人材採用ウラオモテ バックナンバー一覧

企業と求職者の仲介役である人材紹介会社のキャリアコンサルタントが、人材採用に関するさまざまなエピソードをご紹介します。

138件中 81100件を表示

慣れ過ぎも問題?
紹介会社のコンサルタントに逆提案する求職者
転職に際して、人材紹介会社を利用する人の割合はまだ少ない。徐々に増えつつあるが、求人サイトや転職情報誌を見て、自分で企業に履歴書を送る人の方が多いだろう。もっとも、人材紹介会社を利用して転職を何度も経験した人がいないわけではない。その多くは「紹介会社... [2010/03/29]
実は不安の裏返し?
採用条件に細かい外国人求職者
日本で働く外国人が増えているが、それに伴って、国内で転職するケースも増えてきている。転職に際しては、外国人は人材紹介会社をよく利用する。その割合は、日本人よりも高いかもしれない。もともと海外では、日本に比べて人材紹介の普及率が高く、外国人が利用するこ... [2010/02/22]
「数字」だけがすべてではない
売上目標以外で評価してもらいたい人材
会社の売上を伸ばすのが営業の仕事。もちろんそれは分かっているが、あまりにも数字のノルマが厳しいと、心身ともに疲れ果ててしまうこともある。そんな時、どういう会社への転職を考えるのだろうか――。 [2010/01/25]
不況時に、あえて転職すべきか悩む人材
~転職にはタイミングが重要~
就職、転職には「縁が大事」とよく言われるが、「タイミング」もそのひとつだろう。仕事内容や社風など、自分と相性が良いと思われる企業でも、ちょうどよいタイミングで人材を募集していなければ、縁がなかったということになる。そして、採用にはその時の景気が大きく... [2009/12/25]
人材紹介会社の実情は──?
本当の「キャリアチェンジ紹介」は可能か
本格的な少子高齢化社会の到来、環境を重視するエコ経済への転換…。働く人々を取り巻く社会や経済の状況は急速に変化している。当然、新しい時代に見合った仕事や勤務環境を求めて転職しよう、という人も増えていくだろう。そんな転職希望者の期待に人材紹介会社も応え... [2009/11/30]
対外的なイメージを考慮
書類選考に写真が必要な「あるポジション」
海外、特に欧米では人材採用に際して写真を求めることを禁止している国も多い。写真を見れば人種や性別、だいたいの年齢などが分かってしまうためだ。いわゆる就職差別をなくすためには写真はない方がよい、という考え方である。応募書類にも年齢(生年月日)や性別、人... [2009/11/02]
「損か得か」は考えない
好きな業界に関わり続けたい人材
新卒で就職活動をする際、多くの人がまずは「どんな業界で働きたいか」を中心に考えるのではないだろうか。日本の新卒採用は総合職採用が主なので、入社後に配属される部署や職種は、企業側が適性を見て判断するケースがほとんどだ。しかし、就職して一定のキャリアを積... [2009/09/28]
紹介ゼロから一転
景気回復の波に乗ったキャリア人材
薄日が射してきたかな…という感じもある世界経済。景気が本格的に回復してくると、人材紹介業界でもそれを実感できる傾向が現れる。「マネジャー、管理職を募集する企業が増える」ことだ。特に外資系企業では、不況になると年収が高い人材から人員削減の対象になったり... [2009/08/24]
企業と候補者の間に挟まれて…
人材紹介会社の悩みどころ
企業が人材紹介会社を利用して採用を行なうメリットの一つに、「ある程度のスクリーニングを行ってくれる」という点がある。企業が提示するスペック(経験や能力)に近い人材だけに絞り込んで紹介します…ということである。しかし、応募者側を見ると、「希望する企業に... [2009/07/27]
外資系ならではの「採用アウトソーシング活用法」
人材採用には面接、選考以外にもさまざまな実務がつきものだ。募集職種や条件のとりまとめ、求人広告の出稿、人材紹介会社への広報、面接日のセッティングや会場の確保…。その業務量は相当なものになる。当然、各社とも効率化にはいろいろと工夫をこらしている。その一... [2009/07/06]
世界不況で再就職を余儀なくされた人材
米国に端を発する金融危機、それに続く世界不況で規模の大小を問わず多くの企業がリストラを余儀なくされている。人件費の高いベテラン社員を中心に退職者を募る企業もあれば、戦力となっていない層から削減を進める会社もある。経験豊富な人材は別の企業でも活躍の場を... [2009/06/01]
長時間通勤は採用の合否に影響する?
採用選考の際に、居住地を合否の判断材料にはしないというのは、人事にとって基本だろう。しかし、長時間の通勤が業務に差し支えることが予想されるケースもないわけではない。家庭の事情で転居できないと最初から分かっている場合は、本人が通勤可能だと主張しても、企... [2009/05/01]
入社決定のポイントは企業の「採用熱意」
企業が気にする求職者の「健康問題」
転職にあたっては複数の企業に応募し、数社から内定をもらった上で、条件などを比較・検討して入社する企業を決めたい…という人がほとんどではないだろうか。イメージ先行で就職活動を行ないがちな学生に比べると、社会人の転職は現実的といえる。しかし、中には「あな... [2009/03/23]
「自己応募」と「紹介経由」、どちらが有利か?
「内定」と「ほぼ内定」の境界線とは?
景気が悪化していても、人材採用を行なう企業は少なくない。円高の恩恵を受け、業績が上がっている業界もあるし、いわゆる「巣ごもり消費」を支える企業などは今がチャンスと意気込んでいたりする。しかし、そんな企業でも「採用のための“予算”は減らすのではないか…... [2009/02/23]
都市部からの人材確保が困難な地方企業
本社の経営事情で採用が左右される外資系企業
首都圏、とりわけ東京への人口の一極集中により、地方との「人材格差」が問題になっている。地方では人材が採用しにくいから企業が育たない、有望企業が少ないとさらに多くの人材が都市部に流出する…といった負のスパイラルが出来上がっているようだ。東京にある人材紹... [2009/01/26]
留学経験者は転職に不利?
語学力アップは入社後でも大丈夫?
国際的な業務の拡大や外資系企業の増加に伴い、仕事に語学が求められるケースが増えている。語学が堪能な人材は、転職時にも有利であることは間違いないが、まず思い浮かぶのが「海外留学経験者」だろう。実際、長期・短期問わず、何らかの形で留学したことのある人材は... [2008/12/22]
第一志望の企業をあきらめきれない人材
入社後に上司の退職を知らされた人材
候補者に内定を出し、無事入社すれば採用活動は終了する。しかし、その採用が成功だったかどうかは、しばらく働いてからではないと分からない…というのが一般的だろう。ところが、中には「しばらく」どころかあっという間に退職してしまう人材もいる。ひょっとしたら最... [2008/11/21]
正式な採用辞令が待てなかった求職者
前任者の退職理由を明かしたくない企業
「いざ転職してみたら聞いていた条件と違っていた!」…こんなトラブルがないように、入社前に給与などの待遇や条件について、書面でしっかり確認するのは基本中の基本。人材紹介会社が仲介する場合には、当然、候補者の方に「正式に書面で確認ができるまでは退職手続き... [2008/10/31]
「年収交渉代理人」としての人材紹介会社
職務経歴書の添削に熱心な人材紹介会社
転職の目的が「年収アップ」であるケースは多い。また、目標自体は「キャリアアップ」であっても、これまでの経験を生かしてのキャリアアップなら、年収アップも含まれる…と考える人は少なくない。それほど大事な年収だが、転職の際、自分で企業と交渉するのはそう簡単... [2008/09/29]
応募先企業を人材紹介会社に明かしたくない求職者
派遣社員として働くメリットが大きい仕事
転職活動で応募するのは一社だけという人は少数派。ほとんどの人が、複数の企業の面接を受けて(できれば内定までもらって)、比較検討した上で転職先を決めたいと思っている。しかし、人材紹介会社のキャリアカウンセラーには応募している企業名は明かしたくない…とい... [2008/08/25]
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
マイナビならではの新入社員研修 ANAの研修サービス
<アンケートのお願い>副業・兼業に関するアンケート

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


従業員のヘルスケア特集

本特集では、従業員の心と身体の健康管理に役立つ多彩なプログラムをご紹介。これを機に、自社のヘルスケアの取り組みについて見直してみませんか。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...