企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

通常の雇用調整助成金にかかる残業相殺等(フレックス導入会社)

いつも参考にさせていただいております。
コロナ特例ではなく、通常の雇用調整助成金についてお伺いいたします。
清算期間3か月のフレックスタイム制導入会社における下記取扱についてご相談です。

1.残業相殺が生じた場合の休業規模要件の確認方法について
 下記事例の場合は、95人日が休業規模要件を満たしていなければいけないという理解でよろしいでしょうか。
 それとも、100人日で満たせばよいでしょうか。

 ※清算期間が判定基礎期間となり、精算期間の総労働時間から総所定労働時間を差し引いて所定外労働時間等を算出する点は承知しております

例)所定労働時間8h 10人が10日ずつ休業
  そのうち4人が労働日について5日間にわたり各日2時間所定外労働をしていた

 a)休業延べ日数 = 10人×10日=100人日
 b)所定外労働延べ日数 = 4人×5日×2h÷1日8h = 5人日
 c)支給対象となる休業日数 100人日 - 5人日 = 95人日

2.一部、3か月のフレックスが適用除外になる従業員がいる場合
 1~2名、3か月適用が協定に基づき除外され、1か月のフレックス適用者がおります。
 この場合、1か月フレックス適用の従業員も、3か月フレックス適用の従業員と同様に一緒くたにして計画・支給申請すれば問題ないものでしょうか。

3.計画届に必要な書類「様式第1号(3) 休業・教育訓練計画一覧表」について
 ガイドブックを確認すると、教育訓練実施の場合は必須、休業に関する記載は任意(教育訓練と併せて記入してもよい)となっています。
 上記のとおりですので、休業のみ実施の場合は、個人別の休業計画のカレンダーなどは一切提出不要という理解で間違いないでしょうか。

ご多忙の折恐れ入りますが、ご教示いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

投稿日:2020/09/16 12:04 ID:QA-0096779

やまだたろうさん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

この相談への回答を現在募集しています

この相談に回答する(会員登録)

『日本の人事部』に会員登録するとこの質問に回答することができます。
現場視点の解決ヒントやアイデア、事例などを共有していただけませんか?
既に回答が付いている相談でも、追加の回答は可能です。皆さまのアドバイスをお待ちしています!

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
雇用調整助成金の休業予定日数について
雇用調整助成金の計画届を提出するにあたり、 個人ごとに、 1、休業予定日 2、休業予定日数が 異なる場合は計画届にどのように記述すればよいか ご教示ください。
休業期間における社員への課題
お世話になっております。 休業期間中に、休業させて社員に対して、会社から課題(スキルアップの勉強等)を出すことは可能でしょうか。 休業期間終了後、テストを行うかどうかは決めておりませんが、 休業期間中、ただ休ませておくのもどうかと思い、休業終了後、速やかに業務を行っていただくためと考えております。...
みなし残業について みなし労働について
みなし残業を導入する事で、使用者にみなし労働たから残業するようにと残業指示を出すことは可能でしょうか?特に昨今は休業のこともあり、休業以外の出勤日は残業させたいと思ってます
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
一時帰休
一時帰休とは、企業が業績悪化などを理由に事業活動を縮小する際に、従業員を一時的に休業させることを意味します。労働基準法第26条の「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当するため、休業期間中は平均賃金の60%以上の休業手当を支払う必要があります。
雇用調整助成金
雇用調整助成金とは、景気悪化などによる事業縮小や労働者の雇用調整が必要となった使用者に対して休業手当や賃金の一部を国が助成するもので、雇用を維持することを目的に支給されます。 ※本記事は社会保険労務士の監修のもと作成しました。
フレックスタイム制
働き方改革への意識が高まるなか、労働者が柔軟に勤務時間を決められるフレックスタイムに注目が集まっています。フレックスタイム制では、労働者自身が勤務時間帯を自由に決めることが可能。一定期間に働く総時間数を決めておき、労働者はその時間内であれば何時に出勤・退社してもよいという仕組みです。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...