企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ホワイトカラー エグゼンプション ホワイトカラー・エグゼンプション

「ホワイトカラー・エグゼンプション」とは、ホワイトカラー労働者を対象に労働時間規制の適用を外し、働いた時間に関係なく、成果に対して賃金を支払う制度のことです。一律に時間で働きぶりを評価することが適当でない労働者の労働時間を自由にし、生産性の向上と効率的な働き方の実現を目指すのがねらいです。同制度の導入をめぐっては、2007年に政府が法案化に動いたものの、「残業代ゼロ」「過労死促進」との批判を受け、国会への法案提出を断念した経緯があります。今回の“再挑戦”では「年収1000万円以上の高度な専門職」に限って導入する方針を決定。来年の通常国会での労働基準法改正を目指しています。
(2014/10/8掲載)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワイトカラー・エグゼンプションのケーススタディ

日本の働き方を変える? 新成果給制度
法改正を見越して主要企業は早期導入検討

政府は今年6月に閣議決定した新成長戦略の目玉として、労働、農業、医療などのいわゆる“岩盤規制”の改革に取り組む方針を示しました。労働分野で最も注目されたのが、昨今の働き方の多様化に対応するために、時間ではなく成果に応じて賃金を支払う新成果給制度「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入です。

長時間労働を助長するとして、日本ではこれまで規制されてきましたが、産業競争力を高めるには、時間と成果とが比例しにくいアイデア勝負の仕事をきちんと評価する制度が必要という、経済界などからの提言を受けて方向を転換。政府は「年収が最低1000万円以上の高度な専門職」に限って、労働基準法に定められた1日8時間、週40時間の労働時間規制の適用除外とすることを決定しました。

安倍晋三首相にとっては、世論の反発を受けて頓挫した第一次政権時の反省を踏まえた再挑戦となります。しかし経営側と労働側との隔たりは、依然として埋まっていません。「最低で年収1000万円以上」の高収入者となると、新制度の対象は管理職を含む給与所得者の3.8%に限られますが、連合の新谷信幸総合労働局長は「一部の業務に限って解禁した労働者派遣制度も気がついたら原則自由化されていた」となし崩しの対象拡大を警戒。具体的な制度設計を議論する厚生労働省の労働政策審議会の場でも、年収基準引き上げや職種の絞り込み、導入手続きの厳格化を訴える構えを崩していません。柔軟な制度設計を求める企業側は、逆に年収基準や職種・職務など対象範囲の拡大を主張し、労使の対立が続いています。ちなみに、2014年9月16日~10月6日に『日本の人事部』が会員を対象に実施したWEBアンケート「人事白書トレンドアンケート」で、ホワイトカラー・エグゼンプションに賛成か反対かを質問したところ、「賛成」と「どちらかといえば賛成」があわせて7割弱を占めました。

政府では年内をめどに同審議会で制度設計の詳細を詰め、15年の通常国会での労基法改正、16年春の施行を目指す予定です。こうした国の動きに即応して準備を進め、いち早くホワイトカラー・エグゼンプションの導入を検討し始めた企業も少なくありません。伊藤忠商事は、年収1000万円以上の総合職の大半を制度の対象とすることを想定し、導入を検討しています。商社の総合職の業務は、新規ビジネスの発掘など企画型の業務が中心で、高度な専門知識やスキルが求められるためです。玩具メーカーのタカラトミーも、働いた時間の長さよりヒット商品の多さでの評価がふさわしいと、おもちゃ開発担当への適用を目指しています。富士フイルムやダイキン工業は幅広い職種・部門について、早期の導入を検討。三井物産は営業、企画、為替ディーラーなどの職種で、HOYAも営業、企画、研究開発部門などでの導入を想定しています。

⇒ 2005年掲載「ホワイトカラー・エグゼンプション」の用語はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
ホワイトカラー・エグゼンプション 2005
アメリカの労働時間制度において、一定の要件(職種・職務や賃金水準)を満たすホワイトカラー労働者を労働時間規制の適用除外(exempt)とする制度。日本でも導入が検討されています。
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍を...

関連する記事

7割が「ホワイトカラー・エグゼンプション」に「賛成」 ~「ホワイトカラー・エグゼンプション」への賛否や導入された場合の効果・影響について調査~
政府は2014年6月、ホワイトカラーの労働者を対象に労働時間の規制を外し、成果に給与を払う制度「ホワイトカラー・エグゼンプション」を、年収1000万円以上の専門職に限って導入する方針を示しました。現行法では労働時間で給与や報酬を決めることが原則ですが、専門職や...
2014/11/19掲載編集部注目レポート
人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事制度とは
人事制度とは、広義には労務管理を含めた従業員の「処遇」に関するしくみ全般を指す。ここではその意義と運用のポイントについてまとめた。
2017/06/30掲載よくわかる講座

関連するQ&A

社員紹介制度の導入について
当社で社員紹介制度の導入を検討しておりますが、最近、コンプライアンスの関係から紹介制度を途中で打ち切った企業もあると聞いており、世間ではこの制度の受け止め方として慎重な動きになっているのでしょうか。
退職金制度の新規導入について
現在、弊社(社員24名)には退職金制度がありません。 新規導入を検討中で中退共を候補に挙げていますがデメリットも多く、決定に至りません。 他に中小企業が利用しやすい制度などありませんでしょうか。
人事制度構築について
現在弊社ではきちんとした人事制度がなくこのたび新しく人事制度の構築に取組むのですが、きちんとした人事制度がない状態からのスタートをする上で人事諸制度を構築する場合はやはり職能資格制度を取り入れた方がいいのでしょうか。成果主義になると人事制度の第2ステップのような感があるのですが、いきなり成果主義の導...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]
分類:[ 報酬 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...