【ヨミ】リアルタイムフィードバック リアルタイムフィードバック

近年、同僚や部下の働きぶりに対して高頻度でフィードバックを行い、評価する「リアルタイムフィードバック」が注目されています。時間を空けずにその都度振り返りを行うことで、互いに振り返りや改善点をズレがない形で認識し合えるようになり、フィードバックの効果が高まるのです。また、チーム内のコミュニケーションの総量が増えることで、結束力の強化なども期待できます。リアルタイムフィードバックを円滑に実施するためのツールやサービスも登場しており、活用する企業が増えています。

リアルタイムフィードバックのケーススタディ

記憶が鮮明なうちに振り返りを。
ツールを活用した新たな人事評価のあり方

半年に一度の評価面談。フィードバックをされても、すでに記憶があいまいになっていて、もらったアドバイスがピンとこない、という経験がある方も多いでしょう。また、時間が経ってからほめられたのでは、喜びも半減してしまいます。これでは、せっかく振り返りを行っても、効果を期待できません。一方、高頻度でリアルタイムなフィードバックを受けることができれば、自らの行動の記憶が鮮明なうちに具体的に振り返ることができ、改善にもつながります。こうした点から、近年、週に一度の面談などを行い、リアルタイムフィードバックを行う企業が増えているのです。

ビジネス環境の変化に臨機応変に対応できることも、リアルタイムフィードバックのメリットの一つです。設立から間もないスタートアップや新規事業では、状況に応じて目標を柔軟に修正しなければなりません。それに応じて、メンバー一人ひとりに課しているミッションや目標が変化することもあるでしょう。こうしたとき、リアルタイムフィードバックを行うことで、過去の振り返りだけでなく目標の目線合わせの機会にもなります。

人事評価への納得感が高まり、進むべき方向性をすり合わせることで、組織へのエンゲージメント向上や離職率の低下も期待できるリアルタイムフィードバック。しかし、フィードバックの頻度を上げれば、運用の工数が増え、関係者に負担がかかるのも事実です。そこで、リアルタイムフィードバックを円滑に実施するためのツールやサービスを導入する企業が増えています。例えば、部下や同僚の行動に対する評価を、PCやスマートフォンから送信できるツール。空いている時間を活用してフィードバックを行えるので、関係者の負担を減らすことができます。また、過去のコメント振り返って見ることで、注意すべきポイントの備忘録にもなります。

テクノロジーの進化や従業員の価値観の変化により、業務において求められるコミュニケーションの方法も変わりつつあります。企業には、従業員のニーズを把握し、ツールなどを活用しながら、柔軟に対応することが求められるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード