企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

「残業手当」100%支給にこだわる求職者

年収や企業規模よりも「働きやすさ」を重視

残業の常態化は避けたいエンジニアの転職サポート

裁量の範囲が大きいオフィスワーカーや開発職、あるいは事業所外勤務が中心の営業などで、「みなし労働時間制」を導入している企業は多い。働く側も「要領が悪くて残業が多い人の方が給料が増えるのはおかしい」と考えるのが一般的だから、この制度が広く受け入れられるようになったともいえる。ところが最近、残業手当の有無や支給状況を気にする人が現れてきた。勤務時間が長くなりがちなIT業界、特にエンジニアなどにその傾向が目立つという。
(1/2ページ)

探しているのはサービス残業のない会社

「詳しく教えて欲しいのは『残業手当』のことです。制度はきちんとしているのか、実際に残業した時間に応じて全額支払われているのか、といったことを知りたいんです」

この日、転職相談に来たTさんはIT業界でキャリアのあるエンジニアだ。募集案件の多いモバイル関連のプロジェクトも手がけていたというから、わざわざ人材紹介を利用しなくても転職先企業がいくらでも見つかる、いわゆる「売り手市場」の人材だといえる。モバイル関連の有名企業の中には、自社の採用ホームページからエントリーして入社することになれば、特別に「200万円」もの入社支度金を支給するとしているところもあるほどだ。

「たしかに残業手当のことは、企業には聞きにくいものですよね。私どものような人材紹介会社を通して、そういった情報を得るのは、とてもうまい方法だと思います。できるだけ詳しい情報をご提供します」

私はそう答えながら、一つの疑問を投げかけてみた。

「ところでTさんが残業手当を気にされるのには、何か理由があるのでしょうか。IT業界の開発職の場合、残業手当も含めた『みなし労働時間制』でかなり高額な年収を提示している企業も多いと思いますが、それではいけないということですか?」

Tさんは、「まさにそこなのです」という表情で答えてくれた。

Photo

「私は次で3社目になります。年齢的に30代ということもあって、定年までとはいかなくても、できるだけ長く勤められる会社を探したいと思っています。そこで、年収なのか、企業規模なのかなど、いろいろと考えた結果、残業が常態化していない会社、無理なく働ける会社がいちばんいいということに気づきました」

つまり「働きやすさ」を重視しているということだ。たしかに若い頃はがむしゃらに働けても、年齢を重ねると身体や気持ちがついていかないことも増えてくる。疲れきったり、病気になったりしては、当然良い仕事はできない。

「みなし労働時間制で残業手当がないと、どうしても勤務時間が長くなります。実は、今の会社がそうなんです。知人の話を聞くと、制度があってもサービス残業が増えるだけということもあるようです。ですから、残業手当を100%支払うことで残業時間を抑制しようとしている、そんな考え方の企業に、直接話を聞いてみたいのです」

「わかりました。ご期待に沿えるように頑張って案件を探してみます」

こうしてTさんと私の「100%残業手当支給企業」探しが始まったのだった。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

  • 1

1件中 11件を表示

1. トラノスケさん 食品 東京都
なるほどねと思いました。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

どうする?! 入社クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
日本進出直後の海外企業のコア人材採用 クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
2019/07/04掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
「あの人と一緒に働きたい」という入社動機
入社する企業を決める理由は人それぞれ。面接官の考え方などに共鳴し、「この人と一緒に働きたい」という気持ちが決め手になることもある。しかし、それだけで入社を決めて...
2019/06/05掲載
人材採用“ウラ”“オモテ” 
採用時に求められる「情報の透明性」
人手不足が続く中で、自社をアピールする際に、採用の障害になるかもしれない情報をできるだけ伏せようとする企業も多いようだ。しかし、それが入社すればすぐにわかってし...
2019/05/15掲載

関連する記事

新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...


~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下...