企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14592件   回答数31009

意識改革を目的とした管理職養成研修の進め方

次期管理職に対して意識改革を主目的にした研修を実施予定です。「理想のリーダ像」「現在の自分」そして「理想と現実の乖離を埋めるために何をすべきか」をグループディスカッションで議論する中で、受講者が自らの不足分を気づき、内省をし、管理職になるための意識を持つようしたいと思っています。そして、このグループディスカッションの進め方にアドバイスを頂きたいと思っております。
グループディスカッションは以下の方法を想定しています。
5人一組のグループに分けた上で、一つのトピックスについて、
個人での案出(ポストイットなどへの書き出を想定)(所要時間:3分程度)

グループ内での議論及び意見の集約化(所要時間:15分程度)

全体への発表及び討議(所要時間:1グループ 7分程度)
このやり方が適切と思われるか伺いたいと思っております。特に気になっているのは、
短時間でポストイットに答えを出させるのは機械的
グループ内の議論の時間が15分程度だと短すぎる
ことにより、内省を促すことにならないのでは。一つ一つのトピックスについて、グループメンバーとじっくり話込むような進め方がよいのではとも思っております。
もしもご意見頂けましたら幸甚です。

  • 研修検討担当さん
  • 東京都
  • 機械
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2019/02/21 23:08
  • ID:QA-0082563
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/02/22 09:56
  • ID:QA-0082570

株式会社パフォーミア・ジャパン 代表取締役

ご参考までに

お世話になります。

投稿内容を拝見しました。

このやり方は、3分や7分や15分の課題プロセスを通して「理想と現実の乖離を埋めるために何をすべきか」に気づくのが目的でよろしいでしょうか?

どんな研修もそうですが、受講者が、学んだことが腑に落ちて、本当に理解するまでは変化は起こりません。時間がきたから、それで終わりという感じで進めると、期待する結果に辿り着かないのではないかと思われます。

人はそれぞれ能力もスピードも違うので、3分や7分や15分で求められるアウトプットを出せる人もいるかもしれませんが、そうでない人の方が多いでしょうし、自分の現実、特に欠点に本当に直面できる人は、そんなに多くはありません。

もし研修で集まる時間が長くはとれないという理由であれば、できれば、少し考える必要がある課題は、受講者に事前課題として出しておいて、研修当日は、その回答が手元にある状態で議論を進められる方がよいではないかと思います。

そして、本当に成果を出すなら、腑に落ちるまで繰り返す必要があると思われます。

  • 投稿日:2019/02/22 16:28
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。目的は受講者が不足分に気づき、そして、不足分を埋めるモチベーションを持つことです。ご指摘の部分を懸念しておりました。明確にお答え頂き、ありがとうございます。主催者側の自己満及びやることに意義がある研修は避けたいと思っておりましたので大変助かりました。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/22 09:57
  • ID:QA-0082571

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、方法としましては特に問題はないでしょうが、ご認識の通り時間が短すぎるといえるでしょう。

折角の研修、しかも管理職要請といった業務運営上でも重要な内容の研修であることからも、前もってトピックスを提示の上、全体で少なくとも1時間程度は確保されるべきといえます。

加えまして、やりっぱなしで終わるだけでなく、研修後個々の受講者に研修内容に沿った自らの課題や改善方法を書いてもらう等、今後のキャリアに具体的に活かせるような工夫をされることも重要といえます。

  • 投稿日:2019/02/22 16:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。理想的な時間、アフターフォローのことまで、ご経験に裏打ちされた貴重なご助言、誠にありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/22 15:18
  • ID:QA-0082590

株式会社BRICOLEUR 代表取締役

事前準備、新たな情報、アウトプットする枠組み、が大切だと考えます。

ご相談には様々な背景(制約)がすでにあるはずですので、所要時間を所与としてお答えします。
ご参考になれば嬉しく思います。

1.事前準備
個人の案出しにおいては事前告知しておくことで時間短縮かつ案の精度向上が図れます。
さらには付箋に書いて持ち込んでもらえたら良いですね。
次期管理職(候補)ということで参加意識も高いと見込み、事前準備が実現できると見立てています。

2.新たな情報
個人の案自体が何らかの制約や思い込み、これまでの固定観念に縛られてしまうとワークの目的が達成されないと思われます。
上司や後輩など周囲からの期待を集める、人材要件をあらためて提示し参照とする、何かの書籍を読んでくることで幅を広げる(目線を上げる)、などを、新しい情報を仕入れた上で案出しして頂くと効果的です。

3.アウトプットする枠組み
付箋を基にしたグループワークは「発散」で終わる、「中途半端な収束」で終わる可能性が高くなります。誘導し過ぎないような工夫は必要ですが、”この観点(軸)でまとめてください”という道筋は提示した方が時間効率と精度の向上につながります。

以上です。頑張ってください!

  • 投稿日:2019/02/22 16:19
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。わかりやすく、具体的、かつ丁寧にご助言頂き誠にありがとうございます。励ましのお言葉まで頂き恐縮です。頑張ります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

グループ内派遣
「グループ内派遣」とは、人件費の節約などを目的に、大手企業が人材派遣会社を子会社として設立し、同社が親会社およびそのグループ企業各社に労働者派遣を行うことをいいます。2012年10月に施行された改正労働者派遣法(同年4月に成立)が、派遣会社に対して、系列企業への派遣割合を8割以下に抑えることを義務...
Tグループ
「Tグループ」とは「トレーニンググループ」の略で、自己理解や他者理解、リーダーシップといった人間関係に関する気付きを得るための学習方法です。心理学者のクルト・レヴィンらが1946年に米国コネチカット州で、教育関係者やソーシャルワーカーなどを集めて、人種間の差別撤廃に向けたワークショップを行ったことが...
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック 求める人材を確実に採用する視点
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...