハローワークと訓練機関の連携が不十分なため、求職・求人状況を踏まえた的確な受講プログラムが実施されにくく、訓練を修了しても就職に直結しないという例も少なくありません。利用者情報を一元化して共有すれば、就職支援施設や職業訓練施設でハローワークの求人情報を活用した職業紹介を行うことも可能になり、求職者や訓練生の利便性が向上すると考えられます。

ハローワーク特区を提案した埼玉県では、雇用保険業務なども含めハローワークの全面移管を目指していますが、厚生労働省では広域の職業紹介ができなくなるという理由で、全面移管には一貫して反対しています。職業紹介を地方で担うと、どうしても当地の地域振興を優先して、求職者を県外にあっ旋したがらない傾向があるというのです。いずれにせよ、政府は佐賀・埼玉両県で特区を3年程度試行し、効果を検証して、ハローワークの運営を都道府県に移管できるかどうか検討することにしています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

就労定着支援
「就労定着支援」とは、2018年4月の改正障害者総合支援法に基づき始まった、一般就労をしている障がい者が就労を続けられるよう、福祉サービスを提供する事業所が行うさまざまなサポートのことをいいます。従来、就職までをサポートする就労移行支援事業所や、障害者就業・生活支援センターなどが中心となり支援を進め...
LO活
「LO活」とは、「LOCAL」と「就活(就職活動)」とを合わせた造語です。厚生労働省では、大都市圏の学生にとって地方での就職が選択肢のひとつとなるよう、普及していくとともに、地方での就職を希望する学生などを支援するため、地方=ローカルへの就活を「LO活」と名付け、今年度から地方自治体などと連携した地...
求職者支援制度
「求職者支援制度」とは、雇用保険を受給できない求職者(受給を終了した人を含む)を対象に、無料職業訓練を実施するとともに訓練期間中の生活保障として給付金を支給し、早期の就職を支援する制度です。リーマンショック後の深刻な雇用悪化を受けて、すでに2009年7月から同制度の原型となる「緊急人材育成支援事業...

関連する記事

7. ワーク・ライフ・バランス支援を進める際の注意点
ワーク・ライフ・バランス支援は比較的新しい制度のため、その他の人事制度とうまく連携できていないケースがある。特に大きな影響があるのが人事処遇制度との連携である。ワーク・ライフ・バランス支援策によって休業や短時間勤務などを選択した場合、処遇にどのように反映される...
2012/11/07掲載よくわかる講座
5. 人材派遣が可能な業務と期間
人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社...
2012/11/22掲載よくわかる講座
ハローワーク新システム開始! 人を集める求人票の書き方
今、人手不足はあらゆる業種で大きな問題となっています。特に中小企業では、大企業のように求人募集に割ける費用にも限りがあり、人手不足に頭を悩まされている企業も多いのではないでしょうか。そこで、今回は「ハローワークを利用して中小企業でも応募してもらえる求人票の書き...
2020/05/22掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
ハローワークへの事業所登録について
日本で70以上支社があります。 ある場所では就業場所の管轄のハローワークの事業所登録ができて、ある場所では雇用保険の手続きをしているところの管轄のハローワークでしか事業所登録はできないと言われます。例えどんなに支社の数があっても、一つのハローワークで求人申込書を提出してくださいと言われましたが… あ...
業務支援 アドバイスについて
他企業に短期間(1週間程度)業務支援(業務アドバイス・教育・サポート)した場合においても、出向等の扱いになるのでしょうか。労災保険、給与負担金の絡みでの相談です。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

リクルートグループは2015年より、働く子育てを支援する「iction...