企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に

新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員の関係にも一定の変化が生まれるかもしれない。転職という切り口から考えると、在宅勤務やオンラインミーティングの普及がもたらす影響は大きいのではないだろうか。

広がる職場との距離感

「今後、コロナショックで経済が低迷する可能性はかなり高いと思います。企業の採用姿勢も変わるかもしれませんし、今は転職活動をせず、様子を見た方がいいのでしょうか?」

新型コロナウイルス感染症の流行は、経済に大きな影を落としはじめている。人材紹介会社に登録している人たちからも、こうした問い合わせが多くなってきた。すでに退職している場合は別として、働きながら転職活動をしている人には次のように回答することになる。

“在宅勤務”は転職事情をどう変えるかイメージ写真

「転職で何を実現したいのかを再度確認してみましょう。その上で希望が実現できそうな企業からの求人があるなら、時期は関係ないと思います。どんな時でも人材を必要としている企業はあります」

リーマンショックなど過去の不況時にも、企業が一斉に採用を抑制することはなかった。いま、転職活動を休止する必要はないだろう。長期戦も覚悟し、自分の希望や条件に合う転職先が見つかるまで活動する「じっくりモード」に切り替える。それくらいに考えた方がいい。

ただ、今回のコロナショックには、これまでの景気変動とはやや異なる側面もある。人と人の接触をできるだけ減らすために、時差出勤やテレワークを導入するなど働き方が変化している。特に「在宅勤務」は、転職事情にもかなり影響を与えそうだ。

人材業界では、以前から「長期休暇の後は退職者が出やすい」と言われてきた。年末年始や夏休み、ゴールデンウィークなどの長期休暇中は、忙しい業務から解放され、家族や友人たちとじっくり話し合う機会がある。仕事だけでなく、人生について考えた結果、休暇明けに転職を希望する人が増えるとされてきた。

在宅勤務の定着は、労働者が職場から強制的に切り離され、一定の距離を置く期間が長く続くことを意味する。これが長期休暇と似た効果を持つ可能性は大いにあるだろう。今すぐではなくても、近い将来、転職を考える人が増えることは十分に考えられるのだ。

さらにコロナショックによって発生した、景気のまだら模様が重なる。需要が減った業界から需要が増えた業界へと労働力が移動するのは当然のことでもある。

「転職活動を完全にお休みにしてしまうと、いざというとき、つまり良い求人案件が出たときにすぐに動けません。履歴書や職務経歴書を常にアップデートしておく、情報収集を継続する、といった態勢を維持しておくことが大事です」

そう説明するとだいたいの方が納得してくれる。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
コロナ禍の転職に焦りは禁物
キャリアチェンジにも影響が……
中途採用市場では、長らく売り手市場が続いてきた。しかし、コロナ禍で一転して先が見通せなくなってきた。特に影響を受けそうなのが、これまでとは違う分野での仕事に挑戦...
2020/10/01掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
企業訪問のハードルが高くなった影響は?
オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高く...
2020/09/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載

関連する記事

酒場学習論【第12回】八戸「OLD SHOES」と転職者の受け入れ対応
気持ち的になかなか旅には出られないので、つい地方の酒場に想いを馳せます。今月ご紹介するのは、八戸「たぬき小路」にある「OLD SHOES」。素晴らしいバーです。
2020/09/18掲載編集部注目レポート
中途採用の面接官トレーニングには消極的? 「今後も実施の予定はない」が約半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、中途採用の面接官トレーニングについての結果を紹介します。
2020/07/21掲載人事白書 調査レポート
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
ハローワーク新システム開始!
人を集める求人票の書き方
今、人手不足はあらゆる業種で大きな問題となっています。特に中小企業では、大企業のように求人募集に割ける費用にも限りがあり、人手不足に頭を悩まされている企業も多い...
2020/05/22掲載人事・労務関連コラム

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。