企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「サービス残業」関連のコンテンツ

  • 1

17件中 117件を表示

ニュース2020/09/10
長時間労働が疑われる事業場に対する令和元年度の監督指導結果を公表します
厚生労働省では、このたび、令和元年度に、長時間労働が疑われる事業場に対して労働基準監督署が実施した、監督指導の結果を取りまとめましたので公表します。この監督指導は、各種情報から時間外・休日労働時間数が1か月当たり80時間を超えていると考えられる事業場...

ニュース2017/07/26
現状の残業時間が45時間以上の人にとって「上限規制は守れないと思う」~『長時間労働に関する意識調査』:インターワイヤード
インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「長時間労働」についてアンケートを行い、労働時間の実態や、残業が発生する理由、サービス残業の有無などについてまとめました。 調査は2017年4月4日~4月14日にかけて実施し...

ニュース2017/04/14
ヤマト運輸 「働き方改革」の基本骨子を機関決定~宅急便の配達時間帯の指定区分の見直し、荷物量の抑制、基本運賃値上げなど、事業モデルを見直し、労働環境の改善へ:ヤマトホールディングス
ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区・代表取締役社長 長尾 裕、以下ヤマト運輸)は、4月13日開催した取締役会において「働き方改革」の基本骨子について決定しましたので、下記の通りご報告致します。 1.「働き方改革」に取り...

ニュース2017/03/03
長時間労働に対する取り組みの現状。4割以上の企業が未対策、一斉取り組みには期待薄。企業と従業員のギャップを埋めるための課題とは?~『長時間労働改善における取り組み』調査:マンパワーグループ
マンパワーグループは、20代~50代の正社員の男女400名を対象に、長時間労働改善における「現在、会社が行っている取り組み」「働き手が行ってほしいと思う取り組み」について調査しました。企業発信の取り組みと、現場で働く従業員が実感していることには、一体...

ニュース2017/02/23
『サービス残業防止支援システム』発売~勤怠システムと実態との乖離を見える化、厳正な労働時間管理に有効:関電システムソリューションズ
関電システムソリューションズ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山元 康裕、以下KS-SOL)は、サービス残業防止を支援するシステム(以下、本システム)を本年2月より販売開始いたします。 ■背景と概要現在、政府が「働き方改革」を推進する中で長...

用語集2016/11/30
労働時間貯蓄制度
「労働時間貯蓄制度」とは、主にドイツなどで導入・実施されている労働時間モデルの一つで、職場で定めた契約上の労働時間と実労働時間の差、すなわち残業や休日出勤など所定外の労働時間をあたかも銀行預金のように勤務先の口座に積み立て、後日、従業員が有給休暇など...

記事・コラム2016/01/08
【厚生労働省発】予防から事後対応まで
「パワーハラスメント対策導入マニュアル」の具体的活用法と留意点
厚生労働省は、職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた取組みを推進するため、「パワーハラスメント対策導入マニュアル」を作成・公表しました。 重要課題と認識しつつ、実際に取組みを行っている企業はまだ半数以下である「パワハラ」。マニュアルの重要ポイン...

ニュース2015/01/16
『労働時間に関する調査』(連合調べ)
「賃金不払い残業をせざるを得ないことがある」4割強
連合(日本労働組合総連合会)(http://www.jtuc-rengo.or.jp)(所在地:東京都千代田区、会長:古賀 伸明)は、労働者の労働実態(時間)や労働時間に対する考え方、受け止め方を探るため「労働時間に関する調査」を、モバイルリサーチ(...

記事・コラム2013/03/22
コンプライアンスが問題になる主なケース
コンプライアンス違反が問題となる状況にはさまざまなものがある。基本的な対象になる主な法令、社内規則を解説。さらに、企業に起こりうる不祥事の代表的な事例を整理する。

用語集2013/01/28
ブラック企業
「ブラック企業」とは、従業員に対して、心身の過重負担や極端な長時間勤務など劣悪な環境での労働を強いて改善しない体質をもち、それゆえに入社を勧められない、あるいは早期の退職が勧奨されるような企業を総称する言葉です。若者の雇用悪化を背景に、ここ数年、イン...

記事・コラム2012/11/19
【改善コンサルタントが教える過重労働対策】
残業削減&企業リスク軽減につなげる「業務終了命令書」「帰宅命令書」の活用方法
本記事では、労働時間をめぐる労使間のトラブルに対する、残業削減と企業リスク軽減を図るための「業務終了命令書」「帰宅命令書」について、作成方法と活用の仕方を紹介します。

記事・コラム2012/05/07
「残業手当」100%支給にこだわる求職者
裁量の範囲が大きいオフィスワーカーや開発職などで、「みなし労働時間制」を導入している企業は多くあります。ところが最近、残業手当の有無や支給状況を気にする人が現れてくるようになりました。勤務時間が長くなりがちなIT業界、特にエンジニアなどにその傾向が目...

ニュース2011/10/20
11月に「労働時間適正化キャンペーン」を実施 (厚生労働省)
厚生労働省では、長時間労働や、これに伴う問題の解消を図るため、11月を「労働時間適正化キャンペーン」(別添1)期間とし、使用者団体・労働組合への協力要請、リーフレットの配布による周知啓発などの取り組みを集中的に実施します。労働時間の現状を見ると、依然...

ニュース2011/10/20
平成22年度に監督指導により支払われた割増賃金の合計額は、約123億円
-平成22年度 賃金不払残業(サービス残業)是正の結果まとめ-(厚生労働省)
全国の労働基準監督署が、平成22年4月から平成23年3月までの1年間に、残業に対する割増賃金が不払になっているとして労働基準法違反で是正指導した事案のうち、1企業当たり100万円以上の割増賃金が支払われた事案の状況を取りまとめました。・是正企業数  ...

ニュース2011/07/26
インテリジェンス、転職サービス「DODA(デューダ)」
1ヵ月の残業時間は約28時間 昨年比4.4時間プラス
~ビジネスパーソン800人 残業時間の実態調査~総合人材サービスの株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:高橋広敏)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、25歳~39歳のビジネスパーソン800人を対象に、...

記事・コラム2006/07/31
今どきのサラリーマンはどれくらい残業している?「時間外労働」の長さでトップになった業種とは?
管理職ではないサラリーマンでも残業代をなくす制度を厚生労働省が検討しています。「賃金は労働時間の長さではなく、成果を中心に決められるべきだ」といった考え方が背景にあるようなのですが、その一方で、「それなりの仕事をしようとすれば時間がかかるはずだから、...

  • 1

17件中 117件を表示

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会