企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

採用時に求められる「情報の透明性」
「自社をよく見せる」ことは逆効果?

最近は採用難や人手不足が問題となっており、企業の人事担当者は採用を成功させるためにさまざまな努力を重ねている。自社をアピールする際に、採用の障害になるかもしれない情報をできるだけ伏せようとする企業も多いようだ。しかし、それが入社すればすぐにわかってしまうことであれば、得策にならないこともある。採用において、「情報の透明性」はますます大切になってきている。

ネガティブ情報もオープンにする時代

「この企業の場合、年間の平均残業時間はそうでもないのですが、年度の変わり目をはさむ2ヵ月くらいは非常に忙しいそうです。その期間は、平日夜にプライベートの予定を入れることは難しいでしょうね」

採用の障害になりそうなネガティブな情報はなるべく表に出したくない、という企業は多い。しかし、都合の悪い情報を隠したことで、入社早々に「話が違う」と退職されてしまっては元も子もない。そのため多くの人材紹介会社では、求職者に企業のネガティブな情報をしっかりと伝え、それを理解した上で応募してみたいという人のみを紹介するようにしている。

この日の転職相談では、繁忙期には業務が大幅に増えるという企業の事情を説明していた。反応は人によってまちまちだ。

「採用時に求められる「情報の透明性」「自社をよく見せる」ことは逆効果?」人材採用“ウラ”“オモテ”(日本の人事部)

「それは厳しいですね」とやんわり断ってくる人もいれば、「メリハリがつくのはいいんじゃないですか」「年平均の残業時間が多くないということは、繁忙期以外はかなり残業が少ないんですね」と前向きに考えてくれる人もいる。後者のような場合は少なくとも、入社後に「思っていたのと違う」ともめるリスクを回避できるはずだ。

実情を説明するには、企業から情報を聞いてしっかりと理解しておく必要がある。しかし、中にはまだ「情報の透明性」を高めることに積極的でない企業もある。

人事が「事前にすべてを伝えてしまうと採用ができない」と思っている企業は、特にこの傾向が強い。恒常的に残業が多い会社や、目標管理が非常に厳しい会社、職場環境が整備されていない会社などは、「できるだけよく見せよう」という意識が働いてしまうのだろう。

そういった企業の場合、「採用してしまえば何とかなる」と軽く考えていたり、もっとひどい場合には「何割かでも残ってくれればいい」と”歩留まり”を計算していたりすることもある。

このような企業を紹介してしまうと、人材紹介会社は転職希望者からの信頼を損ねてしまいかねない。多くの場合は事前に訪問した際になんとなくわかるのだが、まれに気付かないこともある。過去には、面接に行った転職希望者から「あの会社には問題があるんじゃないですか」と言われたこともあった。こうした企業は、あまり積極的に紹介しようという気になれないのが正直なところだ。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載となりの人事部
人材採用“ウラ”“オモテ”
自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...