無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル

時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上げ、経済を活性化させていくためには欠かせない取り組みだろう。しかし、多くの企業にとって人材紹介会社は「経験者採用」「即戦力採用」のチャネルであり、異業種へのチャリアチェンジをめざす人材の希望になかなか応えられないのが現状だ。

意欲的な人材はいるのだが

「転職理由ですか? 一番大きいのは今の業界に将来性を感じられないことです。すぐに会社が潰れるほどではないと思いますが、10年後、20年後はかなり存続が危うい気がするんです」

世間では安定企業と言われる会社に勤務しながら、こういった理由で転職の準備を始める人は少なくない。古いビジネスから新しいビジネスへ「人材の流動性を高めることが不可欠」といった考え方はビジネス系メディアなどでもよく目にするところだ。そのためだろう、転職相談では成長分野の企業への紹介が可能か質問されることが多い。例えば、相談者からは次のような質問をよく受ける。

「私は今の業界で働いた経験しかありません。同じようなキャリアで異業種への転職に成功している人はいるのでしょうか」

人材紹介会社としては「可能性は十分ありますよ」と言いながらも、続けて「もちろんその方の職種や年齢、これまでのキャリアによります。そして希望や条件に合う企業の募集があるかによって、かなり左右されます」と付け加えることになる。

人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル

異業種転職のチャンスが比較的大きいのは、人事や経理に代表される管理部門の経験者だ。一方で営業や企画、マーケティング、技術系の職種などは、業界によって仕事の進め方がかなり異なるので、ベテランになるに従って紹介先が限られてくる。長期戦を覚悟してじっくり取り組むことが重要だ。

転職希望者の多くは、相談に来て初めて、こうした異業種転職の知識を知るようだ。現実を知って、まずはキャリアを強化しようと考える人もいる。

「ゲーム業界でプランニングの仕事をしたいんです。そのために専門学校で学びなおそうと思っています」

前向きな情熱は本当にすばらしいのだが、人材紹介会社としては「転職のための学び直し」はあまりおすすめできない。教育機関で学ぶにはそれなりの費用と時間がかかるが、それに対する企業の評価は十分とは言えないからだ。

また、会社を辞めて全日制の学校に通った場合、その期間を働いていない「ブランク」ととられるリスクもある。企業によっては、学び直しを「一種のモラトリアム志向」とネガティブに捉えてしまうところさえあるのだ。教育機関での学びを積極的に評価しないという日本の企業社会の傾向はまだまだ変わってないのが現状だ。このあたりは欧米を中心とする海外の事情との大きく違う。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

関連する記事