企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ダニング クルーガー コウカ ダニング=クルーガー効果

「ダニング=クルーガー効果」とは、認知バイアスの一種で、能力の低い人ほど自らを過大評価してしまう傾向のこと。自分の能力をメタ認知できず、全体のなかでの自らの適格性を正しく査定できないことにより生じるもので、米国コーネル大学のデイヴィッド・ダニングとジャスティン・クルーガーによって定義されました。二人の論文は、2000年のイグノーベル賞(ノーベル賞のパロディーで、人々を笑わせ、考えさせる業績に与えられる賞)で心理学賞を受賞しました。

ダニング=クルーガー効果のケーススタディ

ダニング=クルーガー効果にならないためには
客観性と批判的思考でメタ認知の強化を

ダニング=クルーガー効果が定義されたのはつい最近のことですが、優越の錯覚についての言及は歴史の中でもたびたびありました。古代ギリシアの哲学者ソクラテスは、自分に知恵があると思い込んでいる人よりも、自分が知らないことを自覚している人のほうに知恵がある「無知の知」を説いています。また、古代中国の孔子も「知るということは、知っていることを知っている、知らないことを知らないと認めることだ」と、論語のなかで述べています。

能力が低い人ほど自らを過大評価してしまうという現象は、ダニングとクルーガーの二人が行った実験のなかからもわかります。二人は学生たちに「自分のユーモアのセンスや論理的思考は同世代の人と比べて、どのあたりのポジションにいると思うか」と聞きました。すると、成績がよい学生ほど自分の順位を正しく、もしくはわずかに低く見積もり、成績が悪い学生ほど高く見積もるという傾向が出ました。メタ認知ができる人は、自分ができることは他人もある程度できるだろうと、俯瞰して判断しているのです。

職場に思い当たる人はいるでしょうか。あるいは、あなた自身がこの傾向に当てはまるでしょうか。しかし、ダニング=クルーガー効果は悪いことばかりではありません。いわば「根拠のない自信」は、自己肯定感や自己効力感を保ち、行動に対してよい結果が生じやすくなります。

それでも、メタ認知ができずに痛々しい言動をしてしまうことは避けたいもの。そのためには、客観的なデータや評価に触れる機会を増やして、認知のゆがみを正し、的確なスタート地点を把握することが大切です。また、クリティカルシンキング(批判的思考)を学ぶことも有効です。一つの考え方に対して、他の視点はないだろうかと疑いの目を持つことで、ダニング=クルーガー効果のような認知バイアスを是正させることができます。

・関連キーワード
メタ認知

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...
セルフ・コンパッション
「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティ...
自己効力感
「自己効力感」(self-efficacy)は心理学用語の一つで、何らかの課題に取り組むときに困難な状況であっても、「自分は対処できる」と自分に対して確信、自信といったイメージが持てることをいいます。カナダの心理学者アルバート・バンデューラが提唱した言葉で、「自己効力感」があることによって人は物事に...

関連する記事

評価制度の実際
人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
「部下が上司を評価する仕組みがある」企業は14.4% 「評価が会社の業績向上につながっている」企業は35.5%
「最終的な評価結果が、被評価者にフィードバックされる」に「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と答えた人は、71.3%。また、評価対象、評価項目、評価基準が社内で公開されている」は69.9%だった。一方、評価結果への納得や配置転換への活用、業績向上につな...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

絶対評価と相対評価の活用例
人事評価には絶対評価と相対評価の二種類があると言われますが、それぞれの活用先(賞与評価、昇給評価、昇格評価)とその理由につきまして、一般論で結構ですので、ご指導願います。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...