企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14073件   回答数29760

帰省旅費の設定方について

帰省旅費の設定方について教えてください。
弊社では、単身赴任者に自宅に帰省するための旅費を支払う規程があります。
しかし、帰省旅費は課税対象となり、税金相当分は利用者自身が実質負担していることになります。
そこで、帰省旅費という名目で、実際に旅費として掛かった費用に加えて、
税金相当分を加算して支給することは、法律的に問題ありますでしょうか?
帰省旅費という名目だと、実額のみの支給でないといけないものでしょうか?宜しくお願いします。

  • 塩キャラメルさん
  • 東京都
  • 旅行・ホテル
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2019/02/01 12:50
  • ID:QA-0082067

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/02/01 20:28
  • ID:QA-0082089

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、税を納める事は国民の義務ですし負担されるのは当たり前ですので、そのようなある種の脱法的措置については避けるべきといえます。仮にそうした目減り分を補う考え方ですと、給与やその他の課税対象金額につきましても課税分を上積みする必要がある事になってしまいますが、そうした措置が不合理であることはいうまでもございません。

ちなみに帰省旅費でも場合によっては非課税となる可能性があるものと考えられますので、その点については税務の専門家である税理士にご確認される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2019/02/04 09:52
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
納税が、国民の義務であることは理解のうえで、
帰省旅費については、会社の命令により自宅から離れた場所に住んでいる社員に対して、自宅に帰省するための費用を会社が負担するもので、その費用の税金部分を会社ではなく、本人が負担することに不合理があるように感じた次第です。
課税部分見合いも会社が負担する制度にすることが法的にできるのか、できないのかをお聞きしたかったのですが、いかがでしょうか???
旅費という性質上、その他の転居転勤関連諸手当に比べると、実際に発生する費用が明確な分、給与・その他の手当類とは性質が若干異なるように思っています。度々の質問で申し訳ありません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/04 10:17
  • ID:QA-0082115

人事・経営コンサルタント

課税

税務問題の専門ではありませんが、基本的に帰省費用は課税対象ですので、その補助という主旨は制度化自体脱法的意味を持つ恐れがあるのではないでしょうか。
そこで業務性があれば非課税であることから、帰省時に本社で打合せを入れるなどする業務性を備えるなど検討されてはいかがでしょうか。詳しくは税務署の確認が必要と思います。

  • 投稿日:2019/02/04 13:57
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/04 11:19
  • ID:QA-0082119

代表者

グロスアップが必要

▼ 税金相当分を加算して支給することに問題はありません。寧ろ、税込みで支給するのが、税法の基本です。
▼ 所得税対象となる帰省旅費を実質的に手取額(ネット)として支給するには、想定される税額を加算(グロスアップ)しなければなりません。
▼ 計算式
必要な税込給与⇒X円,、想定税率⇒20%、帰省旅費⇒10,000円の場合
X-X*0.2=10,000円
X(1-0.2)=1,0000円
X=10,000円/(1-0.2)=12,500円 ⇒税込給与
▼ 想定税率は、所得税率、住民税率、社会保険税率が給料の額によって変動します。何%で割切るかが必要です。

  • 投稿日:2019/02/04 13:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。法的には問題ないことが理解できました。あとは、何パーセントで仕切るのか等、検討したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/04 17:34
  • ID:QA-0082143

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「課税部分見合いも会社が負担する制度にすることが法的にできるのか、できないのかをお聞きしたかったのですが、いかがでしょうか???」
― 法令で禁止されているわけではございませんので一応可能とはいえますが、先の回答通り納税分の自己負担は給与と性質が異なるものであっても当然ですので、会社側での負担は無用というのが私共の見解になります。勿論、最終的な判断は御社にて結論を出して頂ければ幸いです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
単身赴任者の帰省旅費について
現在弊社の帰省旅費は月1回としています。 今後月2回にしようという動きがありますが、世間相場としてはだいたい何回くらいなのでしょうか?
役員に対する帰省旅費について
弊社では、単身赴任をしている社員に対し、帰省旅費を支給しています。 現行、役員に対しては支給しておりませんが、役員に対して支給することは、 何か問題があるのでしょうか。 その点について、アドバイスをいただけないでしょうか。 よろしくお願い致します。
帰省手当について
現在帰省手当は、月1回支給しております。現在組合からの要求事項(数年前から)で月2回支給要求が出ております。最近の帰省手当に関しての動向について教えて頂きたい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 緊急アンケート 東日本大震災への企業の対応
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災) への対応アンケート」を実施しました。本アンケートでは、企業の人事担当者から特に問い合わせが多い人事労務管理面の項目(休業時の賃金の支払いや見舞金の支給など)を中心に調査しています。
  • 燃料手当、寒冷地手当の設定内容と改定状況――支給状況、改定頻度、手当額の決定方法など
    原油価格高騰に伴い灯油、ガソリンなど石油製品価格が値上がりを続けていることを受けて、労務行政研究所では、2007年12月に「灯油、ガソリン高騰下における燃料手当、マイカー通勤手当の対応アンケート」としてウェブによる調査を実施しました。本記事では、同アンケートで調べた燃料手当、寒冷地手当に関する設定内...
  • 中途採用の「実務」【8】賃金・処遇の決定方法
    中途採用の賃金・処遇の決定方法や、賞与・退職金・有給休暇付与にあたっての実務などをわかりやすく紹介。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:04/01~04/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

成果を出せる社員育成のために『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入
new

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
new

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...