企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ



人材採用ウラオモテ バックナンバー一覧

企業と求職者の仲介役である人材紹介会社のキャリアコンサルタントが、人材採用に関するさまざまなエピソードをご紹介します。

151件中 4160件を表示

タイミングを狙った引き止め策? 退職直前で転職を見合わせた求職者
人材紹介会社の転職相談に来た人が、必ずしも全員転職するわけではありません。自分の「市場価値」を知りたいだけの人や職場の不満をぶつけて発散したいだけの人もいます。本当に転職しようとして相談に来たものの、さまざまな理由で思いとどまるケースもあります。また... [2014/10/06]
人材不足の中で繰り広げられる採用合戦 「優先紹介」は可能なのか――?
「人手不足」がニュースになっています。特に建設関係の技術者や技能者、飲食・サービスの店舗スタッフなどの不足が話題になることが多いのですが、こうした職種を扱う人材紹介会社は限られています。人材紹介の業界では、この数年間、スマートフォン分野のITエンジニ... [2014/09/01]
転職希望者が心変わり!?
人材紹介に影響を及ぼす「夏休み」
「長期休暇明けは採用の絶好のチャンス」という話を聞いたことのある方もいるだろう。ところが実際は少し勝手が違うようで……。企業側の採用活動が停滞気味になるのと同時に、転職希望者の心変わりを引き起こすきっかけも潜む長期休暇。夏休み明けには想定外の出来事が... [2014/08/04]
内定後に「雲隠れ」する転職者の心理
複数の企業から内定が出た場合、入社する会社以外はすべて辞退しなくてはなりません。転職活動ではよくあることですが、せっかく内定をくれた会社に辞退を伝えるのは、やはり気が重いもの。しかし、人材紹介会社を経由して転職活動を行う場合は、基本的に紹介会社に辞退... [2014/07/07]
「2度目の五月病」をきっかけに転職する第二新卒
まだまだキャリアも浅く、将来像も曖昧な第二新卒さん。良いところ・悪いところを引き出して、どんなキャリア設計の指針を示してあげられるかは、キャリアコンサルタントの力の見せ所です。親身になって相談に乗ってあげた結果、見事内定!しかし!企業担当者の口から出... [2014/05/12]
転職相談で「ガス抜き」する求職者
4月は入社の季節。街中で真新しいスーツを身にまとった若者たちを目にする機会が増えます。自分が新人だった頃を思い出して、初心にかえる人も多いことでしょう。同時に期の変わり目でもある春は、組織変更や人事異動がもっとも多い時期。新しい部署に慣れるまでには何... [2014/04/07]
「きめ細かいサポート」と「大きなお世話」の境界線
人材紹介会社の多くは「入社までのきめ細かいサポート」をウリにしている。転職が初めての人の場合、新卒で就職活動を行った時以来の面接なので、不安だという人も多い。そんな時には、模擬面接を行って雰囲気に慣れてもらうこともある。また、気になるクセや話し方、服... [2014/03/03]
ビジネスライクな関係を求める転職者とのつき合い方
人材紹介を利用する際には、キャリアアドバイザーという「人」が介在することが大きな特色です。転職希望者と対面して相談を受け、信頼関係を築いた上で求人情報を紹介するのが一般的なやり方ですが、忙しい現役ビジネスパーソンの中には、「自分で探す時間がない」とい... [2014/02/03]
外国人の求職者を日本企業に紹介する難しさ
日本企業でも外国人の採用が増えているという記事を、新聞などでよく目にするようになりました。しかし、新卒採用が中心で、外国人の中途採用は積極的に行われていないのが実情。外国人を優先的に採用するとしたら、海外拠点とのコミュニケーションを担当する「外国人枠... [2014/01/06]
中高年に厳しい「年齢ミスマッチ」のケース
採用したい企業と就職・転職したい人材がいるのに、さまざまな理由でうまくいかないことがあります。特にミスマッチが起こりやすいのは、転職の際の「スキル」と「年齢」の問題。企業側では高いスキルを持った人材を求めながらも、一方で給料が安い若手を採用したがる傾... [2013/12/02]
転職先の紹介は早い者勝ち?
激しい紹介会社間の争いとは
転職を希望する人材がインターネットを使って複数の紹介会社にエントリーするのは当たり前の時代。企業側でも、場合によっては数十社もの紹介会社に求人票を送ることがあります。そうなると、ある人材に同じ求人案件が集中するケースは珍しくありません。そこで、求人企... [2013/11/01]
転職者と企業のすれ違い
紹介におけるマッチングの難しさとは
転職者が入社して働きはじめた後に、不幸にしてミスマッチが起こるケースは少なくありません。もしミスマッチが誤解によるものなら、話し合いで解決することは可能です。その時に企業と転職者の仲介役になるのも、人材紹介会社の重要なサービスの一つ。しかし、話がこじ... [2013/10/07]
「親に決められた」就職が転職の動機に?
希望する業界に行けなかった転職希望者の思い
近年、わが子の就職活動に親が熱心に取り組む、いわゆる「親の就活」が話題になっています。親が子の就職に口出しをすることは昔からよくありました。安定した職についてもらいたい、子供に幸せになってほしいというまさに“親心”からですが、子供側からすれば親に反対... [2013/09/02]
転職希望者へどう答える?
ブラック企業かどうかの判断の難しさ
ブラック企業は勤務環境が過酷で、離職率が高いなど、いわゆる「人材の使い捨て」というイメージがあります。就職や転職の際には「ブラック企業は絶対に避けたい」と考える人がほとんどでしょう。しかし、ある企業がブラックかどうかを見極めるのはそう簡単ではありませ... [2013/08/05]
進んでいない「社会貢献型」転職への対応
この20年ほど、人材紹介は、その取り扱い範囲を拡大してきました。規制緩和によって紹介可能な職種が増えたことに加え、20代の若手人材の転職が増えたり、「新卒紹介」や「外国人・留学生」の紹介などが注目されたりしていることも大きいといえます。一方で需要はあ... [2013/07/01]
好況時に優秀な人材を採用する難しさ
景気が上向きに転じると、同じような求人が乱立して競争が厳しくなったり、転職希望者が忙しくなって転職活動をできなくなったりと、難しい問題が出てくるため、好況になったからといって喜んでいられないのが人材紹介。優秀な人材を採用するために、どのような対応をし... [2013/06/03]
キャリア人材よりも難しい「若者の転職相談」
人材紹介の手数料は、採用された人材の年収に連動するのが基本。つまりキャリア豊富なベテランを紹介すると紹介手数料は高くなりますが、20代の若手だと手数料はそれなりの金額ということになります。しかし、「やりたいこと」と「できること」が一致しているケースが... [2013/05/07]
広がるネット情報とどうつき合うか
企業、人材紹介会社それぞれの対応とは
インターネットの充実は、転職の際の情報収集に大きな変化をもたらしました。以前であれば、企業の内部事情などは、その会社に知り合いがいない限り、知りようがありませんでしたが、最近ではクチコミ情報の専用サイトや掲示板を見れば、多くの企業の社内の雰囲気などの... [2013/04/01]
求めるのは「打率」か「ホームラン」か 企業によって異なる人材紹介会社への期待
人材紹介会社には独自の製品やサービスがあるわけではない。人材を紹介するためには、募集要項の条件を満たす人材とまず出会うことが必要になる。小規模な紹介会社では、登録している転職希望者の絶対数が多くないのが実情。そのため、ハイスペックな求人に対しては年に... [2013/03/04]
「博士」の採用に二の足を踏む企業
中途採用に重要な要素の一つにタイミングがあります。優秀な人材がいたとしても、社内に空きがないと採用できません。逆に採用したくなった時には良い人材の応募がないということはよくあるもの。もう一つは決断力です。平均的にレベルの高い人材を採用するか、多少バラ... [2013/02/04]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


組織活性化特集

本特集では、組織活性化をはかるためのセミナーやサービス、資料をご紹介いたします。ぜひ貴社の変革を促すヒントを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。