企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ



人材採用ウラオモテ バックナンバー一覧

企業と求職者の仲介役である人材紹介会社のキャリアコンサルタントが、人材採用に関するさまざまなエピソードをご紹介します。

146件中 81100件を表示

キャリアアドバイザーの腕の見せ所
求職者のキャリアの幅を広げる「提案型紹介」
未経験でもキャリアを活かせる!?理系人材への「提案型紹介」 [2010/11/29]
企業の内情をどこまで公開するべきか――?
求職者への情報の伝え方
求職者から人材紹介会社に対して、「企業の内情、雰囲気などを教えてほしい」という希望が寄せられることがある。たしかに転職サイトなどの記事や求人票を見ただけでは分からない情報だ。表面的には良い会社でも実は問題があるという企業は、あらかじめ避けておきたいと... [2010/10/25]
転職のためのツールがいつしか目的に――
留学で身につけた「英語力」を活かしたい求職者
キャリアアップを目指して勉強したり、資格をとったりする人は多い。そんなキャリアのための努力の中でも、一生における大きな「ターニングポイント」になるのが「留学」だろう。社会人の場合、企業からの派遣というケース以外は、会社を辞めるか休職しなくてはならない... [2010/09/27]
同業他社に転職するか、自社に留まるか――
条件によって変わる、求職者の会社選び
世界景気の先行きは不透明だが、足元では売上が伸び、業績が改善している業種もあるようだ。採用を極端に控えていた企業のなかにも、必要に迫られて増員に転じるケースが出てきている。しかし、欲しくなったからといってすぐに人材を採用できるとは限らないのが「中途採... [2010/08/30]
いつまでも「紹介」できるとは限らない
人材紹介会社と企業のシビアな関係
人材紹介会社が企業に人材の「紹介」を行うには、まず企業と契約を結ばなくてはならない。一般的には、紹介料や守秘義務などを定めた書類を取り交わすが、企業は何社もの人材紹介会社と契約することも珍しくないので、負担と感じる場合もあるようだ。人事担当者が交代し... [2010/07/26]
「嘘も方便」とは考えられない、求職者の心情
転職活動中は誰でも神経質になりがち。一生のうちにそう何度も経験することではないから、不安になったり細かいことが気になったりする。イライラしている状態、さらには普段の判断力を失った状態で転職先を決めてしまい、後で冷静になってから後悔する…というケースも... [2010/06/28]
慎重に行いたい「第二新卒」の転職相談
かつては「石の上にも三年」と言われたものだが、「第二新卒」という言葉が定着した頃から、自分に合わない環境で長く我慢するのは時間の無駄…と考える人が増えているようだ。しかし、人材紹介会社は基本的に「キャリアを活かした転職」を支援するシステム。新入社員の... [2010/05/31]
安定志向の人ばかりではない
将来の夢の実現に向けて、転職先を選ぶ人材
「定年まで同じ会社で働きたい」と考える新卒社員が多くなるなど、仕事に安定を求める人は確実に増えている。そんななか、「どうせ安定が得られないなら自分のやりたいことをやろう」と考える人が転職の現場でもみられるようになってきた。 [2010/04/26]
慣れ過ぎも問題?
紹介会社のコンサルタントに逆提案する求職者
転職に際して、人材紹介会社を利用する人の割合はまだ少ない。徐々に増えつつあるが、求人サイトや転職情報誌を見て、自分で企業に履歴書を送る人の方が多いだろう。もっとも、人材紹介会社を利用して転職を何度も経験した人がいないわけではない。その多くは「紹介会社... [2010/03/29]
実は不安の裏返し?
採用条件に細かい外国人求職者
日本で働く外国人が増えているが、それに伴って、国内で転職するケースも増えてきている。転職に際しては、外国人は人材紹介会社をよく利用する。その割合は、日本人よりも高いかもしれない。もともと海外では、日本に比べて人材紹介の普及率が高く、外国人が利用するこ... [2010/02/22]
「数字」だけがすべてではない
売上目標以外で評価してもらいたい人材
会社の売上を伸ばすのが営業の仕事。もちろんそれは分かっているが、あまりにも数字のノルマが厳しいと、心身ともに疲れ果ててしまうこともある。そんな時、どういう会社への転職を考えるのだろうか――。 [2010/01/25]
不況時に、あえて転職すべきか悩む人材
~転職にはタイミングが重要~
就職、転職には「縁が大事」とよく言われるが、「タイミング」もそのひとつだろう。仕事内容や社風など、自分と相性が良いと思われる企業でも、ちょうどよいタイミングで人材を募集していなければ、縁がなかったということになる。そして、採用にはその時の景気が大きく... [2009/12/25]
人材紹介会社の実情は──?
本当の「キャリアチェンジ紹介」は可能か
本格的な少子高齢化社会の到来、環境を重視するエコ経済への転換…。働く人々を取り巻く社会や経済の状況は急速に変化している。当然、新しい時代に見合った仕事や勤務環境を求めて転職しよう、という人も増えていくだろう。そんな転職希望者の期待に人材紹介会社も応え... [2009/11/30]
対外的なイメージを考慮
書類選考に写真が必要な「あるポジション」
海外、特に欧米では人材採用に際して写真を求めることを禁止している国も多い。写真を見れば人種や性別、だいたいの年齢などが分かってしまうためだ。いわゆる就職差別をなくすためには写真はない方がよい、という考え方である。応募書類にも年齢(生年月日)や性別、人... [2009/11/02]
「損か得か」は考えない
好きな業界に関わり続けたい人材
新卒で就職活動をする際、多くの人がまずは「どんな業界で働きたいか」を中心に考えるのではないだろうか。日本の新卒採用は総合職採用が主なので、入社後に配属される部署や職種は、企業側が適性を見て判断するケースがほとんどだ。しかし、就職して一定のキャリアを積... [2009/09/28]
紹介ゼロから一転
景気回復の波に乗ったキャリア人材
薄日が射してきたかな…という感じもある世界経済。景気が本格的に回復してくると、人材紹介業界でもそれを実感できる傾向が現れる。「マネジャー、管理職を募集する企業が増える」ことだ。特に外資系企業では、不況になると年収が高い人材から人員削減の対象になったり... [2009/08/24]
企業と候補者の間に挟まれて…
人材紹介会社の悩みどころ
企業が人材紹介会社を利用して採用を行なうメリットの一つに、「ある程度のスクリーニングを行ってくれる」という点がある。企業が提示するスペック(経験や能力)に近い人材だけに絞り込んで紹介します…ということである。しかし、応募者側を見ると、「希望する企業に... [2009/07/27]
外資系ならではの「採用アウトソーシング活用法」
人材採用には面接、選考以外にもさまざまな実務がつきものだ。募集職種や条件のとりまとめ、求人広告の出稿、人材紹介会社への広報、面接日のセッティングや会場の確保…。その業務量は相当なものになる。当然、各社とも効率化にはいろいろと工夫をこらしている。その一... [2009/07/06]
世界不況で再就職を余儀なくされた人材
米国に端を発する金融危機、それに続く世界不況で規模の大小を問わず多くの企業がリストラを余儀なくされている。人件費の高いベテラン社員を中心に退職者を募る企業もあれば、戦力となっていない層から削減を進める会社もある。経験豊富な人材は別の企業でも活躍の場を... [2009/06/01]
長時間通勤は採用の合否に影響する?
採用選考の際に、居住地を合否の判断材料にはしないというのは、人事にとって基本だろう。しかし、長時間の通勤が業務に差し支えることが予想されるケースもないわけではない。家庭の事情で転居できないと最初から分かっている場合は、本人が通勤可能だと主張しても、企... [2009/05/01]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』管理職育成特集

管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。



『日本の人事部』新人研修特集

社会人としての基礎固めと早期戦力化を促すプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...