無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

派遣社員の3割が待遇の改善を実感、5割が正社員を希望、4割が新型コロナウイルスにより正規雇用化への希望強くなる

ディップ株式会社

派遣社員の3割が待遇の改善を実感、5割が正社員を希望、 4割が新型コロナウイルスにより正規雇用化への希望強くなる

本レポートでは、 同一労働同一賃金導入後の待遇の変化と現在の雇用形態の満足度や希望、正規雇用化への希望について明らかにしていきます。

【調査概要】

調査主体:ディップ株式会社
調査手法:インターネット調査(GMOリサーチモニター利用)
調査実施時期:2020年7月2日(木)~2020年7月16日(木)
対象者条件:47都道府県内で派遣社員として就業している15~69歳の男女
有効回収数:SC調査7,102サンプル/本調査4,082サンプル

調査概要

待遇の変化について

「同一労働同一賃金導入後の待遇の変化」と「現在感じる待遇差の程度」

まずは、同一労働同一賃金導入後の待遇の変化と、現在感じる待遇差の程度について見ていきます。

同一労働同一賃金導入後の待遇の変化と、現在感じる待遇差の程度

同一労働同一賃金導入後では、31.8%が「待遇がよくなった」と回答する一方、62.1%が「待遇は変わらない」、6.2%が「待遇が悪くなった」と回答しました。

また、「待遇がよくなった」と回答した人たちも、現在の同じ職場で働く正社員との待遇の差については未だ7割が感じているようです。

次に、具体的な待遇の改善状況について見ていきましょう。

待遇の改善状況

待遇の改善状況

「交通費」「昇給・昇格」「福利厚生」「評価」のうち、「交通費」は4割が改善したと回答した一方で、他は2割以下という結果になりました。

求職者が仕事探しをする際に希望する「待遇・制度」の調査結果では、20項目のうち「交通費支給」が最も希望されており、この結果からも求職者にとって交通費の待遇改善はポイントが高いと言えそうです。

<求職者が仕事探しをする際に希望する「待遇・制度」の調査結果はこちら>

【Pick Up】 テレワーク・在宅ワークの導入・活用状況
テレワーク・在宅ワークの導入・活用状況

5月以前と6月以降でのテレワークや在宅ワークの導入・活用状況は、派遣社員と正社員でいずれも大きく変化は見られませんでした。

また、派遣社員の導入・活用状況は、正社員と比較16~17pt低い結果となりました。

雇用形態の満足度と希望・正規雇用化について

現在の雇用形態の満足度

現在の雇用形態の満足度

「満足している」28.0%、「不満である」31.6%と同程度となった一方で、「どちらとも言えない」が40.3%と最多となりました。

では、どのような雇用形態を希望しているのでしょうか。

「希望する雇用形態」と「新型コロナウイルスの影響による正規雇用化の希望の変化」

「希望する雇用形態」と「新型コロナウイルスの影響による正規雇用化の希望の変化」

希望する雇用形態は「正社員」が最も多く54.3%で、そのうちの4割以上が新型コロナウイルスの影響により、正規雇用化の希望が強くなったと回答しました。

正社員として‟働きたい理由”と‟働けていない理由”

正社員として‟働きたい理由”と‟働けていない理由”

正社員として働きたい理由は、1位「給与をアップさせたい」2位「将来が安心」3位「福利厚生の充実」という結果になりました。働けていない理由は、1位が「年齢の壁への不安」、2位「学歴・職歴に自信がない」、3位「再就職に自信がない」という結果でした。

4位、5位には転職活動をしたうえでの理由が入っていますが、自身に関する自信のなさや不安が上位を占めており、正社員として働くことへの心理的なハードルがうかがえます。

また、働けていない理由の1位と2位に10pt以上もの差が付いています。そもそも年齢で転職を諦めてしまっている人が一定数いそうです。

次に、派遣社員の人たちが正規雇用化で気になる点について詳しく見ていきます。

正規雇用化で気になる点

正規雇用化で気になる点

ここに挙げられた5つの項目については、4割から6割近くの人が気になると回答しています。

「正規雇用化後の仕事内容などの条件面」は、「最もあてはまるもの」と「あてはまるものすべて」の両方で最も多くの回答が集まりました。「最もあてはまるもの」では、2位「正規雇用化の実績があるか」、3位「正規雇用化の基準は明確か」という結果になりました。

これらの内容を募集情報に盛り込むと、求職者の不安の軽減につながるかもしれません。

さいごに

本レポートで明らかになったこと

待遇の変化について

  • 同一労働同一賃金導入後は、6割以上が待遇は変わっていないと感じており、「待遇が良くなった」31.8%、「待遇が悪くなった」6.2%
  • 「待遇が良くなった」と回答した31.8%の現在の同じ職場で働く正社員との待遇差をみてみると、73.8%が待遇差を感じている
  • 待遇の改善状況については、「交通費」「福利厚生」「評価」「昇給・昇格」の4項目のうち、「交通費」の改善は4割が改善したと回答したが、他は2割以下
  • テレワーク・在宅ワークの導入・活用状況は、派遣社員の6割以上が導入されておらず、同じ職場で働く正社員と比較すると約16pt程度低い。派遣社員で「積極的に活用していた」「まぁまぁ活用していた」層は約21%

雇用形態の満足度と希望・正規雇用化について

  • 現在の雇用形態の満足度は、「満足している」28.0%、「不満である」31.6%となった一方、「どちらとも言えない」が40.3%と最多
  • 希望する雇用形態の1位は「正社員」で54.3%
  • 新型コロナウイルスの影響による、正規雇用化の希望の変化は「変わらない」という回答が48.4%で最多。「正規雇用化の希望が強くなった」と回答したのは44.2%
  • 正社員として働きたい理由は、1位「給与をアップさせたい」、2位「将来が不安」、3位「福利厚生の充実」
  • 働けていない理由は、1位「年齢の壁への不安」、2位「学歴・職歴に自信がない」、3位「再就職に自信がない」
  • 正規雇用化で気になる点は、「正規雇用化後の仕事内容などの条件面」に最も多くの回答が集まった

調査担当者:ディップ総合研究所 ディップレポート編集室 川上由加里
執筆者:ディップ総合研究所 ディップレポート編集室 太田瑠美子

「私たちdipは夢とアイデアと情熱で社会を改善する存在となる」の企業理念のもと、“Labor force solution company”をビジョンに掲げ、『労働力の総合商社』として、人材サービス事業とAI・RPA 事業を提供しています。
 
働く人のリアルがわかるディップ総合研究所
https://www.baitoru.com/dipsouken/

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
ロックダウン世代
メンバーシップ型雇用
就労パスポート
ユースエール
ジョブレス・リカバリー
国家戦略特区
エンプロイメンタビリティ
40歳定年制
未就職卒業者
在留資格