人材採用ウラオモテ バックナンバー一覧

企業と求職者の仲介役である人材紹介会社のキャリアコンサルタントが、人材採用に関するさまざまなエピソードをご紹介します。

140件中 101120件を表示

「年収交渉代理人」としての人材紹介会社
職務経歴書の添削に熱心な人材紹介会社
転職の目的が「年収アップ」であるケースは多い。また、目標自体は「キャリアアップ」であっても、これまでの経験を生かしてのキャリアアップなら、年収アップも含まれる…と考える人は少なくない。それほど大事な年収だが、転職の際、自分で企業と交渉するのはそう簡単... [2008/09/29]
応募先企業を人材紹介会社に明かしたくない求職者
派遣社員として働くメリットが大きい仕事
転職活動で応募するのは一社だけという人は少数派。ほとんどの人が、複数の企業の面接を受けて(できれば内定までもらって)、比較検討した上で転職先を決めたいと思っている。しかし、人材紹介会社のキャリアカウンセラーには応募している企業名は明かしたくない…とい... [2008/08/25]
人材紹介会社が行う面接対策
採用業務を社長一人で担当する企業
採用試験の山場といえば何といっても「面接」。中途、新卒問わず、どの企業でも最も重視される選考プロセスである。逆に考えれば、求職者は面接で好印象を与えることができれば、合格に一気に近づく。だからこそ、数多の「面接対策本」「面接マニュアル」などが存在して... [2008/07/28]
キャリアコンサルタントの仕事に興味を示す求職者
グループ内に人材紹介会社が設立された企業
求職者が人材紹介会社を利用する最大のメリットは、キャリアコンサルタントの客観的な意見を聞きながら具体的な転職情報を入手できる点である。求職者が無事転職に成功した際には、「ありがとう」と言われることも多い、キャリアコンサルタントという仕事。求職者の中に... [2008/06/30]
引き継ぎがうまくいかず、入社日延期を希望
「大企業」にあくまでこだわる
内定をもらって条件調整もすませたら、転職活動はほとんど終わったような気分になるのは仕方ないかもしれない。しかし、内定先の会社に入社する前にはもう一仕事ある。それが「引き継ぎ」。後任がしっかり決まっていれば問題ないが、退職が決まってから後任を探す…とい... [2008/05/26]
人材紹介会社から紹介された人材は完璧だと思い込んでしまう企業
突飛な質問を企業にぶつける応募者
人材紹介の認知度が上がってきたとはいえ、新興企業などの場合、利用経験がないケースもまだまだ多いのではないだろうか。求人広告やハローワークなどに比べると、どうしても一人当たりの採用経費がかかるという印象があるようだ。専任の人事担当者を置かずに社長が自ら... [2008/04/25]
優秀だが転職には向いていないキャリアの求職者
あまり勧めたくないグレーな求人企業
転職に成功した方から知人を紹介してもらえるのは、人材紹介会社にとっては非常にうれしいことである。提供したサービスに満足してもらい、信頼してもらった証明だからだ。「とても良い方なので、ぜひお願いします…」と紹介されれば、ぜひその期待、信頼に応えたい…と... [2008/03/31]
転職して1年でまた転職
筆記試験は受けたくない
転職して1年程度でまた転職準備…というのは、やはりインターバルが短いといわざるをえない。短期間での再転職には何かとハンディが多いものだ。しかし、それでも大きな問題があったからこそ再び転職を考えているのだともいえる。そんな問題のある会社を紹介した人材紹... [2008/02/25]
仕事内容は希望通りだが、年収が下がることでためらう転職者
プライドにこだわるベンチャー企業
仕事のやりがいの問題、キャリアチェンジ、スキルアップ…など転職の目的は人によってさまざまだ。しかし、そういった仕事上の希望が満たされれば、年収が多少下がってもいいのか、というとそうはいかないケースもある。両方の面で満足したいと思って転職活動をしている... [2008/01/21]
面接日を2度も変更する企業
年俸制から月給制に変わることに違和感を覚える転職者
中途採用の選考過程で最も重視されているのが面接。企業も候補者も「その日」を期待と不安に満ちた気持ちで待っている。特に面接を受ける側(候補者)にとっては、大変な緊張とともに迎える日でもある。しかし、企業のさまざまな都合によって一度決めた面接日が変更され... [2007/11/26]
書類選考の結果がなかなか出なくて悩む転職者
1年前不採用となった応募者に再応募してほしいと考える企業
企業訪問開始から内定まで、半年程度かかるのが普通の新卒採用に比べると、転職、すなわち中途採用は1回から多くても3回程度の面接で決まる超短期決戦。それだけに、応募書類を送ったのに1週間返事がない、面接を受けたのに3日たっても結果が出ない…という場合、「... [2007/10/29]
一般企業への就職を希望する博士号取得者
転職する理由がなくなってしまった転職者
企業が「博士号取得者」の採用を積極的に行おうとしている、というニュースを見かけるようになった。逆にいえば、これまでは非常に少なかったということでもある。理工系の場合、修士号まで持った大学院修了者はもはや当たり前だが、やはり博士となると急に採用の敷居も... [2007/10/01]
候補者をプロファイリングする企業
育児支援制度を利用したい転職者
人材採用がますます難しくなっている現在、人事としては「少しでも間口を広げて、応募者を増やしたい」と考えるのが普通だろう。たしかに、候補者を増やさないことには話は始まらないのだが、短絡的に間口を広げてもいい結果が得られるとは限らない。実は逆転の発想の方... [2007/08/27]
部下の転職の世話をする上司
転職者の教育に力を入れない企業
転職に成功した後、その経験を踏まえて周囲の人にさまざまなアドバイスをする…という人は意外に少ないのではないだろうか。日本ではまだまだ「自分の成功をひけらかさない」という謙虚な姿勢を保つ人が多数派だからだ。しかし、何度か転職を重ねてくると、後輩の役に立... [2007/07/30]
転職活動も給与額も情報がオープンな時代
人事担当者が替わる会社、替わらない会社
キャリアアップのための転職が前向きに捉えられるようになってきた現在でも、「転職活動をしています」とは身内以外にあまり言わないのが一般的ではないだろうか。しかし、会社の同僚同士で転職について情報交換をしたり、なかには同じ会社に一緒に応募するようなケース... [2007/06/25]
志望動機書や説明会への参加を義務づける企業
手の込んだ職務経歴書を作成する人材
採用競争が一段と激しくなっている。各社とも良い人材を確保するために、選考プロセスを見直したり、スピードアップを図ったり…と工夫を重ねている。しかし、そんな流れに逆らうかのように、応募時の志望動機書を必須条件にしたり、会社説明会への参加を義務づけたりす... [2007/06/04]
異なる業界の風土にとまどう人材
さまざまな選考プロセスを試す企業
異業界への転職。営業や技術の場合、その業界独特の商品を扱うことが多く、業界をまたぐにはそれなりの覚悟や勉強が欠かせない。しかし、経理や人事、総務といった管理部門の場合は、特に業界にしばられない業務も多いため、あまり業界を気にせずに、転職先を探す人も多... [2007/04/23]
資格取得は一種のギャンブル
試用期間に利用される紹介予定派遣
専門的な資格を取得すれば転職や就職に有利ではないだろうか…。誰もが一度は考えることだろう。特に1990年代以降、就職難が続いたため、資格取得を目指した人も多かったはずだ。たしかに、司法試験や公認会計士、弁理士などの試験は超難関だが、合格すれば専門家と... [2007/03/26]
転職活動でストレスを解消する人材
採用活動でネガティブ情報を提供する企業
転職活動をしている人たちのほとんどは、転職を真剣に考えている。しかし、中には別の目的で活動をしている人もいるようだ。たとえば、仕事での不満やモヤモヤを、転職活動をすることで解消しようという人。また、将来が不安だから、「とりあえず転職活動でもしておこう... [2007/02/26]
内定後に連絡がとれなくなった人材
入社前に条件確認をおこたった人材
何か問題が起こったら関係各所にすぐ連絡を入れる。「報・連・相」がビジネス常識の初歩の初歩であることに疑いをはさむ人はいないだろう。ところが、転職活動となるとこれがまったくできない人がいるのは不思議なことだ。たしかに転職自体はプライベートなことだが、ビ... [2007/01/29]
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
部下から妊娠報告受けたらカムバ!ボス版

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


ダイバーシティ&インクルージョン特集

本特集では『日本の人事部』が注目している「シニア・ミドル」、「女性」の活躍推進に取り組む企業様にもおすすめなプログラムを中心にご紹介。ぜひ貴社のダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進にご活用ください。



注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。