企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事白書調査レポート

「採用」「労務・給与・人件費」以外の分野では、人事部門はデータ分析に取り組めていない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おおむね、「実行していない」が40~50%台で、「わからない」という回答も20%前後

近年、企業の人事部において、HRテクノロジー、とりわけデータによる分析(アナリティクス)の重要性が高まっている。そうした中、人事におけるさまざまな領域で、データがどのように分析・活用されているのかを聞いたところ、「採用」と「労務・給与・人件費」以外の領域では、まだデータが十分に分析・活用されているとは言えない状況であることがわかった。おおむね、「実行していない」が40~50%台で、「わからない」という回答も20%前後みられた。

図:データによる分析(アナリティクス)に関して、それぞれの領域における、人事部門で実行されているもの(複数回答)
(1)組織・人事戦略立案
(2)組織の課題抽出
(3)組織設計
(4)生産性向上
(5)採用
(6)育成・キャリア支援
(7)配置・異動・退職
(8)評価・昇進
(9)労務・給与・人件費
(10)評価制度設計
(11)等級制度設計
(12)報酬制度設計
(13)メンタルヘルス
(14)モチベーション向上
(15)リテンション
(16)エンゲージメント
(17)部門への組織・人事観点での助言
【本調査結果の二次利用について】
  • 引用する場合は、出典を明記してください。
    <表記例> 出典:『日本の人事部 人事白書2016』
  • 転載する場合は、必ず当社までお問い合わせください。
【調査概要】
実施時期 2016年3月10日~3月23日
調査対象 『日本の人事部』会員
調査方法 インターネット調査
回答数 のべ4036社 4130人
回答者属性 企業の人事・経営者
(管理職(経営者・役員含む) 81.4%、非管理職 18.6%)
質問数 164問
質問項目 1. 戦略人事 /2. 採用(新卒) /3. 採用(中途) /4. 育成(新入社員) /5. 育成(中堅・ミドルマネジャー) /6. 育成(経営人材) /7. 制度・評価・賃金 /8. 法改正 /9. ダイバーシティ /10. ワークスタイル・働き方 /11. テクノロジー活用 /12. 人事のキャリアと学び

出典:「日本の人事部 人事白書2016」

「日本の人事部 人事白書2016」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事白書 調査レポートのバックナンバー

企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載
47%の企業が「1Dayインターンシップ」を実施。「実際に社員が行っている業務を体験させる」企業は少数
インターンシップについて、「実施している」と回答したのは51.8%。「現在は実施していないが今後実施予定」(18.5%)と合わせると、8割近い数値となった。特に...
2018/07/12掲載
9割近くの企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実際に「戦略人事」として機能できている企業は約3割
9割近くが「戦略人事」の重要性を認識。市況よりも良い企業では、「当てはまる」が68.9%に。「戦略人事」を実践できている企業は31.6%にとどまる。戦略人事が機...
2018/07/12掲載

関連する記事

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -
タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人ひとりに合った最適化されたエクスペリエンスを体感できる基盤が求められている。今回、『日本の...
2017/09/27掲載注目の記事
ダイバーシティを推進する上での問題や困難として最も多かったのが「管理職の意識や能力の不足」
ダイバーシティを推進する上での問題や困難を複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのは「管理職の意識や能力の不足」(45.0%)。2番目が「従来の一律的な価値観...
2017/07/12掲載人事白書 調査レポート
労働時間短縮施策として「行った結果、効果があった」割合が最も高かったのは「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」
労働時間を短縮するために行った施策が「ある」企業に、各施策実施の有無とその効果について聞いたところ、「行った結果、効果があった」の割合が最も高かったのは、「経営...
2017/07/12掲載人事白書 調査レポート
従業員の評価の結果を「人材開発・育成」に活用している企業は31.0%、「キャリア開発」に活用している企業は17.0%にとどまる
従業員に対する評価結果を何に活用しているのかを複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのが「昇進・昇格」(84.0%)で、2番目は、「基本給」(80.4%)、3...
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート
育成の「効果検証」を「行っていない」企業が過半数
人材育成の「効果検証」を「行っている」企業は35.8%にとどまっており、「行っていない」は53.8%、「わからない」は10.4%。「行っている」企業に自由記述形...
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。