企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ユースエール ユースエール

若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。若者(youth)にエールを送る事業主というイメージで名づけられました。中小企業にとっては、若者雇用促進法に基づくユースエール認定企業となることで、ハローワークでの重点的PRや各種助成金の加算などの支援が受けられるようになり、企業のイメージアップや優秀な人材の確保などが期待されます。
(2016/1/12掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユースエールのケーススタディ

若者の雇用に積極的な中小企業を国が認定
12の基準を満たした認定企業を積極支援

厚生労働省は昨年10月から、若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況が優良な中小企業を「ユースエール認定企業」として認定するマーク、愛称「ユースエール」の運用を開始しました。このユースエール認定企業制度は、同時に施行された「青少年の雇用の促進等に関する法律」(若者雇用促進法)に基づく、青少年の「適切な職業選択の支援に関する措置」の一環です。認定企業に対して情報発信の後押しなどを行い、企業が求める人材を円滑に採用できるよう支援するとともに、求職中の若者とのマッチング向上を図ります。

若者雇用促進法に基づく認定企業になり、ユースエールマークを取得すると、企業は次のような支援を受けられ、さまざまなメリットが期待できます。

1. ハローワークなどで重点的PRの実施
認定企業について「わかものハローワーク」や「新卒応援ハローワーク」などの支援拠点で積極的にPRするほか、厚労省が運営する、若者の採用・育成に積極的な企業などに関するポータルサイト「ユースエール認定企業・若者応援宣言企業検索システム」にも企業情報を掲載。自社の魅力を広くアピールすることで、若者からの応募増が期待できます。

2. 認定企業限定の就職面接会等への参加
各都道府県労働局・ハローワークが開催する就職面接会などについて積極的な情報提供を展開。正社員就職を希望する若者との接触機会が増え、より適した人材の採用が期待できます。

3. 自社の商品、広告などに認定マークの使用が可能
認定企業は、ユースエールマークを商品や広告に付けることが認められ、これを使用することによって、若者雇用促進法に基づく認定を受けた優良企業であることを対外的にアピールできます。

4. 若者の採用・育成を支援する関係助成金を加算
認定企業が、若者の採用育成を支援する各種助成措置(キャリアアップ助成金、キャリア形成促進助成金、トライアル雇用奨励金)を活用する際、一定額が加算されます。

ユースエール認定企業になるためには、常時雇用する労働者が300人以下の事業主で、「学卒求人など若者対象の正社員の求人申込みまたは募集を行っていること」や「若者の採用や人材育成に積極的に取り組む企業であること」など若者雇用促進法に基づく12の認定基準を、すべて満たしていなければなりません。各都道府県労働局に申請し、基準を満たしていることが確認されると、各都道府県労働局から認定通知書が交付されます。
(参考情報:厚生労働省ホームページ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

プラチナくるみん
「プラチナくるみん」とは、仕事と育児の両立支援に熱心に取り組む企業のうち、トップクラスの実績を上げている企業を厚生労働省が認定し、税制面などで優遇する制度およびその認定マークのことです。プラチナくるみん(特例)認定制度は、次世代育成支援対策推進法(次世代法)の改正実施に伴い、来年4月1日からスタート...
若者応援企業
「若者応援企業」とは、厚生労働省が一定の要件に照らして、“若者の採用と育成に積極的な企業”と認定した中小・中堅企業のことです。同省は2013年4月から「若者応援企業」宣言事業を開始。若者(35歳未満)の採用・育成に積極的で、一定の労務管理の体制が整備されており、通常の求人情報より詳細な企業情報・採...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
青少年の雇用の促進等に関する法律(若者雇用促進法)について
青少年の雇用の促進等に関する法律(若者雇用促進法)についてですが、 青少年とは何歳から何歳までを言うのでしょうか?? 青少年対象外の方の募集を行う場合もこの法律は適用されますか?? よろしくお願い致します。
前職確認の方法について
中途採用で、前職確認を行なっている企業がおられましたら、その内容と方法について教えて下さい。また、逆に問い合わせがあった際に対処されておられる企業の方がおられましたら、どこまで回答されているかについてお教え下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 雇用 ]
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web 働くパパママ育休取得応援奨励金

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。



健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...