人材採用ウラオモテ バックナンバー一覧

企業と求職者の仲介役である人材紹介会社のキャリアコンサルタントが、人材採用に関するさまざまなエピソードをご紹介します。

138件中 4160件を表示

転職希望者へどう答える?
ブラック企業かどうかの判断の難しさ
ブラック企業は勤務環境が過酷で、離職率が高いなど、いわゆる「人材の使い捨て」というイメージがあります。就職や転職の際には「ブラック企業は絶対に避けたい」と考える人がほとんどでしょう。しかし、ある企業がブラックかどうかを見極めるのはそう簡単ではありませ... [2013/08/05]
進んでいない「社会貢献型」転職への対応
この20年ほど、人材紹介は、その取り扱い範囲を拡大してきました。規制緩和によって紹介可能な職種が増えたことに加え、20代の若手人材の転職が増えたり、「新卒紹介」や「外国人・留学生」の紹介などが注目されたりしていることも大きいといえます。一方で需要はあ... [2013/07/01]
好況時に優秀な人材を採用する難しさ
景気が上向きに転じると、同じような求人が乱立して競争が厳しくなったり、転職希望者が忙しくなって転職活動をできなくなったりと、難しい問題が出てくるため、好況になったからといって喜んでいられないのが人材紹介。優秀な人材を採用するために、どのような対応をし... [2013/06/03]
キャリア人材よりも難しい「若者の転職相談」
人材紹介の手数料は、採用された人材の年収に連動するのが基本。つまりキャリア豊富なベテランを紹介すると紹介手数料は高くなりますが、20代の若手だと手数料はそれなりの金額ということになります。しかし、「やりたいこと」と「できること」が一致しているケースが... [2013/05/07]
広がるネット情報とどうつき合うか
企業、人材紹介会社それぞれの対応とは
インターネットの充実は、転職の際の情報収集に大きな変化をもたらしました。以前であれば、企業の内部事情などは、その会社に知り合いがいない限り、知りようがありませんでしたが、最近ではクチコミ情報の専用サイトや掲示板を見れば、多くの企業の社内の雰囲気などの... [2013/04/01]
求めるのは「打率」か「ホームラン」か 企業によって異なる人材紹介会社への期待
人材紹介会社には独自の製品やサービスがあるわけではない。人材を紹介するためには、募集要項の条件を満たす人材とまず出会うことが必要になる。小規模な紹介会社では、登録している転職希望者の絶対数が多くないのが実情。そのため、ハイスペックな求人に対しては年に... [2013/03/04]
「博士」の採用に二の足を踏む企業
中途採用に重要な要素の一つにタイミングがあります。優秀な人材がいたとしても、社内に空きがないと採用できません。逆に採用したくなった時には良い人材の応募がないということはよくあるもの。もう一つは決断力です。平均的にレベルの高い人材を採用するか、多少バラ... [2013/02/04]
転職者の「夢への近道」を考えた転職サポートとは
キャリアコンサルタントは、転職者が思い描く将来の働き方を実現するために、時には「希望と異なる道筋」をすすめることがあります。外資系企業への入社を希望する人材を国内企業に紹介する時、あるいは大手志向の人材をベンチャー企業に紹介する時――どんな場合でも、... [2013/01/07]
人材紹介会社のキャリアコンサルタント
その仕事の実態と、求められる経験とは――?
人材紹介会社を利用して転職する人の数は毎年増えています。管理職クラスやハイレベルなエンジニアを中心に紹介するかつてのイメージは、すっかり過去のものになりました。社数が大幅に増えているので、転職相談を行うキャリアコンサルタントの需要も大きくなっています... [2012/12/03]
「代理人交渉」を嫌がる企業
候補者に直接条件提示したいその理由とは
人材紹介の場合、内定を通知するのも、給与や入社日を調整するのも、紹介会社を通すのが一般的ですが、なかには候補者を呼んで直接行いたいという企業もあります。「公募を中心に行っているので、その方が慣れている」「候補者の本音を直接聞きたい」など、企業側の理由... [2012/11/05]
留学経験があまり評価されない転職市場
企業が考える「グローバル人材」に必要な要件とは?
グローバル人材を採用したい企業にとっては、当然、海外の大学への留学経験者などはその候補といえるでしょう。ところが、中途採用市場では、留学経験が評価されないケースが少なくありません。その背景には何があるのでしょうか――。 [2012/10/01]
情報提供が採用活動の成果につながる――?
「不採用の理由」を伝えるメリットとは
人材紹介においては、推薦した候補者が不採用になった場合、企業からその理由についてフィードバックを受け、きちんと分析しておくことが、次につなげるための大切な作業といえます。しかし、不採用の理由をはっきりと教えてもらえないことが少なくありません。企業側に... [2012/09/03]
「本音」を語ってくれない求職者
心の壁を崩すために必要なこととは
転職を希望する理由は人によってさまざまです。表向きの理由は「キャリアアップしたい」「やりがいのある仕事をしたい」といったように前向きでも、突き詰めれば「年収をアップさせたい(お金が欲しい)」「仕事ができる人と思われたい(カッコよくなりたい)」といった... [2012/08/06]
内定が出ても「転職成功」まではまだ半分
求職者が越えなければならないハードルとは?
在職しながら転職活動を行う場合、今勤めている会社を円満退職できるよう、準備を進めておく必要があります。即戦力として期待される中途採用の場合、新しい職場では出社を首を長くして待っているのが普通。退職交渉、引継ぎなどにあまり時間がかけられない状況の中で、... [2012/07/09]
「現場」と「人事」の求める人材像の違い
新任マネジャーが重視したものとは
「営業力」には、コミュニケーション能力のほかに、商品の理解力や取引先の課題分析力、提案力、さらにはトラブル発生時の臨機応変な対応力など、さまざまなスキルが必要とされます。それだけに各社とも営業人材の選考には工夫を凝らしていますが、時にはそんな「実力」... [2012/06/04]
「残業手当」100%支給にこだわる求職者
裁量の範囲が大きいオフィスワーカーや開発職などで、「みなし労働時間制」を導入している企業は多くあります。ところが最近、残業手当の有無や支給状況を気にする人が現れてくるようになりました。勤務時間が長くなりがちなIT業界、特にエンジニアなどにその傾向が目... [2012/05/07]
経験やスキルより「ストレス耐性」で採用する企業
中途採用での主な選考基準といえば、経験・スキル・意欲・人柄などが挙げられますが、今はそこに「ストレス耐性」が新たに加わろうとしています。近年注目されているのは、単に忍耐強いとか前向きであるといった「気持ちの問題」よりも、仕事のストレスに耐えられる精神... [2012/04/02]
転職意思のない人材をその気にさせるのは、至難の業
人材紹介とヘッドハンティングの違い
人材紹介とよく似たサービスに「ヘッドハンティング」があります。いずれも企業からのオーダーに従って適切な人材を紹介するというものですが、大きな違いは、人材紹介がもともと転職を希望して登録した人の中から候補者を選ぶのに対して、ヘッドハンティングは転職希望... [2012/03/05]
社風や仕事内容は、本当に合っている?
時期尚早な転職先の決断が、後悔へとつながった求職者のケース
転職を成功させる上で重要なのが、転職先の社風や仕事内容と自分との相性をじっくり見極めることでしょう。しかし、実際に転職活動を行っていると、早い決断を迫られることがあります。企業側が採用を急いでいる場合や、求職者側が経済的な事情で早く働きたいと焦ってい... [2012/02/06]
自社案件にこだわり、求職者を迷わせる人材紹介会社
多くの人材紹介会社が「求職者にとってベストの進路をおすすめする」というポリシーを掲げているでしょう。しかし、自社案件と他社案件が並行して進んでいる場合、どちらがより良い案件なのか、客観的に見極めるのは難しいもの。自分たちが長く取引している企業の方が内... [2012/01/06]
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
ANAの研修サービス TECH::CAMPのエンジニア人材紹介
<アンケートのお願い>副業・兼業に関するアンケート

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


従業員のヘルスケア特集

本特集では、従業員の心と身体の健康管理に役立つ多彩なプログラムをご紹介。これを機に、自社のヘルスケアの取り組みについて見直してみませんか。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...