企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジョブレスリカバリー ジョブレス・リカバリー

「ジョブレス・リカバリー」(jobless recovery)とは、景気が回復しても雇用の拡大がなかなか伴わない状態のことで、日本語では主に「雇用なき景気回復」と訳されます。一般に景気回復局面では、雇用情勢は景気に半年から一年程度遅れて動くため、その間、一時的にジョブレス・リカバリーに陥ることが知られていますが、近年はIT投資による労働生産性の上昇やオフショアリングの推進を背景に効率化が進み、景気回復が必ずしも国内の雇用拡大に直結しない状況が構造化されつつあるといわれています。
(2015/7/10掲載)

ジョブレス・リカバリーのケーススタディ

景気が回復しても雇用は増えない構造に
技術革新と海外移転による効率化が要因

「ジョブレス・リカバリー」という現象に注目が集まるようになったのは、米国が長期の経済低迷から脱した1990年代以降のことです。それ以前の米国の景気動向のパターンでは、不況が底を打つと、ほどなくして雇用も持ち直すのがつねでしたが、92年の景気回復期には失業がなかなか減りませんでした。さらに深刻だったのが、2002年からの景気拡大期。03年の夏場まで雇用が縮小し続け、ジョブレスならぬ“ジョブロス”リカバリーとまでいわれたのです。

リーマンショック後も然り。米国企業の株価は急速に回復しましたが、雇用ははたしてそれに伴わず、一時10%台にまで急上昇した失業率がリーマンショック前の水準に戻るのに、実に5年以上の歳月を要しました。カリフォルニア州では、同国経済を牽引するシリコンバレーを擁するにもかかわらず、失業率が現在も全国平均を上回っています。 

米国はもともと労働市場の流動性が高いため、90年代初めの景気回復期においては、企業がIT投資を推進する反面、ホワイトカラー中心の雇用調整を断行し、労働生産性の向上に成功しました。その結果、景気底打ち後も一時的に失業率が上昇し、ジョブレス・リカバリーに陥りましたが、新規企業が創出され、サービス産業を中心に雇用を吸収したため、一転して景気と雇用の足並みが揃い、以後の息の長い経済成長へつながっていったのです。

ところが2000年代に入ると、ジョブレス・リカバリーは長期化かつ深刻化。とくにリーマンショック以降は、米国のみならず多くの先進国で、“景気がよくなっても雇用が増えない”構造が固定化されつつあるといわれます。その要因は大きく二つ。

一つはロボットやICTなどの飛躍的な技術革新です。昨年発表された英・オックスフォード大学の調査レポートは、今後20年のIT化の影響で、米国にある702の職業のおよそ半分が失われる可能性があると指摘しました。現に、ネット通販最大手のアマゾンでは、キバと呼ばれる自走式の物流ロボットを導入、物流拠点の無人化を進めています。

もう一つは、製造業やコンタクトセンターなどを中心とする企業の海外移転です。AppleはiPhoneを中国で作り、IBMやMicrosoftがインドでシステム開発を行う時代。そうした労働ニーズは今後もより賃金の安い国々にシフトし続け、国内雇用は増えにくくなると考えられます。グローバル競争の激化を背景に、企業が、ITの推進やオフショアリングによって経営の効率化を追求するかぎり、景気が良くなっても雇用は増えない――ジョブレス・リカバリーが世界の主流となるのは不可避かもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...
改正高年齢者雇用安定法
65歳まで働き続ける環境整備を企業に義務づける法律。高年齢者の安定的な雇用確保のため、65歳までの雇用確保措置の導入が事業主の義務となった(2006年4月施行)ほか、雇用者の再雇用促進などを図る措置(2004年12月施行)も盛り込まれています。

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
高年齢者雇用の最新実態--改正高齢法への対応と継続雇用制度の実態を調査
団塊世代の大量退職が始まる2007年を目前にして、「改正高年齢者雇用安定法」が2006年4月から施行されました。改正法は、定年後65歳までの安定した雇用確保を企業に義務付けています。2006年5月から6月にかけて『労政時報』が行った「改正高齢法への対応と高年齢...
2007/04/16掲載人事・労務実態調査
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

2015年9月に施行された「改正労働者派遣法」により、派遣社員活用のあ...


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...