無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

HRペディア 掲載日:2021/08/27

【ヨミ】リボルビングドア リボルビングドア(回転ドア)

「リボルビングドア(回転ドア)」とは、官公庁と民間企業との間で、人材が流動的に行き来する仕組みのことをいいます。回転ドアを通るように人材が官民を自由に出入りすることで、官公庁は民間が持つ最先端の技術やトレンドを知ることができ、民間は官公庁とのつながりにより事業運営が円滑になります。しかし、官民に限らず、日本は欧米と比べて人材の流動性が低いのが現状です。2021年9月に設置されるデジタル庁は民間から人材を広く募集しており、初の大規模なリボルビングドア事例として注目されています。

リボルビングドア(回転ドア)のケーススタディ

デジタル庁は回転ドアを開けるか

2021年9月、デジタル庁が発足します。対面主義や「はんこ文化」など、デジタル化で遅れをとってきた官公庁で、ついにデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた動きが活発化しそうです。これまでは組織ごとの縦割りが目立っていましたが、ITを活用することで、国と自治体のシステム統一、マイナンバーの普及、行政手続きのオンライン化など、さまざまな分野においてDXを目指します。

デジタル庁にとって最初の関門は人材採用でした。人員構成は500人規模といわれていますが、数百人単位の民間人を採用する必要があったのです。生え抜きの人材を中心とする官公庁では、異例の大規模採用といえます。2021年4月には、発足に先行して民間から採用した職員約30人に辞令が交付されました。応募倍率は約40倍で、企業経営者や大手企業の社員、スタートアップ企業の社員など、多様な人材が集まりました。

平井卓也デジタル改革担当相は、会見の中で「役人の方が民間からまた戻ってくるのも大歓迎」と発言しており、リボルビングドアの仕組みを整える考えを示しています。

しかし、官民の人材の流動性を高めるには、越えなければならない課題もあります。まずは、官公庁の人事や待遇。新卒採用を前提に人材を育てることを主流としてきた官公庁では、民間での経験は評価されにくく、「出戻り組」がかつてと同じポジションで復帰することは難しいとの声もあります。収入面でも、転身した先の民間企業より低くなることが予想されるため、出戻りを思いとどまる人も少なくありません。そのためデジタル庁では、非常勤職員には兼業・副業を認めることとしています。

デジタル庁の設立を機に民間と官公庁の間で人材の流動性は高まるのか。今後の成り行きが注目されます。

・関連キーワード
デジタルトランスフォーメーション
 

・参考
デジタル庁(記事掲載時点で準備中)
平井内閣府特命担当大臣記者会見要旨 令和3年4月6日(内閣府)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「リボルビングドア(回転ドア)」に関する記事

「リボルビングドア(回転ドア)」に関する書式・テンプレート