企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リンゲルマンコウカ リンゲルマン効果

「リンゲルマン効果」とは「社会的手抜き」とも言われ、集団になると怠け、一人で作業するよりも、一人当たりの効率がかえって低下してしまう現象のことを指します。提唱したのはフランスの農学者リンゲルマン。綱引きの実験において、一人で引く力を100%としたとき、二人で引っ張ると一人の力は93%、五人では70%、八人になると半分になることが分かりました。自分一人だけが評価されることのない環境下においては、人は努力する必要性を感じなくなることを示しています。(2019/8/2掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リンゲルマン効果のケーススタディ

チームプレイによる手抜きの防止には
「見てくれている誰か」の存在が有効

学校の合唱コンクールや運動会を思い出すと、そこにはいつも「サボる人」の存在がありました。意識的にサボっているわけではなくても、全力を出していると思えない人が一定数はいたものです。

そこには共同作業ならではの落とし穴があります。「自分がやらなくても誰かがやるだろう」という考え方です。一人ひとりの責任感が分散してしまうことで、おのおのの労力が低下してしまうのです。無意識の場合と、意識的な場合がありますが、自分より秀でている人が複数いるときに「努力しても報われない」と諦めてしまうケースは多いようです。
 
ここで、一つの疑問が生じます。その道のプロであっても、リンゲルマン効果からは抗えないのか、ということです。それを検証するため、2015年にNHK Eテレの番組で実験が行われました。綱引き協会に所属するプロを集めて、リンゲルマンが行ったものと同様に綱引きをするという実験です。結果、一人当たりのパフォーマンスは低下しませんでした。要因はいくつか推察できますが、集団の中で誰もが手を抜くわけではない、ということが分かりました。

では、プロではない人たちはどうでしょうか。番組では、同様の実験を一般人で行ったところ、チアリーダーからの応援があった場合にはリンゲルマン効果は認められませんでした。
 
実生活や仕事にも、この考え方を生かすことができます。日々の業務のなかにも、リンゲルマン効果はじわじわと現れています。チームプレイになると、「私がやらなくても誰かがやってくれる」というマインドに陥りやすいからです。

そのような状況を防ぐには、チアリーダーのように「見てくれている誰か」が必要です。上司や同僚、家族や友人などがその役割を担うことができれば、チームプレイになっても手抜きを回避できるかもしれません。

陰で活躍する人に感謝の印を送るピアボーナスや、自分の努力が適切に評価される人事評価制度といったシステムがリンゲルマン効果の防止のために一役買ってくれそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

セルフ・コンパッション
「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティ...
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
自己効力感
「自己効力感」(self-efficacy)は心理学用語の一つで、何らかの課題に取り組むときに困難な状況であっても、「自分は対処できる」と自分に対して確信、自信といったイメージが持てることをいいます。カナダの心理学者アルバート・バンデューラが提唱した言葉で、「自己効力感」があることによって人は物事に...

関連する記事

評価制度の実際
人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
「部下が上司を評価する仕組みがある」企業は14.4% 「評価が会社の業績向上につながっている」企業は35.5%
「最終的な評価結果が、被評価者にフィードバックされる」に「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と答えた人は、71.3%。また、評価対象、評価項目、評価基準が社内で公開されている」は69.9%だった。一方、評価結果への納得や配置転換への活用、業績向上につな...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
諸富祥彦さん: 一人の時間がイノベーティブな発想を生む あえて「孤独」を選ぶ社員が、企業にもたらす効果とは
「孤独」と聞くと、よくないイメージを持つ方は多いかもしれません。しかし、書籍『孤独の達人』の著者であり、明治大学教授の諸富先生は、「孤独は、働く上でも大きな意味を持つ」と言います。新たなアイデアを生む「孤独」について、同氏にじっくりとうかがいました。
2019/03/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。