企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事部だけでなく社員全員が参加して現状を変えていく
働き方改革を自分ごと化するオカムラの「WiL-BE」

株式会社オカムラ 執行役員 コーポレート担当 CHRO(人事部・人財開発部・お客様相談室・サステナビリティ推進部)

佐藤喜一さん

コロナ禍で急速に進むペーパーレス化やチャット活用

残る三つのアクションについてもお聞かせください。

佐藤喜一さん(株式会社オカムラ 執行役員 コーポレート担当 CHRO(人事部・人財開発部・お客様相談室・サステナビリティ推進部))

二つ目のアクションは「Work Rule」です。人事部が主体となって働きやすい制度を作り、運用・定着を進めています。

制度づくりだけでなく、さまざま取り組みを進めていますが、その中に「カエル!プロジェクト」というものもあります。職場ごとにチームを作り、業務改善や効率化のために自分たちは何ができるかを考え、実行しています。当初は「カエル」にかけて、みんなが早く帰れるように会議のやり方を変える、朝の段階で「○時に帰ります」と宣言する早帰りカードをPCに貼るなど、意識を変えるアクションを行ってきました。

現在は、ペーパーレス化に力を入れています。コロナウイルス感染防止のため在宅勤務をしてきましたが、伝票処理でどうしても事務所に出なければいけない社員もいました。「カエル!プロジェクト」の今年の活動としてペーパーレス化を全社目標に掲げ、各職場で進めているところです。

コロナ禍で明らかになった課題に対して、さっそく取り組んでいらっしゃるのですね。

はい。三つ目のアクションである「Work Smart」も、現状に対応していくためには欠かせません。これは業務改革部が中心となってICT環境を整え、仕事力と業務効率をアップする取り組みです。これまでにはRPAの導入やOffice365などの導入を進めてきました。最近では社内メールではなくMicrosoft Teamsのチャットを活用するようになっています。RPAの導入によって年換算で4,350日分の仕事が削減できたという結果も出ています。

単に効率化を呼びかけているだけではありません。職場ごとに「どれだけチャットを活用できているか」「チャットでどれくらい発信しているか」など具体的な目標を立て実績を検証しています。私たち役員も、目標を持っているんですよ。1ヵ月間にチャットを使う回数やチャットによる発信など目標を数値化しています。達成状況はオープンに公開されますから、「自分はデジタルにうとくて……」などとは言っていられません。最近では役員の会議の資料もTeamsで共有するなど効率化を図っています。

そして四つ目が、オカムラのビジネスの根幹でもある「Work Place」の取り組みです。ワークデザイン研究所とスペースデザイン部が主導して自分たちで働く環境を変え、効率と創造を高めていき、実績を検証して得られた成果をもとにお客さまへも提案していきます。

図:WIILL-BE 推進委員会

直近ではアフターコロナを見据えて「アフターコロナにむけたワークプレイス戦略」を発表しました。当社では、アフターコロナを「ワクチンが開発・承認され、社会へ広く行き渡った段階」と定義しています。現在は「感染防止に最大限留意しながら経済活動を進めていく」ウィズコロナの段階で、しばらくはこの状況が続くのではないでしょうか。在宅勤務やシェアオフィスでの勤務など働く場所は多様化しています。「オフィスへの出社率100%」は、今後はもうあり得ないのではないかとも考えます。当社は現在(取材日:2020年7月上旬)で出社率50%の勤務体制で業務を進めていますが、これが妥当かどうかも含め、今後とも検証していきます。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった2
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ2
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが参考になったでオススメしました
東京都 その他メーカー 2020/08/07

 

ベルオリンさんが参考になったでオススメしました
大阪府 信販・クレジット・リース・消費者金融 2020/07/30

 

2件中 1~2件を表示
  • 1

となりの人事部のバックナンバー

サトーホールディングス株式会社:
サトーホールディングスが実践する「あくなき創造」を実現するための組織づくり
自ら考え、行動し、変化を起こす人財を生み出す「三行提報」と「タレントマネジメント」
2020年10月に創業80周年を迎えたサトーホールディングス株式会社。ラベルやラベルプリンタの製造・販売、自動認識ソリューションなどを主力事業に、国内26都道府...
2020/10/14掲載
ライオン株式会社:
人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは
eラーニングなどの仕組みを作っても、使われなければ意味がありません。Edテックという概念もあるように、昨今は学び方が多様化していますが、ベースになるのは本人の主...
2020/08/07掲載
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載

関連する記事

「ジョブ型」というマジックワードから制度議論へ(リクルートワークス研究所)
「リモートワークは仕事の進捗が把握しづらいので、職務を詳細に定めたジョブ型制度を導入して成果を評価していくべきだ」。そんな記事を目にする機会が増えた。たしかにリ...
2020/10/09掲載HR調査・研究 厳選記事
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第9回】
組織人でありながら、キャリア・オーナーシップを持つために――プロティアンの6タイプを意識しよう
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/07/27掲載編集部注目レポート
カギは「企業の繁栄」と「労働者の幸せ」の両立
組織の強みを引き出す、法との向き合い方
慢性的な長時間労働に歯止めをかける時間外労働の上限規制、雇用形態によらず仕事内容に見合う待遇を設ける同一労働同一賃金、そして、企業が職場のパワーハラスメント防止...
2020/07/08掲載編集部注目レポート
1on1の導入割合は4割超。上司の傾聴力が成功の鍵に
『日本の人事部 人事白書2020』から、1on1ミーティングについての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは
新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さまざまな企業活動がストップしたのは言うまでもない。Ash(アッシュ)、NYNY(ニューヨー...
2020/06/26掲載注目の記事

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。