企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15382件   回答数33230

従業員の社用車を使った通勤

お世話になります。
7人での小規模な会社の事業主です。
弊社では車通勤を認めていません。
残業等で遅くなった場合に限り単発的に帰宅に社用車の使用を認めていますが、はっきりとした規定を設けていません。
今後に備え責任範囲の認識と、規定を作成したいと考えております。
原則社員の自己責任として取り扱いたいと考えています。
その際に必要な手続きや留意点をお教えください。
よろしくお願いいたします。

  • 投稿日:2020/02/12 21:49
  • ID:QA-0090481
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/13 10:49
  • ID:QA-0090496

代表者

タクシー利用の方が実効的ではないか

▼社内規定で、いくら社員の自己責任だとしても、会社が社有車の使用を認める限り、対外的には、民法上の使用者責任、及び、自賠責法上の運行供用者責任を免れることは出来ません。
▼従い、「残業等で遅くなった場合」という単発事案であっても、フルスペックの車両管理規定の作成、周知の徹底が必要です(詳細は割愛、モデル規定の無料ダウンロードもあります)。
▼通常交通手段では帰宅不能な程の一過性深夜帰宅ならば、少々の高くついても、タクシー利用させ、翌朝清算させるのが実効的ではないでしょうか。

  • 投稿日:2020/02/13 17:34
  • 相談者の評価:参考になった

有難うございました。
今後の参考にさせて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/13 14:28
  • ID:QA-0090503

人事・経営コンサルタント

責任

会社が認めた以上すべて自己責任は通らないでしょう。しっかりと自家用車使用規定を作成する必要があります。「自家用車使用規程」などでいくらでもモデルがありますので参考に調べてみて下さい。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/13 15:38
  • ID:QA-0090507

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

会社が社有車を提供した場合、
もし帰宅途中に事故にあった場合、通勤災害ではなく、業務災害となります。

よって、何かあれば自己責任だけとはならず、会社責任が発生します。

  • 投稿日:2020/02/13 18:03
  • 相談者の評価:参考になった

有難うございました。
今後の参考にさせて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
通勤費について
弊社の通勤費の規定には弊社から1.5キロの居住している者と明記していますが、色々調べると2キロが多いようですがどちらが良いのでしょうか? 1.5キロと2キロの法的根拠があれば教えてください。 よろしくお願いします。
自家用車での通勤について
お世話になっております。 従業員の車での通勤について質問いたします。 弊社の規程では車通勤は認めておりません。 しかし、この度、通勤が不便な場所へ出向いて作業する社員がおります。 その社員だけ例外的に自家用車での通勤を認めるつもりでおりますが、 その際に必要な手続きや留意点等をご教授下さい。 宜し...
規定の作成について
規定の種類が様々ありますが、マイカー通勤管理規定とか安全運転管理規定など・・ これらは、別々に規定として作成したほうがよろしいのでしょうか? 安全運転管理規定の中に、例えば第一章として、マイカー通勤管理など・・含めてしまってもよいのでしょうか? たくさん規定があり、少なくしたいのが目的でもありますが...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
従業員代表制
従業員の過半数で組織する労働組合がない事業所は、時間外労働に関する協定(いわゆる「36協定」)などの労使協定を締結する際、従業員の過半数を代表する者を従業員代表として締結することが定められています。また就業規則を作成・変更する際にも、従業員代表の意見を求めなければなりません。これを「従業員代表制」と...
ノーワーク・ノーペイの原則
労働契約法第6条が定める労働契約は、労働者による労務の提供と、使用者による賃金の支払との“双務契約”です。したがって労務の提供が履行されず、それが労働者の責任に帰する場合は、対応する賃金の支払義務も原則として生じません。これを「ノーワーク・ノーペイの原則」といいます。つまり「労働無くして給与無し」―...
社外監査役
公正な視点で会社の会計と業務が適正であるかどうか、調査をする役職で、社外の役員が担当します。取締役の違法行為で会社が著しい損害を受ける場合など、それを差し止める権限も持ちます。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

最短1営業日で従業員代表を選出しませんか Web採用説明会でエントリー30%UP
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/30
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...