『日本の人事部』編集部 厳選記事 「残業」削減を考えるときに読んでおきたい記事6選 イメージ画像

『日本の人事部』編集部 厳選記事
「残業」削減を考えるときに読んでおきたい記事6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本の人事部』に掲載中の記事の中から「残業」をテーマとした記事をピックアップ。特にご一読いただきたい記事を厳選しました。

働き方改革の重要性が叫ばれる現在、従業員の残業時間削減は、多くの企業にとって重要な課題となっています。しかし、残業時間削減の目的や、残業が発生している原因を明確にしないまま施策を実施しても、その効果は一時的なものにとどまってしまい、根本的な解決にはつながりません。人事には、自社の問題をしっかり見極め、ゴールを定めて取り組みを進めていくことが求められます。他社の事例や実施のポイントを参考に、自社の今後の働き方改革に役立ててみてはいかがでしょうか。

<事例> SCSK株式会社
~日本の人事部「HRアワード2015」企業人事部門最優秀賞受賞~
やるだけでなく、やりきる仕組み  “働き方改革”でIT業界の常識を覆すSCSKの「スマートワーク・チャレンジ」とは

残業時間削減に向けた施策を行う企業が増える中、大きな注目を集めているのが、SCSKです。長時間労働が当たり前だったIT業界にありながら、全社一丸となって働き方改革に注力。“平均月間残業時間20時間、有給休暇取得率100%”という目標をほぼ達成し、「HRアワード2015」では企業人事部門最優秀賞を受賞しました。「スマートワーク・チャレンジ」を中心とする働き方改革の取り組みをどのようにして進めたのか、同社の河辺恵理さんにお話をうかがいました。 ⇒記事本文へ

河辺恵理さん(SCSK株式会社)photo

<事例> 伊藤忠商事株式会社 「多残業体質」から脱却し、効率的な働き方を実現する「朝型勤務」
―― 業務効率化を通じて、生産性の向上とお客様対応を徹底する

他社に先駆け働き方改革を行う伊藤忠商事では、2014年から、20時以降の残業を原則禁止とする「朝型勤務」を導入。残業ありきの働き方を見直し、思い切った意識と制度面の改革を行った、結果、業務効率化や社員の健康保持・推進、女性の活躍支援など、多様な人材が最大限に能力を発揮できる職場環境を実現しました。その取り組みは高く評価され、「HRアワード2014」では企業人事部門最優秀賞を受賞。多残業体質からの脱却に成功した取り組みとは? 同社の垣見俊之さんに、詳しいお話をうかがいました。 ⇒記事本文へ

垣見俊之さん(伊藤忠商事株式会社)photo

<インタビュー> 小室 淑恵さん(株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長)残業ゼロだからこそ時間あたりの成果を最大化できる!
日本企業の厚い壁を切り崩す、ワーク・ライフバランスの伝道師

900社以上の企業にコンサルティングを提供し、政府機関委員など複数の公職も兼任する、株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長の小室淑恵さん。多忙な身でありながら、二児の母として、毎日8時間労働で残業ゼロを実践する小室さんは、残業をなくし、“ライフ”を充実させることが、限られた時間の中で“ワーク”の成果の最大化につながると言います。ワーク・ライフバランスの伝道師ともいえる小室さんに、じっくりとお話をうかがいました。 ⇒記事本文へ

<調査レポート> 生活型、付合い型、独りよがり型、抱え込み型…etc
“タイプ別”残業時間削減のテクニックとその進め方

「毎日、一生懸命働いているのに、なかなか定時に帰れない」と嘆く社員の残業時間を削減するには、ムダな働き方を見つけ、それを排除することが必要です。ムダな残業には、明らかにムダだとわかる残業と、一見問題のない、むしろ一生懸命頑張っているように見えてしまう残業があります。これらを細かくみていくと、残業は九つに分類することができるのです。ここでは、それぞれの残業のタイプ・傾向に応じた対策のポイントをご紹介します。 ⇒記事本文へ

<調査レポート> 真の残業削減を実現する!
「営業職」の労働時間短縮のための業務見直しのポイント

営業職の社員に、事業場外みなし労働時間制を適用している企業は少なくありません。しかし、実労働時間の長短にかかわらず、所定労働時間を働いたとみなす制度は、時に長時間労働の温床となってしまいます。企業は対策を講じなければなりませんが、残業時間の削減を実現するためには、小手先の手法に頼らない、根本的な問題解決が重要です。営業職の残業時間削減を行うためには、どうすればいいのか。具体的な施策やポイントをご紹介します。 ⇒記事本文へ

<調査レポート> 残業時間・ムダな労働時間削減、生産性向上のための
「時短マネジメントシステム」

従業員の残業時間削減に向けた取り組みを具体的に進めていくうえで、どのようなことを意識すべきなのでしょうか。上記の『真の残業削減を実現する!「営業職」の労働時間短縮のための業務見直しのポイント』に続き、営業職以外の職種の残業時間削減にも役立てられる、「時短マネジメントシステム」の仕組みをご紹介。トップからの働きかけのもと、残業時間削減を実現するために必要となるプロセスを、三つのステージに分けて詳しく解説します。 ⇒記事本文へ

「残業」の注目のソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本の人事部』編集部 厳選記事のバックナンバー

「グローバル化」推進のポイントがわかる記事14選
現在、日本企業の多くがグローバル展開を進めています。人材の面からそれらの事業を支えるのが人事の役割ですが、人事部門のグローバル化や、社員の語学力向上、グローバル...
2017/07/04掲載
「残業」削減を考えるときに読んでおきたい記事6選
働き方改革の重要性が叫ばれる現在、従業員の残業時間削減は、多くの企業にとって重要な課題となっています。しかし、残業時間削減の目的や、残業が発生している原因を明確...
2017/06/28掲載
社員の「モチベーション」を上げるポイントがわかる記事7選
従業員の「モチベーション」は、個人のパフォーマンスはもちろん、組織の状態にも影響を与える、非常に重要な要素の一つです。モチベーションをいかに高めるかが、企業の成...
2017/06/26掲載

関連する記事

労働時間短縮施策として「行った結果、効果があった」割合が最も高かったのは「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」
労働時間を短縮するために行った施策が「ある」企業に、各施策実施の有無とその効果について聞いたところ、「行った結果、効果があった」の割合が最も高かったのは、「経営...
2017/07/12掲載人事白書 調査レポート
「働き方改革」推進に向けての実務(2)長時間労働の是正
2016年6月に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」に示された、働き方改革における「長時間労働是正」とは?
2017/03/31掲載よくわかる講座
伊藤忠商事株式会社:
「多残業体質」から脱却し、効率的な働き方を実現する「朝型勤務」(後編)
『前編』では伊藤忠商事の「朝型勤務」について、制度を導入した背景とその概要、導入することで得られた効果などについて聞きました。『後編』は、「朝型勤務」を実効性の...
2015/01/26掲載となりの人事部
伊藤忠商事株式会社:
「多残業体質」から脱却し、効率的な働き方を実現する「朝型勤務」(前編)
伊藤忠商事では2014年5月から、20時以降の残業を原則禁止し、早朝(午前5~9時)に仕事をする「朝型勤務」を導入しました。これまでの残業ありきという働き方を見...
2015/01/19掲載となりの人事部
未払い残業代に関する「時効」の知識と実務的留意点
労働者の権利意識の高まり、労働基準法改正による1ヵ月60時間を超える残業時間に対する割増賃金率の引上げ等、今日、「未払い残業代請求」が1つのトピックとなっていま...
2010/11/15掲載人事・労務関連コラム
2019年度 新卒採用特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること

注目コンテンツ


2019年度 新卒採用特集

激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


“守り”の姿勢では人が採用できない時代。<br />
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社から...