企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ハドルミーティング ハドルミーティング

「ハドルミーティング(Huddle Meeting)」とは、ビジネスシーンにおいて必要なタイミングと必要なメンバーで、10分から30分ほどの短時間で行うミーティングのこと。「ハドル」とは、アメリカンフットボールの試合中に行われる作戦会議のことで、フィールド上で選手たちが円陣を組み、数十秒間で情報共有や次のプレイの指示・伝達を行います。これをビジネスシーンに応用したもので、早期の課題解決や目線合わせが可能なほか、会議時間の短縮による生産性向上も期待できるため、導入する企業が増えています。

ハドルミーティングのケーススタディ

必要なときに必要なメンバーと素早く会議を行う
ハドルミーティングのメリットとは

アメリカンフットボールのハドルでは、どのようなことが話し合われているのでしょうか。直前のプレイの良しあし、対戦チームの戦術、選手の癖や弱点、次の一投の戦術の確認など、単に選手同士で士気を高め合うのではなく、次のプレイの明暗を分ける濃密なミーティングが短時間で行われています。

働き方改革が進んでいる現在も、無駄な会議は存在し続けています。上司が一方的に話し続けて結論が何だったのかわからない会議、人数合わせのために同席させられる取引先とのアポイントなど。しかし、本来の会議は、現状報告や課題の進捗、方針の確認や意見交換など、チームで課題を解決するために行われるもの。もっとスリム化することはできないのでしょうか。

そこで注目されているのが、ハドルミーティング。チームメンバー全員が週に1回、1時間ほど集まって行う定例会議などと異なり、必要なメンバーだけが必要なときに集まって、10分から30分ほどの短時間で行われます。

議題が複数ある場合は通常の定例会議などが効率的ですが、特定のプロジェクトの情報共有であればハドルミーティングがいいでしょう。オンライン会議やスタンディングスペースなどで手短に実施されることが多く、会議室も凝った資料も不要です。

そのメリットは、生産性の向上や、プロジェクトの進捗状況を細かく共有できること。情報の誤認識や伝達漏れといったミスが発覚しやすくなり、素早く軌道修正することができます。テレワークの必要性が高まっている現在では、オンラインで細かくつながることにより、コミュニケーション不足を解消できるという副次的効果も期待できるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

立ち会議
「立ち会議」とは、文字どおり、参加者が立って行う短時間の会議や打ち合わせのこと。「スタンディング会議」「スタンドアップ・ミーティング」とも呼ばれます。あらかじめ会議室などを確保してメンバーを招集するやり方ではなく、必要な関係者が必要に応じてオフィスの一角に集まり、起立したまま時間を区切って、必要な要...
ファシリテーション
「ファシリテーション」(facilitation)とは、集団や組織において、対立しがちで相互理解や合意形成の難しい問題の解決を支援し、参加者の協働や活性化を促すことにより、事がうまく運ぶように舵取りをすることをいいます。狭義には「会議を効果的・効率的に運営するための働きかけ」と解釈され、ビジネスシー...
チャンクダウン、チャンクアップ
「チャンクダウン」と「チャンクアップ」は、マネジメントやコーチングなどで使われるコミュニケーション手法の一つです。「チャンク(Chunk)」は大きな塊のことを意味し、「チャンクダウン」は物事を具体的に、課題を細分化していくときに使われます。反対に「チャンクアップ」は議論をより抽象化するときに使われ、...

関連する記事

5. 新入社員研修の企画・導入のポイント
新入社員研修の企画・導入のポイント「狙いと目的を明確化」「全社的な応援体制」「現場の協力」「教育効果把握」などについてそれぞれ解説する。
2012/11/12掲載よくわかる講座
「働き方改革」推進に向けての実務(4)テレワーク
注目が高まっている「テレワーク」がもたらす様々なメリットについて、具体的な実務と留意点をまとめた。
2017/03/31掲載よくわかる講座
テレワーク経験の有無による、管理職のテレワークに関する意識比較調査(アデコ)
テレワーク経験の有無による意識の差を調査するため、2019年までにテレワーク経験がある管理職(テレワーク経験ありの管理職)300人と緊急事態宣言後に初めてテレワークを経験した管理職(テレワーク経験なしの管理職)300人を対象にアンケートを実施しました。
2020/12/14掲載HR調査・研究 厳選記事

関連するQ&A

休養室の常設について
休養室の設置について、教えてください。 現在会議室を1つ潰して休養室を作ることを考えていますが、休養室にしてしまうと 会議室が不足してしまいます。 そこで、対応として たとえば、通常は会議室として利用し、会議室には折り畳みベッドを常備しておき 必要に応じて会議室から休養室に変えることができることで、...
36協定は10名未満でも必要ですか?
36協定は10名未満の事業所でも届出が必要ですか? 根拠を教えてください。
永年勤続表彰金の社会保険での取り扱い
いつも参考にさせていただいております。 弊社では、5年ごとに永年勤続表彰を行っており、 給与にて表彰金を支給しております。 金額は3万円~15万円程度です。 これまで一時的なものとして算定等には含めておりませんでしたが、 賞与での届け出が必要なのではないかという話になり、 調べたところ、必要と...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

タレントパレット 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。