企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ロウドウジカンチョチクセイド 労働時間貯蓄制度

「労働時間貯蓄制度」とは、主にドイツなどで導入・実施されている労働時間モデルの一つで、職場で定めた契約上の労働時間と実労働時間の差、すなわち残業や休日出勤など所定外の労働時間をあたかも銀行預金のように勤務先の口座に積み立て、後日、従業員が有給休暇などに振り替えて利用できるしくみのことです。労働需要の短期的な変動にも、従業員の増減やコストの上昇なしに対応できる自由度の高さが評価され、1990年代後半からドイツの製造業や金融業を中心に普及し始めました。
(2016/11/30掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

労働時間貯蓄制度のケーススタディ

ドイツの先進職場では残業時間を“貯めて休む”
メリハリのある働き方で生産性は日本の1.5倍

ドイツの労働時間が、先進国の中でも最も低い水準にあることは周知の事実でしょう。1995年に導入された金属産業の「週35時間労働」ルールは、同国における時短の象徴といわれます。日本も、88年の改正労働基準法の施行を機に、労働時間を着実に減らしてきましたが、経済協力開発機構(OECD)の調べによると、2014年の一人当たり平均年間総実労働時間は、日本が1729時間であったのに対し、ドイツは1371時間。依然350時間以上の差があります。にもかかわらず、ドイツの職場における労働時間1時間当たりの生産性は60.2ドルと、日本(41.3ドル)のほぼ1.5倍の高さに達しているのです。

その大きな要因の一つに、ドイツではすでに時間の長短だけを目安にした従来の均一な労働時間モデルが過去のものとなり、“より短い”モデルから“より柔軟な”モデルへ、転換が進んでいることが挙げられます。つまり、ここぞという時期には残業もいとわず、とことん働いて成果を挙げ、その分しっかりと休息を取る――メリハリの利いた働き方が各職場に定着しているわけです。

このような働き方を可能にしているのが「労働時間貯蓄制度」の普及です。職場で定めた労働時間と残業時間を含め実際に働いた時間との差を、個々の従業員がワーキング・タイム・アカウント(労働時間貯蓄口座)と呼ばれる社内口座に積み立てるしくみで、制度利用者は、残業手当を受け取る代わりに、貯蓄した所定外労働時間を有給休暇などに振り替え、繁忙期を避けて休みをとります。育児や介護のほか、資格取得のための勉強やサバティカル(長期休暇)に充てる人も珍しくありません。口座に積み立てられる時間数の上限や休暇に振り替えられる清算期間などは、勤務先や雇用契約の内容によって異なりますが、ドイツでは従業員250人以上の事業所の約8割に普及。最近は、デンマークなどにも広がっているといいます。

とはいえ、いくら労働時間を積み立てて、有休を取る権利を得ても、それが実際に使えなければ働き損。“サービス残業”と変わりありません。そうならないためには、管理職が自ら率先して柔軟な働き方を実践したり、フレックスタイムや在宅勤務を全員が気兼ねなく使えるようにするなど、時間と場所にしばられない職場環境づくりが重要になってくるでしょう。働き方の柔軟性を高める「労働時間貯蓄制度」は、とかく時短に偏りがちな日本の働き方改革の議論に一石を投じるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

変形労働時間制
変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働...
ホワイトカラー・エグゼンプション 2005
アメリカの労働時間制度において、一定の要件(職種・職務や賃金水準)を満たすホワイトカラー労働者を労働時間規制の適用除外(exempt)とする制度。日本でも導入が検討されています。
時短促進法
2006年3月末が期限の時限立法です。1992年、豊かでゆとりのある勤労者生活を実現するため、年間労働「1800時間」の達成を目指した政府計画とともに制定されました。

関連する記事

【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応
2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン(案)」)についてご説明します。
2018/07/11掲載人事・労務関連コラム
人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
「従業員の多能工化」との合わせ技で生産性もアップ! 多様な従業員の事情に配慮した「特別な休暇制度」の導入&活用方法
昨今、「特別な休暇制度」が注目されています。厚生労働省は、全国各地で特別な休暇制度に関するセミナーを行い、さまざまなパンフレットやリーフレットを作り配布しています。また、行政の取組みだけでなく、多くの企業で実際に「特別な休暇制度」が導入されています。厚生労働省...
2015/01/16掲載人事・労務関連コラム

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]
分類:[ 人事制度 ]
分類:[ 報酬 ]
新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

成功報酬なし!攻めの採用 高尾の森わくわくビレッジ

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...