企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14899件   回答数31934

学歴登録ミスによる人事考課への影響説明について

中途入社して9年になる従業員から学歴登録ミスを指摘されました。人事管理システムを確認したところ、確かに実在する別の学校名が登録されていました。また、大卒ではなく、短大卒の区分でした。

この誤登録により、初任格付けミスや昇格遅れなどの不利益が生じていたのではないかと質問を受け、回答に苦慮しています。一般的にこのような問題はどう回答すべきなのでしょうか?

上長からの指示で昔は別管理していたので全く影響はないと回答したところ、周囲より昇格が遅い件で相談したことがあること、昇格前に学齢を確認していることから、全く影響がないとは思えないと指摘されています。

ご回答よろしくお願いいたします。

  • めるさん
  • 兵庫県
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:評価・考課
  • 投稿日:2019/07/30 07:08
  • ID:QA-0085875
プロフェッショナル・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/07/30 09:52
  • ID:QA-0085880

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まずは会社側での登録ミスがあったわけですので、会社の人事担当責任者から当人に対し陳謝されるべきです。

その上で、挙げられている問題に関しましては、上長と当人の認識に相違が見られますので、手間がかかっても詳細経緯をきちんと調査されることが不可欠といえます。

仮に何らかの影響があったとすれば当然ながら処遇の見直しも検討が必要ですので、まずは事実関係を明確にされなければなりません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/07/30 11:03
  • ID:QA-0085888

株式会社パフォーミア・ジャパン 代表取締役

拝見しました

きちんと調べて、会社側の評価に誤りがあればそれを認めて、人事部としてきちんと謝罪し、今までの不足分をきちんと補填してあげるのが筋だと思います。

自分が同じ立場ならどうされたいかで考えれば、客観的で公平な答えが出てくると思いますよ。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/07/30 15:15
  • ID:QA-0085895

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

単なる登録上のミスだけなのか、昇格等で影響があったのかを確認することです。

初任格付けミスについては、雇用契約書、入社時の給与を確認すれば、比較的判断しやすいでしょう。

その後の昇格については、大卒と短大卒で会社として異なるのであれば、規定や他者と比較したり、実際に評価した方に確認するなどすれば、判明しやすいと思われます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/07/30 20:08
  • ID:QA-0085900

阿倍野区民さん
  • 大阪府
  • その他業種

まず、実際に影響はあったかどうか
しっかりした調査が必要でしょう。

その結果、本当に影響がなかったならそう伝えればよいし、
影響があったなら過去分も補填してやらないと納得しないでしょう。

ただ、ここからは完全な私見ですが、
入社時学歴により初任給が違うのはやむを得ないとして、
その後の評価に仕事の実力ではなく学歴が影響するとしたら、
それは違うのでは?と思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/07/31 22:51
  • ID:QA-0085929

人事・経営コンサルタント

原因究明

まず、このような重要な情報管理で重大なミスがあったのは会社の責任ですから、しっかり原因究明と、責任の所在を明確にすべきです。さらに社員の申し立てのように、本当に学歴管理ミスによる評価、昇進の不利益がなかったのか、過去の評価記録や給与など調べて回答する必要があると思います。
学歴により昇進昇給幅など差をつけている人事制度が多くありますので、なんとなくやあやふやな記憶での回答は不信を呼び、より問題を煩雑化させるリスクがあると思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

日雇い派遣
派遣労働者のうち、1ヵ月未満の雇用契約で働く者を「短期派遣(労働者)」、1日単位の雇用契約で働く者を「日雇い派遣(労働者)」といいます。働き方の選択肢の一つとして、また企業にとっても繁忙期の人員確保に便利なため、急速に広まりましたが、労働条件をはじめとするさまざまな問題が浮上し、議論を呼んでいます...
新卒切り
深刻な就職難をくぐりぬけて入社したばかりの新入社員が、上司からの理不尽な要求や、パワーハラスメントなどを受けた上で自主退職を迫られるケースが増加。「新卒切り」と呼ばれ、「派遣切り」「内定取り消し」に続く社会問題として注目されています。 (2011/2/14掲載)
非認知能力
「非認知能力」とは、経済学や心理学で使われる言葉で、IQや学力テストなどの認知能力ではないもの全般をいいます。具体的には、誠実さや忍耐心、リーダーシップ、コミュニケーション能力など。その有無によって、仕事の成果や人生の行方に影響を与えるパーソナリティや対人能力ともいえます。研究によれば、労働市場にお...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング ジョブ・カード制度 総合サイト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...