企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14347件   回答数30483

派遣の個別契約書の期間について

当社は製造業の現場にて長期、短期の派遣受け入れを行っています。
今回は、短期に複数人受け入れる際に派遣元からもらった個別契約書の件でご相談です。

複数人を何回かに分けて、別日で受け入れをし、就業終了日もそれによって異なっています。
その派遣元は、すべての派遣労働者を合わせて一つの個別契約書を作成したようです。
例としましては、

人数:2人
派遣期間:1日~23日
(A氏は1日~20日、B氏は3日~23日)

といった風にです。他の条件は全くの同一です。
こちらとしては、派遣期間が重なるところもありますが初めと終わりが異なるのでそれぞれ別の個別契約書としてほしいのですが(他の派遣会社はそのようにしてくださいます)、そもそも一緒になっていることで問題はあるのでしょうか?
長い付き合いの派遣会社ですが、初めてのパターンなので判断がつかず困っています。
細かいようで恐縮ですが、ご回答いただきたく存じます。
よろしくお願い申し上げます。

  • 投稿日:2018/11/13 14:13
  • ID:QA-0080376

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/11/13 21:32
  • ID:QA-0080388

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働者派遣に関わる個別契約書につきましては、派遣労働者毎に作成するといった義務まではございません。

また、当然ながら派遣期間の記載は義務付けられていますが、契約対象となる派遣労働者全てについて派遣期間の開始及び終了時期が記載された時期の範囲内で収まっていれば問題はないものといえるでしょう。但し、確かに時期別に分けて作成される方が分かりやすいといえますので、当該派遣会社にご相談されてみる事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2018/11/14 10:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

以前にも個別契約書で同じ期間の数人をまとめられていたことはありましたが、多少期間がずれていても大丈夫なのですね。
大変勉強になりました。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/11/14 10:16
  • ID:QA-0080399

人事・経営コンサルタント

取引条件

法律よりもサービス提供として、クライアントである貴社がやりづらい、手間のかかる書式であるならただちに改善を申し入れてはいかがでしょうか。派遣会社の立場が圧倒的に強く、逆らえば人材供給の道が無くなるなど、特別な環境でない限り、顧客サービスを断る取引先とは取引できないのは当然です。
派遣業務の場合は、実際に働くのは派遣会社ではなく登録スタッフであり、その人材クオリティに派遣会社間で料金が同等なら大きな差はないのが普通です。

  • 投稿日:2018/12/05 14:16
  • 相談者の評価:参考になった

遅くなりまして申し訳ありません。
ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
特定派遣について
特定派遣について判らない点があります。1.派遣期間は、一般と同様なのか。2.上記に関して、派遣元で直雇用(契約・正社員)されていても同じなのか。以上2点の回答お願いします。
労働者派遣基本契約の締結は必須でしょうか?
労働者派遣事業を行うに当たり、個別契約は必ず毎回締結することは存じ上げております。 ただ、派遣基本契約の締結は必須なのでしょうか? 派遣基本契約に記載すべき事項を個別契約書内に盛り込んだ場合は、 基本契約の締結は不要なのでしょうか? 私は派遣基本契約は必須と思っていたのですが、 「無くても個別契約...
派遣社員を契約社員として雇用したい
派遣社員本人の弊社での派遣契約期間は7月20日までとなっています。 契約期間満了を待って、契約社員として雇用することは以下の条件の下で 可能でしょうか? またその旨を派遣元に伝える義務はありますか? ①派遣社員は契約社員での雇用を希望している。 ②派遣元と弊社の契約条項に契約期間中に本人を雇用する...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

製造業派遣の2009年問題
現在、労働者派遣法で定められている製造業への労働者派遣の契約期間は最長で3年。2009年中には、この派遣労働者の契約が多くの製造現場でいっせいに期限切れを迎えます。2008年後半からの経済不況とも相まって、派遣労働者の雇用の不安定化が進むなど、さまざまな混乱が予想されます。
労働契約申込みみなし制度
「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先企業が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、違法状態が発生した時点から、派遣先が派遣労働者に対して直接雇用を申し込んだものとみなす制度のことで、「みなし雇用制度」ともいわれます。申込みの実体がなくても、自動的に派遣先が派遣労働者に対して労働契約の...
紹介予定派遣
労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。

定番のQ&Aをチェック

有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...