企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

アルバイトへのボーナス

こんにちは。
いつも大変お世話になっております。

近々、街頭アンケート調査員をアルバイトにて雇用しようと考えております。
条件は下記の通りです。
時給:1,300円~1,500円
調査したアンケートが成約した場合、1件につき別途10万円支給

もし仮に成約した場合の給与明細は、「基本給」に含めたらいいのでしょうか?
それとも「賞与」や「歩合」といった名目で記載した方がよろしいのでしょうか?

また、学生アルバイトとフリーターを雇うときの大きな違いがあればご教授いただければ幸いです。
(学生アルバイトは社会保険に加入できない…等)
フリーターの場合、年間130万円以上稼いだ場合は、弊社で社会保険に加入する義務が発生しますか?

複数の質問をしてしまい申し訳ございません。
ご回答いただけますと幸いです。

よろしくお願い致します。

投稿日:2020/09/05 11:49 ID:QA-0096458

たんたさん
大阪府/不動産

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、成功報酬につきましては補償された給与ではなく臨時の賃金となりますので、基本給に含める事は出来ません。名称は任意で決められて差し支えございませんが、内容からしますと報奨金といった名称がフィットするように思われます。

また、昼間学生は基本的に社会保険加入は出来ませんが、それ以外の方につきましては収入等基本的に通常の従業員と同じ要件で加入可否を判断する事になります。

投稿日:2020/09/07 09:26 ID:QA-0096465

相談者より

ご回答いただきありがとうございます。

大変参考になりました。
また機会があればよろしくお願いいたします。

投稿日:2020/09/10 17:52 ID:QA-0096622大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

アルバイトへの報奨金

▼成約した場合、時給とは別建て表示する方が、何かと、明快だと思います。呼称は「出来高給」(一寸野暮ったい?)でも良いでしょう税法上は同じ扱いです。
▼法律上では、フリーターとアルバイトは、正社員と同じように「従業員」という扱いです。どちらにも厳密な違いはなく、「パートタイム労働者」として区分されています。
▼「103万円の壁」「106万円の壁」「130万円の壁」と言われますが、自ら、社会保険に加入義務が発生する年収ボーダーのことです。ここでも、上記俗称区分はありません。
▼尚、学生であっても、週・月の労働時間が正社員の3/4以上なら、社会保険の加入義務がありますので、要注意です。

投稿日:2020/09/07 10:49 ID:QA-0096472

相談者より

ご回答いただきありがとうございます。

大変参考になりました。
また機会があればよろしくお願いいたします。

投稿日:2020/09/10 17:53 ID:QA-0096623大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

成約件数1件につき支給する別途10万円というのは、報奨金にあたると考えられますので、その体で給与明細に記載されたらいいでしょう。

学生アルバイトを雇うに当たっては、あくまでも学業が優先しますので、学業に支障がない範囲内での雇用を心がける必要はあります。

いわゆる年間130万円の壁というのは、サラリーマンの配偶者が夫の扶養に入って働く場合に論じられるものです。

したがって、フリーターであっても、サラリーマンの妻でない限り、御社が法人(株式会社、有限会社等)、または従業員数が5人以上の個人事業所(農林漁業や飲食店などのサービス業は除く)である、いわゆる “強制適用事業所” であって、1週の所定労働時間および1ヶ月の所定労働日数が御社で同様の業務に従事している正社員の4分の3以上であれば、日雇いアルバイトや、雇用期間が2か月以内といった場合等を除いて、基本的には加入する義務があります。

投稿日:2020/09/07 11:00 ID:QA-0096474

相談者より

ご回答いただきありがとうございます。

大変参考になりました。
社会保険適用要件についても細かくご教授いただき理解することができました。
また機会があればよろしくお願いいたします。

投稿日:2020/09/10 17:54 ID:QA-0096624大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

歩合については基本給ではありませんので、別出しにして明確に歩合であることが明示されるようにすべきです。賞与も意味が違うので歩合給のようなミスリードのない名称が良いでしょう。
学生バイトとフリーたpは、ご指摘通り学生は社保に入れない違いがあるだけです。また社保加入要件は年収では無く勤務時間・雇用契約ですので、名称ではなく雇用条件をご確認下さい。

投稿日:2020/09/07 14:57 ID:QA-0096491

相談者より

ご回答いただきありがとうございます。

大変参考になりました。
また機会があればよろしくお願いいたします。

投稿日:2020/09/10 17:54 ID:QA-0096625大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
アルバイトの社会保険の加入について
アルバイトを社会保険に加入させる時、契約時だとどうしても、時間数がわからない点と、離職率が高い点からすぐに加入させたくないのですが。現場としてどの程度まで許されるものなのでしょうか。宜しくお願いします。
アルバイトの最低雇用日数
以前アルバイトで週4日雇用しておりました。 この不景気のため、日にちを減らしたいと思っています。 週何日以上、何時間以上、月何日以上雇わなければいけないというような規定はあるんでしょうか?
アルバイトの社会保険加入について
いつもお世話になります。 以前にも有期雇用者の社会保険に関する質問をさせていただいたのですが、それに関連して質問させてください。 3ヶ月契約で更新無しとして雇用したアルバイトについて、時間、日数などが社会保険加入条件を満たしている場合は加入しなければならないことは理解しているのですが、もしこれを弊...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 1. アルバイト・パートとは
    アルバイト・パート採用のポイントや注意点をまとめるとともに、効率的な採用方法や、企業によるアルバイト・パートの採用から活用までを支援する各種サービスも紹介。まずはアルバイト・パート・フリーター用語の使い分けを整理する。
  • アルバイト・パートの「現状」
    全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。 そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない アルバイト・パートの基本情報をチェック!
  • 道下裕史さん 「フリーター」400万人の現在・過去・未来
    企業は、フリーターとどのような関係を築いていったらいいのか。フリーターの人材をマネジメントして成果につなげることはできないものか? 18年前、「フリーター」という言葉を考案、名づけ親となった道下裕史さんにインタビューしました。
あわせて読みたいキーワード
ブラックバイト
「ブラックバイト」とは、非正規雇用のスタッフに過剰な負担や長時間労働を強要する、違法性の高いアルバイトのことです。若い社員を劣悪な労働条件で酷使し使い捨てにするブラック企業になぞらえて、名づけられました。トラブルが広がっているのは主に学生アルバイト。契約内容と違う過度に責任の重い仕事を押しつけられた...
106万円の壁
2016年10月からパートタイマーに対する社会保険の適用範囲が拡大され、従業員501人以上の企業であれば、勤務時間が週20時間以上で、1年以上の勤務が見込まれるパートタイマーは、見込み年収106万円(賃金で月額8.8万円)から社会保険の加入対象となります。この改正により、配偶者が会社員・公務員である...
厚生年金
厚生年金とは、日本にある二つの公的年金のうちの一つです。民間で働く方は、おおむね加入していると考えてよいでしょう。厚生年金の加入手続きは企業が行い、保険料は企業と社員とが折半して支払います。厚生年金において保険料を支払っていれば、一部が国民年金に回されるので、厚生年金と国民年金の保険料を同時に支払う...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

人事リーダー育成講座
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...