無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

育児休業の期間等について

いつも参考にさせて頂いています。

産前産後休暇を取得してから育児休業に入る予定の者がいるのですが、有給休暇も取得できていない場合ですが、産前産後休暇後に有給休暇を消化してから育児休業することが可能でしょうか?

それとも育児休業は、産前産後休暇に引き続き取得しなければならないのでしょうか?

投稿日:2020/07/13 16:33 ID:QA-0095068

あすなろさん
和歌山県/公共団体・政府機関

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、育児休業とは対象となる子について育児の時間が必要となった際に当人の申請に基づき期間を指定の上取得されるものです。すなわち、育児休業を産休と連続して取得しなければならない等といった時期的な制約はございません。

従いまして、当人の希望があれば、文面のような産休→有休→育休といった取得の仕方も当然に可能となります。

投稿日:2020/07/13 18:01 ID:QA-0095078

相談者より

早速のご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/07/14 08:57 ID:QA-0095084大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

育児休業は、産前産後休業に引き続いて取得するというのが一般的ではありますが、必ずそうしなければならないという決まりはありません。

したがいまして、産前産後休業後に年次有給休暇を取得し、その後に育児休業に入るということも、十分可能です。

ただしこの場合、産後休業終了後、年次有給休暇を取得してから育児休業に入りたいという申し出については、その申し出がどのような形で行なわれたのかが問題になります。

つまり、はじめから、産後休業終了後に年次有給休暇を取得し、その後、育児休業に入りたいと申し出た場合は、その年次有給休暇を取得しようとする日は本来労働義務があるため請求を認めなければなりません。

対して、産後休業終了後に育児休業に入りたいとの申し出が事前に行なわれており、その後に産後休業終了後に年次有給休暇の取得を挟んで育児休業に入りたいとの(変更の)申し出があった場合は、本来、育児休業の取得日になっていた日は労働義務がすでになくなっていると考えられるため、年次有給休暇を請求する余地はないということになります。

要は、育児休業の申し出と年次有給休暇の申し出、どちらが先かで結論は異なるということです。

注意してください。

投稿日:2020/07/14 08:17 ID:QA-0095081

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/07/14 09:18 ID:QA-0095085大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
有給休暇届

有給休暇届です。書式内の「●」の部分を、御社の規定に合わせて変更をお願いいたします。是非ご利用ください。

ダウンロード
関連する資料
育児・介護休業法改正のポイント ~産後パパ育休に向けて企業が準備すること~

2022年4月から3 回に分けて、育児・介護休業法の法改正が行われます。
最も注目されるのは「産後パパ育休(出生時育児休業)」の新設。
父親が通常の育児休業とは別に、子どもの出生時に取得できる育児休業です。
ここでは「産後パパ育休」を含めた改正の内容や、改正の背景などを解説します。

【目次】

1.改正法の全体像
2.施行に向けてのスケジュール
3.2022年4月1日施行
●妊娠や出産の報告を受けたら、個別に説明する
●育児休業を取りやすい職場環境を整える
4.2022年4月1日施行
●有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件の緩和
5.2022年10月1日施行
●産後パパ育休、育児休業の分割取得
●何が変わるのか
●給付の支給や社会保険免除、ハラスメントについて
6.2023年4月1日施行
●育児休業取得率の公表
●どんな会社に公表の義務があるか?何を公表するのか?
7.中小企業への支援

改正の背景や関連用語集も掲載!無料でダウンロードできます。

【2022年4月法施行】法令改正のポイント解説と男性育休取得を推進する研修事例紹介_全9ページ1.17MB

男性育休の現状とは
~制度改革の流れと育休取得を促す職場づくりのポイント~
2022年4月に予定されている法令改正のポイントやそもそもなぜ、男性育児休業を推進するのか?といった点を本人、家族、会社のメリットでまとめています。
また、男性育休の質問事例も掲載していますので、情報収集にお役立てください。

2022年版人事・労務関連法改正ガイド

この資料では、2022年の法改正の概要と施行日、対象企業についてまとめて解説します。また法改正により人事・労務担当者の実務がどのように変化するかについても説明します。