企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

産前休暇について

日頃よりお世話になっております。
従業員より、産前休暇中に有休休暇を取得したいと申し出がありました。
取得は可能でしょうか?
出産予定日:2020/3/9
上記の場合、有休休暇を取得しなければ、1/28~3/9までが産前休暇ですが、
取得が可能となり2/7まで有休を取得した場合、
産前休暇は2/8~3/9の31日間になるのでしょうか?(出産予定日当日が出産日となったとして)

投稿日:2020/01/10 10:06 ID:QA-0089538

24jinjiさん
東京都/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

取得は可能です。

まず、産前の休業は、労働者の請求があって、初めてあたえられる休業です。

取得するか否か、取得するとしても42日間のうち、どのくらいの期間を取得するかはすべて労働者の意思に委ねられております。

したがいまして、従業員から「残存の年次有給休暇を取得してから産前休業に入りたい」といった申し出があれば、使用者はその指定された時季が「事業の正常な運営を妨げる場合」に該当しない限り、付与しなければなりません。

つまり、会社としましては、産前休業を優先してもらいたいとの理由だけで、年次有給休暇の申し出を拒否することはできないということになります。

ただし、すでに産前休業にはいっている場合には、すでに取得した産前休暇を年次有給休暇に振り替えたいとの希望がでても、それには応じる義務はありませんが、もとより会社の好意として振り替えることは自由です。

したがいまして、当該従業員が2月7日まで有休休暇を取得すれば、産前休暇は2月8日から3月9日までというご認識で間違いございません。

投稿日:2020/01/10 15:02 ID:QA-0089553

相談者より

詳しく丁寧に回答くださり、ありがとうございました。

投稿日:2020/01/10 16:43 ID:QA-0089562大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

産休に入る前でしたら、有休を使用するのか、出産手当金をもらうのか従業員に選択してもらうのが通常です。特に本人から有休の申出があったのでしたら、有休消化となります。

その場合には、ご認識のとおり、有休消化後から産休となります。

投稿日:2020/01/10 15:12 ID:QA-0089555

相談者より

ご回答くださり、ありがとうございました。

投稿日:2020/01/10 16:44 ID:QA-0089563大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

申請

産前休暇は本人申請に基づきますので、有給希望であればそちら優先とすべきでしょう。
6週間の期間中、出産日までで取得できるものなので、ご提示通り有休消化後が産休となります。

投稿日:2020/01/11 10:57 ID:QA-0089569

相談者より

ご回答くださり、ありがとうございました。
本人には、有休を取得が希望であれば、希望に沿う形で打診致します。

投稿日:2020/01/14 13:39 ID:QA-0089610参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、産前休暇につきましては必ず休まないといけないものではなく、本人の希望に基づき取得されるものになります。

従いまして、産前休暇の時期について事前に有休申請をされた場合ですと有休の消化が優先されることになりますので、2/7までの有休取得であれば産前休暇はご認識の通り2/8~3/9までとなります。

投稿日:2020/01/11 20:48 ID:QA-0089577

相談者より

ご回答くださり、ありがとうございました。
また産前休暇(2/8~3/9)とのこと、承知致しました。

投稿日:2020/01/14 13:40 ID:QA-0089611大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
産前休暇の有給休暇取得について
いつも利用させていただいております。 さて、産前休暇を取得せずに(対象者が希望しない場合は、会社は取得を強制できないと法律あり)その期間を有給休暇で処理したいと申請があった場合は、会社は有給休暇取得を認めなくてはいけないのでしょうか。 ご教授のほど、宜しくお願いいたします。
特別休暇の申請について 追記
特別休暇についてですが、 就業規則には、「休暇を与える」ではなく、「休暇を与えることができる」でした。 失礼しました。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 【「特別な休暇制度」の導入&活用方法】「従業員の多能工化」との合わせ技で生産性もアップ!
    昨今、「特別な休暇制度」が注目されています。厚生労働省は、全国各地で特別な休暇制度に関するセミナーを行い、さまざまなパンフレットやリーフレットを作り配布しています。また、行政の取組みだけでなく、多くの企業で実際に「特別な休暇制度」が導入されています。厚生労働省ホームページに掲載されている、2013年...
  • 「休み方」をどう考える?――年次有給休暇を中心に
    働き方改革関連法によって年5日の有給休暇取得が義務付けられたことで、「休むこと」に大きな注目が集まっています。 休み方に関しては、「企業が用意する制度」と「従業員の生活」という二つの視点から考えなければなりません。本記事は「法定休暇」「法定外休暇」に関する制度、特に「有給休暇」についての情報をまと...
  • 会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
    働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
あわせて読みたいキーワード
サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
特別な休暇制度
「特別な休暇制度」とは、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度のことです。厚生労働省が策定した「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の事例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休...
代替休暇制度
2010年度から施行された改正労働基準法では、1ヵ月60時間を超える時間外労働に対する法定割増賃金率を現行の25%以上から上乗せして、50%以上に引き上げました。「代替休暇制度」とは、この上乗せ部分(25%)の割増賃金の支払いに代えて、有給の休暇を付与するしくみです。同制度を導入するためには、代替...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。