企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者認定

いつもお世話になっております。

弊社の社員の友人が新型コロナウイルスに感染し
保健所から社員あてに濃厚接触者となったためPCR検査を
受けるように連絡がありました。

結果、陰性でしたが保健所の指導により現在2週間の自宅待機を
指示しております。

ついては休業期間中の休業手当について相談させてください。

その濃厚接触者認定を受けた社員とマスクなしで会話を交わした
社員2名も2日間自宅待機をさせ、出社時に簡易検査キットで
陰性を確認した後、業務に就かせました。

濃厚接触者と会話を交わした2名の社員については自宅待機期間中も
通常の出勤扱いとする予定です。

濃厚接触者認定を受けた社員の2週間の自宅待機期間ですが
これは会社責によるものという判断になるのでしょうか?
(保健所からは、望ましいというだけで強制はされていません)

ご教示のほど、よろしくお願いいたします。

投稿日:2020/12/01 17:21 ID:QA-0098736

総務人事担当者さん
愛知県/機械

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、陰性であってかつ保健所からも休業指示ではなくあくまで望ましいという事ですので、会社判断に基づく休業に該当するものと考えられます。厚生労働者の「新型コロナウイルスに関するQ&A」におきましても、「「帰国者・接触者相談センター」でのご相談の結果を踏まえても、職務の継続が可能である方について、使用者の自主的判断で休業させる場合には、一般的に「使用者の責に帰すべき事由による休業」に当てはまり、休業手当を支払う必要があります。」と示されています。

従いまして、当該濃厚接触者につきましても休業手当の支給をされるのが妥当といえるでしょう。

投稿日:2020/12/02 09:39 ID:QA-0098760

相談者より

ご回答をありがとうございました。
休業補償については、弊社役員も納得しているのですが6割を超えるのかどうかで議論しています。
若年層の社員ですので、できれば10割補償してあげたいのですが。
大変参考になりました。ありがとうございました。

投稿日:2020/12/02 10:56 ID:QA-0098768大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

厚労省は「使用者の自主的判断で休業させる場合には、一般的に「使用者の責に帰すべき事由による休業」に当てはまり、休業手当を支払う必要がある」としていますので、本件も労働者の意思ではなく、会社の意思であり休業補償が必要と思われます。
尚、簡易検査のような信頼度に疑いもあるような手法はリスキーであり、会社として責任を負いかねない可能性もあるため、関与しない方が良いのではないでしょうか。

投稿日:2020/12/02 09:54 ID:QA-0098763

相談者より

ご回答をありがとうございました。
確かに簡易検査キットは信頼性に疑いがあるため万が一の手段にとどめます。どうも有難うございました。

投稿日:2020/12/02 12:00 ID:QA-0098771大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

コロナ事由の休業者の賃金

▼法的には、労働提供がなければ、賃金支払義務は生じません。労働不提供が、労働者の事由に依る場合は勿論、自然災害で出勤不能など、労働者と使用者のどちらの責任でもない場合を含みます。
▼然し、16年熊本地震に伴う労基法等に関するQ&Aで「労働契約や労働協約、就業規則等に労働者が出勤できなかった場合の賃金の支払について定めがある場合は、それに従う必要がある」との考えを示しました。この明示はコロナ事態にも適用されます。
▼依って、自宅待機期間中も通常の出勤扱いとするのは、妥当な措置だと考えます。

投稿日:2020/12/02 10:29 ID:QA-0098766

相談者より

ご回答をありがとうございました。
今回のコロナ禍においては、陽性者・濃厚接触者(本人・家族)など、いろいろな状況が想定され、会社としてもどこまで想定すれば良いか悩ましい限りです。
ただ、今後のことも想定した就業規則の整備を進めたいと思います。ありがとうございました。

投稿日:2020/12/02 12:03 ID:QA-0098772大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
コロナ自宅待機とリモートワーク
新型コロナウイルスの濃厚接触者となり保健所にてPCR検査を受け陰性となりましたが、保健所から2週間の自宅待機を命ぜられ、会社としては特別有休(有休の日数が減らない)として対応しようと考えていますが、リモートワークで仕事をさせることは問題ないのでしょうか?
コロナに関する休業手当
コロナに関する休業手当の要否を整理したく、ご相談です。 以下の考え方でよろしいでしょうか? ①従業員が感染した疑いがある症状の場合  A:自主的に休む    ⇒休業手当「不要」  B:高熱・全身倦怠感なの症状で労務提供が不能と    会社が自宅待機を命じた場合    ⇒休業手当「不要」  C:微...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
プラチナくるみん
「プラチナくるみん」とは、仕事と育児の両立支援に熱心に取り組む企業のうち、トップクラスの実績を上げている企業を厚生労働省が認定し、税制面などで優遇する制度およびその認定マークのことです。プラチナくるみん(特例)認定制度は、次世代育成支援対策推進法(次世代法)の改正実施に伴い、来年4月1日からスタート...
休業手当
休業手当は、使用者の都合で労働者を休業させた場合、労働者に支払わなければならないものです。休業手当は労働者の最低限の生活を保障するための労働基準法の決まりの一つですが、休業手当の根拠となる「使用者都合」の判断が難しいケースも少なくありません。
ユースエール
若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。若者(youth)にエールを送る事業...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

タレントパレット 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/22
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...