企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

企業訪問のハードルが高くなった影響は?
オフィスから読み取れる細かな社風

転職希望者が人材紹介会社を利用する理由の一つに、「求人票だけではわからない情報を知りたいから」というものがある。企業の内部情報や裏事情というよりは、第三者から見た社風や雰囲気を聞き、働くイメージを持ちたいようだ。人材紹介会社側もそういった情報の提供には注力しているが、最近はコロナ禍により、企業を直接訪問するハードルが高くなっている。

求人票に書かれていない情報とは

「A社はどんな雰囲気の会社ですか」

企業の求人票を見た転職希望者から、よくこんな質問をされる。社名や製品、サービスなどはホームページを見ればわかるが、職場の雰囲気までは読み取れない。

「営業以外は服装が自由で、夏はポロシャツを着ている人もいますよ。オフィスは整理されていて、すっきりしています。壁に目標数字やスローガンが大きく貼りだされているといったこともないですね」

人材紹介会社の良さは、このように求人票や求人広告には出ていない情報まで提供できることだ。業界内での立ち位置や仕事の進め方の違いといった情報だけでなく、実際に企業を訪問して見たり感じたりしたことも、伝えることができる。

オフィスの雰囲気

「オフィスの一部がしゃれたカフェのようになっていて、そこで打ち合わせをしている人もいました。しかも飲み物は無料だそうです。面接のときは、たぶんそこに通されますよ」

オフィスや福利厚生の情報を新卒向けに打ち出している企業は多いが、中途採用の場合は業務重視なのか、案外アピールする企業は少ないように思う。

転職希望者が少しでも興味を持ってくれれば、人材紹介会社にとってもありがたい。そこで、求人を出している企業を訪問するときは、社内の様子をできる限り観察するようにしている。

ところが、2020年は年初からコロナ禍に見舞われた。

「求人依頼は基本的にメールでお送りします。また、これまで定期的に行っていた紹介会社対象の『求人説明会』も、Zoomによるリモート会議方式で行う予定です」

外部との不要不急の接触をできるだけ減らしたいという企業が増え、こんなメールをよく受け取るようになった。実際にオフィスを訪問する機会も、ほとんどなくなってしまった。そのため、「求人票には出ていない情報」を集めることが難しくなっている。

特に課題なのは「新規の求人企業」だ。責任を持って紹介するために、どんな企業なのか最低一度は足を運んで現地を見るのが原則なのだが、それができない状況が続いている。

実際の雰囲気は現地に行かないとわからない

ただ、「求人企業の社内を直接見る」ことに関しては、コロナ禍以前から少しずつ変化はあった。

企業を訪問すると受付から応接室などに案内される。それは昔から変わらないが、かつては、受付からオフィス内を一望できる企業が多かった。応接セットが執務スペース内にあるケースも多く、求人票を受け取りながら大勢の社員が働いている様子を見ることができた。上司が部下を叱責する大きな声が聞こえてきて、その企業の営業の厳しさを実感することもよくあった。

現在は業務情報や個人情報の保持が重視されているので、そういったオフィスはまずない。受付と応接室をつなぐ動線からは、社内の様子が一切見えないのが普通だ。

そのため、「オフィス環境を見せていただいてもいいですか」と、わざわざ頼む。気軽にオフォス内を案内してくれる企業もあるが、社内規程の関係で本当に少ししか見られないところもある。近年は後者が増えてきていた。

それでも、実際に訪問すると細かい情報はいろいろと得られるものだ。廊下ですれ違う社員の服装や態度、雑談の様子。オフィス内がすっきりしているのか、グラフや垂れ幕などで埋め尽くされているのか。人が多いのか少ないのか。静かなのかガヤガヤしているのか。見学中に交わす人事との何気ない会話の中から、興味深い情報が出てくることも多い。

もちろん、現地で見つけた細かい情報は、おすすめの企業に興味を持ってもらうために提供するのが基本といえるだろう。よほどのことがなければ、ネガティブな情報を転職希望者に伝えることはない。この人には明らかに合わないだろうと思う企業は、そもそも紹介しないからだ。

いずれにしても、実際に企業に足を運ぶことで得られるものは、まだまだ多い。

コロナ禍が終息し、一日でも早く、企業を遠慮なく訪問できるようになってほしいものである。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
コロナ禍の転職に焦りは禁物
キャリアチェンジにも影響が……
中途採用市場では、長らく売り手市場が続いてきた。しかし、コロナ禍で一転して先が見通せなくなってきた。特に影響を受けそうなのが、これまでとは違う分野での仕事に挑戦...
2020/10/01掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
【用語解説 人事キーワード】
逆求人

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...